【施工管理者なら知っておきたい】「QCDSE」とはなに?

【施工管理者なら知っておきたい】「QCDSE」とはなに?

施工管理の仕事をしていると、「QCDSE」というワードを耳にすることがあります。 「QCDSE」は、施工管理業務を遂行するうえで欠かせない要素であり、また必ず実行することが求められます。 そこで本記事では、「QCDSE」とはなんなのか、また施工管理の仕事に必要な理由について解説したいと思います。


施工管理の仕事をしていると、「QCDSE」というワードを耳にすることがあります。
「QCDSE」は、施工管理業務を遂行するうえで欠かせない要素であり、また必ず実行することが求められます。

そこで本記事では、「QCDSE」とはなんなのか、また施工管理の仕事に必要な理由について解説したいと思います。

「QCDSE」とはなに?

「QCDSE」とは、以下の通り施工管理に必要な業務について、それぞれの頭文字を組み合わせた言葉です。

  • Quality:品質
  • Cost:原価
  • Delivery:工程、工期
  • Safety:安全
  • Environment:環境




Quality:品質

まずは、Quality(品質)の管理です。
施工管理の品質管理とは、確実に設計図面通りの施工ができていることを確認する業務になります。

設計図面は、建て主(施主)の要望やイメージなどを詳細に取り決め作成されたものです。
また建築基準法など法律の基準を満たしていることを着工前に行政が審査する「建築確認」や、その他「中間検査」や「完了検査」にも必要なものでもあります。

もちろん、法律に定められた規定に準じていないと「建築確認」の審査には通りませんし、設計図面通りの施工が行われていないとその他の検査に合格できない可能性があります。
つまり設計図面にあるのは最低限必要とされる品質であり、必ず忠実に守らなくてはいけないものなのです。

施工管理は、図面通りに工事が進んでいることを確認し、確実に品質が確保できていることを管理しなくてはいけません。

Cost:原価

続いてCost(原価)の管理です。
施工管理の原価管理とは、予算に応じて材料費や人件費、その他経費などすべての原価を管理し、適正な利益を確保するための業務になります。

予算書を作成するだけでなく、工事中にも失敗や出戻りなどによるムダなコストが発生しないようにすることも原価管理のひとつです。

Delivery:工程、工期

そしてDelivery(工程、工期)の管理です。
施工管理の工程管理とは、工期が遅れないよう進捗を確認し、作業員や材料などを適切に手配する業務になります。

天候やその他要因で遅れた場合でも、時間や人のロスが生じないよう前後の調整を行う必要があります。

とくに工程が遅れることで、引き渡し間際に多くの業者が一度に集中せざるを得ない状況になると品質にも影響する恐れがあるでしょう。
そうならないためにも、それぞれの担当業者が工期を必ず守るよう促すことも必要です。

Safety:安全

施工管理で最も重要な業務といえるのはSafety(安全)の管理です。
施工管理の安全管理とは、現場に潜んでいる危険を排除し、工事に携わるすべての人が安全に作業できる環境をつくる業務になります。

安全管理が最も重要な位置づけにあるといえるのは、もし安全が怠ることで事故が起こってしまった場合、他の業務も滞ってしてしまう可能性があるためです。

事業主には、労働災害を防止する義務の他、起こった場合の報告義務や補償義務などがあり、これら義務に違反すると、場合によっては刑事罰を受ける可能性もあります。
また再発防止に向けて、他の業者にも展開し、再教育やルールの周知徹底を図ることも必要です。

さまざまな事後処理に追われることになり、他の現場も含め工程や品質などその他管理業が疎かになってしまうかもしれません。
以上のことから、安全管理は最も優先して行うべき施工管理業務といってよいでしょう。

Environment:環境

最後はEnvironment(環境)の管理です。
施工管理の環境管理とは、大きく3つの考え方があります。

  • 自然環境:空気や水、土壌、地盤などの自然環境に配慮すること
  • 周辺環境:騒音や振動、粉じんなどで被害が及ばないよう周辺住民に配慮すること
  • 職場環境:工事現場で携わる人が働きやすい職場になるよう環境を整備すること

施工管理の仕事は、工事が計画通りに完成すればそれでよいというわけにはいきません。
自然や周辺住民に配慮し、そして工事の完成という目的を同じにする作業員が働きやすい環境をつくることにも配慮する必要があるのです。

まとめ

施工管理の基本業務は「QCDSE」にあり、これらを確実に守ることが求められます。
優先順位についてはさまざまな意見がありますが、自分自身を守り、またキャリアに傷をつけないためにも、とくに安全管理は重要度が高いといえます。

そして、これだけ責任を一手に担える仕事が施工管理であり、そのことが大きなやりがいといえるでしょう。





※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


施工管理 現場監督

関連する投稿


施工管理技士を補佐する新しい資格「技士補」とは?いつから始まる?

施工管理技士を補佐する新しい資格「技士補」とは?いつから始まる?

建築業法の改正により、新たに「技士補」という資格が創設されることになりました。 施工管理の仕事をするうえでまず目指したい資格といえば「施工管理技士」ですが、「技士補」とは読んで字のごとく「施工管理技士」を補佐するための資格です。 では、「技士補」とはどのような資格で、またいつから始まるのでしょうか? そこで本記事では、新設される「技士補」の内容やいつから始まるのかなど、詳しく解説したいと思います。


【転職に有利】2級建築施工管理技士を取得するとできる仕事とは?

【転職に有利】2級建築施工管理技士を取得するとできる仕事とは?

施工管理の仕事に就くうえでぜひ取得しておきたい資格といえば、まず「建築施工管理技士」です。 「建築施工管理技士」資格の取得は、昇給や昇進のきっかけになるだけでなく、転職したいときにも有利になります。 また「建築施工管理技士」には1級と2級がありますが、それぞれ仕事内容にどのような制限があるのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか? そこで本記事では、「建築施工管理技士」取得するとできる仕事について、とくに2級建築施工管理技士を中心に解説いたします。 さらに2級施工管理技士が活躍できる転職先なども併せてご紹介したいと思います。


施工管理が転職を決める理由【5選】

施工管理が転職を決める理由【5選】

施工管理の仕事をしていて、なかには転職したいと悩んでいる人もいるのではないでしょうか? また実際に転職をしたという人も多く、その人たちはどのような理由から転職を決意したのでしょうか? そこで本記事では、施工管理の仕事から転職を決めるときはどのような理由からなのか、とくに多い5つのことについてご紹介したいと思います。


【住宅建築の基礎知識】地鎮祭当日の流れとは

【住宅建築の基礎知識】地鎮祭当日の流れとは

家を建てる前に行うイベントに「地鎮祭」があります。 「地鎮祭」は何のために行うのか、また「地鎮祭」のときに現場監督はどのような役割を担うのか、よくわからないという人も多いのではないでしょうか? とくに現場監督にとっては、工事のスタート地点にもなるため失敗しないためにもしっかりと流れを理解しておきたいものです。 そこで本記事では、「地鎮祭」はどのような目的で行うものなのか、また全体的な流れと現場監督が担う役割などについて解説したいと思います。


【超重要】現場監督が行う安全管理の仕事

【超重要】現場監督が行う安全管理の仕事

住宅建築の現場監督の仕事内容は多岐に渡りますが、なかでも優先して取り組むべき仕事といえば「安全管理」です。 「安全管理」の仕事とは、現場にある危険を取り除き、安全に作業を進められる環境をつくることで、とくに現場で起こる事故の防止を最大の目的とします。 現場の安全を確保するためには現場監督がリーダーシップを発揮し、すべての現場入場者に正しい行動を促さなければいけません。 なぜなら、必要な「安全管理」を怠って事故が起こってしまった場合は、すべてが台無しになってしまう可能性があるためです。 そこで本記事では、現場監督が行う「安全管理」の仕事について、具体的な内容を深掘りしていきたいと思います。


最新の投稿


分譲住宅の耐用年数は30年?ハウスメーカーは100年?生涯住み続けるために必要なメンテナンス費用は約1000万円

分譲住宅の耐用年数は30年?ハウスメーカーは100年?生涯住み続けるために必要なメンテナンス費用は約1000万円

 住宅は一生に一度の買い物で、一生住み続けるために購入を考えるというイメージがあるのではないでしょうか。実は同じ家に一生住み続けている方は少ないのです。理由としては様々ありますが、この記事では住宅自体の耐用年数として、何年持つのか、住み続けるために必要なメンテナンスについてご紹介いたします。住宅業界に転職を考えている方は、住宅というものがどういうものなのか一般的な知識として持っておいていただきたいと思います。


【復活体験談】住宅営業が何もうまくいかない。やることがない。ひま。辛い。辞めたい。

【復活体験談】住宅営業が何もうまくいかない。やることがない。ひま。辛い。辞めたい。

 営業を始めたことがある人は、必ずうまくいかない経験をしたことがあるのではないでしょうか。ベテラン営業マンでも1年のうちに全く売れない月があるという方もいらっしゃいます。これから住宅営業に転職をしようと考えている方にとって一番不安なことは、営業はキツい、じぶんにできるのかということではないでしょうか。この記事では、実際に営業がうまくいかなくなってしまった方の体験談で、皆様が同じような状況になってしまった時の励みになればと思います。また、転職を考えている方に営業はうまくいかない時もあるということを事前に知っておくことで、転職してからも挫折をなるべく回避できるようにお役に立てれば幸いです。


【業界裏話】新築住宅の利益は25%~35%!ハウスメーカーと工務店ではハウスメーカーの方が利益率が高い

【業界裏話】新築住宅の利益は25%~35%!ハウスメーカーと工務店ではハウスメーカーの方が利益率が高い

 新築住宅は1000万円を軽く超える商品です。土地も込みだと分譲住宅では3000万円、ハウスメーカーであれば5000万円は超えることがほとんどかと思います。その販売価格から社員の給与、下請けへの支払い、材料費、営業歩合へと振り分けられます。住宅業界へ転職を考えられている方は、どのくらいの費用がかかり住宅が建てられ、利益率はどのくらいなのか気になるかと思います。この記事ではそんな裏話をざっくりとご説明いたします。


【まるわかり】分譲住宅・注文住宅営業の簡単フローご紹介!営業の提案ポイント

【まるわかり】分譲住宅・注文住宅営業の簡単フローご紹介!営業の提案ポイント

 住宅営業と言っても、分譲住宅、注文住宅では、営業のフローも変わってきます。同じ住宅を売るのだから営業方法も同じじゃないの?と思われるかもしれませんが、お客様の層も、必要な知識も違ってきます。注文住宅の方が知識は必要ですが、注文住宅の営業に強い人が、そのままのやり方で分譲住宅も売れるかと言えば、そうとは限りません。もちろん企業によって全く違う営業方法のところもありますが、大体のイメージを掴んでおくことで転職先のイメージが掴めるようにしておくと転職活動がしやすいですよね。この記事では、営業の簡単フローと営業のかけ方・提案の仕方にどのような違いがあるのかをご紹介していきます。


【転職必読】売れる住宅営業マンになるためには?トップセールスマンに聞いた売れる秘訣は一つだけ

【転職必読】売れる住宅営業マンになるためには?トップセールスマンに聞いた売れる秘訣は一つだけ

 住宅営業は未経験の方からベテランの営業経験者まで様々な方が転職してくる部署です。求人でも未経験からOKと書いてある場合がほとんどではないでしょうか。そして魅力的なのは、歩合給ではないでしょうか。営業は歩合が付けば20代でも年収600万以上は超えます。しかし営業は売れなかったらどうしようという不安もつきものです。そこで成功しているベテラントップセールスマンに、一番重要で営業として成功するために必要なモノ、なぜそうと言えるのかを聞いてみました。ぜひ皆様のお役に立てれば幸いです。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 営業 台風 職人 風水 現場監理