現場監督

現場監督に関する記事


【施工管理なら知っておきたい】労災保険とはどんな保険?

【施工管理なら知っておきたい】労災保険とはどんな保険?

施工管理者にとって、最も注意しなくてはならないことといえば、工事中に起こる事故でしょう。 そして、工事中に事故が起こって労働者がケガをしてしまった場合、治療費や働けない期間中の賃金などを補償する制度が「労災保険」です。 施工管理の業務は、「労災保険」を利用しないために安全対策をするわけですが、万が一に備え、どのような保険制度であるのか知っておくことも重要になります。 そこで本記事では、「労災保険」とはどのような保険制度なのか、詳しく解説したいと思います。


現場監督が職場で信頼関係を築くポイント5選

現場監督が職場で信頼関係を築くポイント5選

現場監督は非常に多くの人と関わりがあるため、仕事をスムーズに進めるためにも職場での信頼関係は必須といえます。 というのも、現場監督1人で工事を完成させることは不可能であり、関係業者には品質を確保しながらスケジュール通りに動いてもらう必要があるためです。 しかし、現場監督と関係業者の間に信頼関係が構築できていない場合、あらゆる場面で支障が生じ、余計な手間がかかってしまう可能性があります。 そこで本記事では、現場監督が職場で信頼関係を築くポイントについて、とくに有効な5つをご紹介したいと思います。


【新米現場監督必見】建機・重機の基礎知識

【新米現場監督必見】建機・重機の基礎知識

建機・重機といった機械は、人力で行うよりも遥かに効率的に作業を行うことができ、現場では必須のものです。ダンプカーやショベルカーなど、工事用車両は普段からも道路を走っていると見ることもでき、知っている方も多いです。しかし、実際に現場監督として工事現場の確認を行う際には、これらの基礎知識を有している必要があります。車の名称を知っているだけではなく、その特徴なども知っておきましょう。


現場監督の施主様対応|信頼される話し方

現場監督の施主様対応|信頼される話し方

現場監督は、現場を管理するだけでなく、施主様に対して対応することもあります。現場で管理をしている際に、施主様が見学に来られ、そこで挨拶をするのはもちろんですが、説明もしなければいけません。そこで、どのように説明をしたら良いのか、施主様に対してどのように接すれば、より信頼して任せてくれるのか、わからないといった方は多いのではないでしょうか?そこで、この記事では、工事に見学に来た施主様に対して、信頼される話し方についてご紹介いたします。住宅建設だけでなく、リフォームなどでも同じように対応できます。


【住宅建築の基礎知識】ベランダ防水の種類や特徴とは?

【住宅建築の基礎知識】ベランダ防水の種類や特徴とは?

住宅のベランダは、雨水の侵入を防ぐために必ず防水処理を施しています。 工事中においても、雨仕舞が完了しないと内部の工事ができないことから、ベランダ防水工事は非常に重要な工程となります。 また、ベランダ防水にはいくつかの種類があり、住宅会社の仕様によってどの種類を使っているのか異なるため、それらの特徴は知っておくとよいでしょう。 そこで本記事では、ベランダ防水の種類とそれぞれの特徴について、詳しく解説したいと思います。


工事現場の看板設置は義務?罰則はある?

工事現場の看板設置は義務?罰則はある?

住宅の新築工事などの工事現場では、「工事看板」を設置していることが一般的です。 「工事看板」とは、建築基準法による確認済の工事であることを示す表示板のことを指していいます。 では、この「工事看板」は、設置義務があるのでしょうか? また、設置を怠ると罰則を受けるのでしょうか? 結論として、設置は法律によって定められている義務であり、これに違反すると罰則を受ける可能性があります。 そこで本記事では、住宅の新築工事における「工事看板」の設置義務や罰則など、その詳しい内容について徹底解説したいと思います。


【現場監督のストレス】うまい向き合い方とは?

【現場監督のストレス】うまい向き合い方とは?

現場監督は、多くの人と関わりを持つ必要があり、それぞれの立場からの意見を調整しながら工事を進めていくことが重要になります。 また、やるべき仕事も多く、ついオーバーワークになってしまうなど、他の仕事と比べてもストレスの多い仕事であるといえるかもしれません。 しかし、ストレスは、誰でも経験することであり、また完全に排除することは難しいため、うまく向き合いながら対処していくことも必要になるでしょう。 そこで本記事では、現場監督の仕事におけるストレスとのうまい向き合い方について、ご紹介したいと思います。


【現場監督がよく使う建設用語】「レイタンス」「ブリーディング」とは?

【現場監督がよく使う建設用語】「レイタンス」「ブリーディング」とは?

工事現場では、一般の人にはよくわからない、いわゆる「建設用語」が多く使われます。 基礎工事などコンクリートを扱う工事でよく使われる「レイタンス」や「ブリーディング」もそのひとつです。 これらは、場合によってはコンクリート構造物の不具合につながる可能性のある現象となるため注意が必要となります。 そのため、現場監督は「レイタンス」や「ブリーディング」とはどのようなものなのか、理解しておく必要があるでしょう そこで本記事では、現場監督がよく使う建設用語「レイタンス」や「ブリーディング」について、詳しく解説したいと思います。


【住宅建築の基礎知識】内装仕上げ工事とは?

【住宅建築の基礎知識】内装仕上げ工事とは?

住宅の新築工事では、着工から完成、そして引き渡しまで多くの専門業者がそれぞれの担当工事を行います。 それらのなかで「内装仕上げ工事」は、生活の中心となる空間をつくり上げることから、施主にとって最も関心の高い工事といっても過言ではありません。 しかし、「内装仕上げ工事」といっても、具体的にどこまでの工事のことをいうのかよくわからない人も多いのではないでしょうか? そこで本記事では、「内装仕上げ工事」について、どの工事を指していうのか詳しく解説したいと思います。


現場代理人とは?現場監督との違いは?

現場代理人とは?現場監督との違いは?

建設工事では、多くの関係者がそれぞれの立場で役割を担っています。 なかでも「現場代理人」は、責任が大きく、非常に重要なポストを務める立場となります。 しかし「現場代理人」とは、具体的にどのような立場で、またどのような仕事をするのか、よくわからない人も多いのではないでしょうか? そして、工事現場の柱ともいえる現場監督と違いはあるのでしょうか? そこで本記事では、工事現場の「現場代理人」とはどのような人をいうのか、またその仕事内容や現場監督との違いについて解説したいと思います。


【施工管理なら知っておきたい】労災事故が起こったときの責任はどうなる?

【施工管理なら知っておきたい】労災事故が起こったときの責任はどうなる?

施工管理にとって労災事故は必ず避けなければならないものであり、そのための対策はなによりも優先して行う必要があります。 しかし、万が一労災事故が起こってしまった場合、その責任は具体的にどのように問われるのでしょうか? そこで本記事では、労災事故が起こった場合、具体的にどのような責任を問われる可能性があるのか解説したいと思います。


【現場監督がよく使う建設用語】玉掛けとは?仕事内容や資格を徹底解説

【現場監督がよく使う建設用語】玉掛けとは?仕事内容や資格を徹底解説

建設現場では、さまざまな職種の人が協力しながら、ひとつの建築物をつくりあげます。 いずれも重要な役割を担いますが、とくに危険が伴う作業については専門的な技術と知識を有していることが求められます。 その作業のひとつが「玉掛け」です。 「玉掛け」とは、おもにクレーンなどの吊り荷を掛けたり外したりする作業のことをいいます。 しかし「玉掛け」は、危険が伴うことから、誰にでもできる作業というわけではありません。 そこで本記事では、「玉掛け」に関する仕事内容について、また必要となる資格などを徹底解説したいと思います。


【建設業の基礎知識】道路使用許可とは?

【建設業の基礎知識】道路使用許可とは?

建設工事中には、工事内容によっては道路を使用し、交通を妨げてしまうケースがあります。そんなときに必ず取得しなくてはならないのが「道路使用許可」です。 そもそも道路は、人や車が自由に通行できる場所であり、それらを妨げるような使い方をしなくてはならない場合は、事前に許可を受ける必要があります。 では「道路使用許可」とは、具体的にどのような場合に取得する必要があるのでしょうか? また、無許可で道路を使用するとどのような罰則を受けることになるでしょうか? そこで本記事では、建設工事における「道路使用許可」とは具体的にどのような許可なのか、その内容を詳しく解説したいと思います。


現場監督なら身に付けたい「段取り力」とは?

現場監督なら身に付けたい「段取り力」とは?

現場監督は、やるべきことが非常に多いため、仕事を効率よく進める必要があります。 そのために求められるスキルといえば「段取り力」です。 現場監督が「段取り力」を身に付けることで、工事に関わるあらゆるムダを省き、そしてコスト削減が可能となります。 また、工事が順調に進められるため、協力会社や職人など多くの関係者とも円滑なコミュニケーションを図れるでしょう。 そこで本記事では、現場監督にとって重要なスキル「段取り力」とは何なのか、また身に付けるための取り組み方についてご紹介したいと思います。


【現場監督がよく使う建設用語】ユンボとは?語源や必要な資格は?

【現場監督がよく使う建設用語】ユンボとは?語源や必要な資格は?

工事現場では、一般の人には伝わりにくい用語が使われることがありますが、「ユンボ」もそのひとつです。 「ユンボ」とは、「油圧ショベル」や「パワーショベル」など、土木工事で掘削用として使われる建設機械のことをいいます。 しかし、なぜ「ユンボ」と呼ばれているのか、その語源を知っている人は少ないのではないでしょうか? また、「ユンボ」は土木工事では欠かせませんが、誰にでも扱えるというものではなく、操作をするには資格が必要となります。 そこで本記事では、現場監督がよく使う建設用語である「ユンボ」について、その語源や必要となる資格などをご紹介したいと思います。


上棟式はしないといけないの?しない場合にやっておきたいこととは?

上棟式はしないといけないの?しない場合にやっておきたいこととは?

住宅の新築工事の期間中には、施主にとって多くのイベントがあります。 そのうち、とくに木造住宅では、上棟が重要な節目となり、なかには「上棟式」を行うケースがあります。 しかし、「上棟式」とはどのようなもので、また行う必要があるものなのでしょうか? そこで本記事では、新築住宅の「上棟式」はしないといけないのか、また住宅会社の立場として「上棟式」をしない場合にやっておきたいことなどについて、ご紹介したいと思います。


工事現場写真の撮り方・整理方法・カメラの選び方

工事現場写真の撮り方・整理方法・カメラの選び方

現場監督だけでなく、ときには営業も現場写真を撮ることがあります。現場写真は、工事現場の確認にとって一番重要です。たとえ目視で問題がないことを確認しても、それを他の人に証明しなければいけません。公共工事でも全ての工事には、写真撮影での記録の保持が求められます。しかし、写真の撮り方というものをしっかりと学ばずに、写真を撮ってしまっている方もいます。写真を撮ることが仕事となっている以上、写真の撮り方を学ぶことは必要で、実は注意しなければいけないポイントもあります。この記事では、現場写真の撮り方・整理方法・カメラの選び方までご紹介いたします。


現場監督の仕事のコツ|打ち合わせ記録

現場監督の仕事のコツ|打ち合わせ記録

現場監督は、毎日、様々な部署や取引先、職人、発注者などと打ち合わせを行います。その際に、お互いに何を確認したのか、決定事項は何かなどを共有する必要があります。電話やメールでやりとりを行っていたとしても、お互いの認識が異なっていることもよくありますし、時間が経てば忘れてしまうものです。相手も多くの連絡を行っており、情報がごちゃごちゃになってしまっていたなんていうこともあります。現場監督は、打ち合わせの記録を的確に行うことで、業務効率を上げ、予期せぬミスを防ぐこともできます。この記事では、実務に役立つ打ち合わせ記録の仕方をご紹介いたします。


現場監督は、資格を取っても勉強を怠らないこと

現場監督は、資格を取っても勉強を怠らないこと

現場監督は、施工管理技士の資格を取るために勉強をするのが一般的です。しかし、資格をとってからも建築知識の更新を行うために、勉強を怠らないことが大切です。資格を取ったからと言って、全ての知識が入っているわけではないことと、全ての現場で対応できる知識というのは、完璧には身に付いていないためです。そうは言っても、勉強することが苦になっては続かないので、適度に楽しみながら勉強してみましょう。


【難しくない!】1つだけ守れば良い。現場監督のコミュニケーション

【難しくない!】1つだけ守れば良い。現場監督のコミュニケーション

現場監督は、よくコミュニケーション能力が必要で、発注者(もしくは施工会社)とお客様、職人と板挟みになってしまう、と聞きます。現場監督は、工事現場の一種の連絡ツールです。そのため、この連絡ツールとなっている現場監督がうまくコミュニケーションを取れないと、予期せぬトラブルに発展することもあります。しかし、いわゆる「話がうまい」「誰とでも仲良くなれる」といったようなコミュニケーションスキルは必ずしも必要ではありません。この記事では、1つだけ守れば、現場監督としてのコミュニケーションが上手くいく方法をご紹介いたします。