【超重要】現場監督が行う工程管理の仕事

【超重要】現場監督が行う工程管理の仕事

住宅建築の現場監督の仕事内容は多岐に渡ります。 なかでも「工程管理」は、建築主との約束事でもある工期を守るため、そして効率よく工事を進めるために重要な業務となります。 「工程管理」が乱れると他の業務にも影響が及ぶ可能性があることから、その点では十分な注意が必要になるでしょう。 よって、工程表通りに工事が進んでいない状況が生じたときには、現場監督の調整力が求められます。 また「工程管理」が適切に行われると、その他にさまざまな効果を得ることも可能です。 そこで本記事では、現場監督が行う「工程管理」の仕事内容や、適切に行われることで得られる効果について解説したいと思います。


住宅建築の現場監督の仕事内容は多岐に渡ります。
なかでも「工程管理」は、建築主との約束事でもある工期を守るため、そして効率よく工事を進めるために重要な業務となります。

「工程管理」が乱れると他の業務にも影響が及ぶ可能性があることから、その点では十分な注意が必要になるでしょう。
よって、工程表通りに工事が進んでいない状況が生じたときには、現場監督の調整力が求められます。

また「工程管理」が適切に行われると、その他にさまざまな効果を得ることも可能です。
そこで本記事では、現場監督が行う「工程管理」の仕事内容や、適切に行われることで得られる効果について解説したいと思います。

現場監督が行う工程管理の仕事内容

現場監督の仕事のうち、とくに重要なものは以下の4つになります。

  • 工程管理
  • 安全管理
  • 品質管理
  • 原価管理

これらのうち工程管理とは、建築主と決定した期日までに工事を完成させることを目的とし、作業員の配置や材料搬入などを効率よく進めるための一連の管理業務をいいます。

また工程管理をスムーズに行うツールとして使用されるのが工程表です。
工事に携わるすべての人は、工程表を根拠としてスケジュールを組み行動します。

工程表は、工期内に完成させるための道しるべであり、また効率化を図るうえで最適な手段となります。
要するに、現場監督の行う工程管理とは、おもに工程表通りに工事を進めるための管理ということになるでしょう。

とはいえ、天候や何らかのトラブルによって遅れが生じることは珍しくありません。
その場合は、速やかに工程を変更し、全業者に展開して周知徹底することが重要です。
とくに住宅会社の場合、専門業者が複数の工事を掛け持ちしているため、ひとつの現場で遅れが生じると他の現場にも影響が及ぶこともあります。

よって、ひとつの遅れが連鎖的に波及するなど、場合によっては大きなダメージにつながることもあるのです。
現場監督は、工程のズレをうまく調整し、大きなダメージに発展しないよう広い視野をもって管理することが求められます。

適切な工程管理で得られる効果とは

工程管理を適切に行うことは、工期内に完成させることはもちろん、その他にもさまざまな効果が期待できます。
適切な工程管理で得られる効果とは、以下の通りです。

安全性の向上

工程が予定通り進むことは、現場の安全性向上にも効果的です。

住宅の新築工事では多くの専門業者が入りそれぞれの工事を行いますが、全体的に工程が遅れてしまうと、業者によっては日程を短縮することを余儀なくされるケースもあります。
その場合、一度に多くの人員を投入して対応する必要があるなど現場が煩雑になりがちです。

また残業して対応することも多く、集中力を欠く状況も生じやすくなります。
このような現場では安全に対する意識が薄れるため、場合によっては事故につながることもあるでしょう。
つまり、できるだけ工程の変更をなくし、余裕をもって作業に取り組める環境づくりが必要なのです。

品質の向上

工程が予定通り進むことは、品質向上にも効果的です。

工程管理によって、各業者が適切な工事のタイミングを把握しておくことで、事前の準備や余裕のある行動が可能となります。
そのため、時間に追われて焦ることなくやるべき工事を当たり前のようにやれるようになります。
つまり目指している品質を確保できる可能性はきわめて高いということです。

無駄なコストの抑制

工程が予定通り進むことは、無駄なコストの抑制にも効果的です。

あらかじめ決められた工程では、各業者の工事とともに必要となる資材や機械の搬入も計画されています。
これらタイミングにズレが生じ、いずれかが揃わない状況ができると、工事ができなくなるケースもあります。

そのことで出戻り工事となった場合、追加コストとなって原価が増えることもなりかねません。
また材料搬入だけでなく、工程表に間違いがあったり、あるいは工程の変更を業者に連絡していなかったりした場合も、出戻り工事となって無駄なコストにつながることもあります。

まとめ

現場監督の工程管理は、工期を守るという責務を果たすうえで非常に重要な意味を持ちます。
そこには、多くの業者をまとめるコミュニケーション能力も必要となるほか、素早く行動すする機動力なども重要な要素となります。

工程管理の仕事は現場監督のふるまいが多くの人を動かすことから、重責がのしかかるとともにやりがいの大きさも感じられる業務といえるでしょう。






※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


現場監督 施工管理

関連する投稿


30代未経験でも施工管理の転職はできる?

30代未経験でも施工管理の転職はできる?

30代での転職は、今や当たり前となっています。 しかし、施工管理への転職を未経験で検討している場合、「実際、やっていけるの?」と不安に思う人も多いのではないでしょうか。 施工管理の仕事は、覚えることが多く、またさまざまなスキルが求められる仕事ですが、30代未経験でも十分に活躍できる可能性があります。 むしろ、30代のほうがうまく機能するシーンもあるため、臆することなくチャレンジしてみるとよいでしょう。 そこで本記事では、30代未経験でも施工管理への転職が可能な理由についてご紹介したいと思います。


ハウスメーカーの現場監督の仕事とは?ゼネコンとの違いは?

ハウスメーカーの現場監督の仕事とは?ゼネコンとの違いは?

ハウスメーカーの現場監督は、どのような仕事しているのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか? ハウスメーカーとは、戸建て住宅の建設と販売を行う会社のことをいいます。 おもに自社の規格を確立していることが多く、工業化やマニュアル化によって効率的な家づくりを可能としています。 またハウスメーカーの家づくりにおける実際の施工は、下請けの工務店とその協力工事会社が行っていることが一般的です。 そのため、ハウスメーカーの現場監督は、ゼネコンと比べると仕事内容は少し異なります。 そこで本記事では、ハウスメーカーの現場監督の仕事内容について、またゼネコンの場合とどのような違いがあるのかご紹介したいと思います


【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

施工管理の仕事に就くうえで取得しておきたい国家資格といえば「施工管理技士」になります。 「施工管理技士」にもいくつかの種類があり、なかでも電気工事に関する施工管理を行うなら「電気工事施工管理技士」を取得すると活躍のチャンスは増えるでしょう。 しかし「電気工事施工管理技士」は誰にでも取得できるわけではなく、一定の受験資格を満たし、そのうえで試験に合格する必要があります。 また「電気工事施工管理技士」の有資格者でなければできない仕事もあることは注目しておきたいポイントです。 そこで本記事では、「電気工事施工管理技士」の受験資格や取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


現場監督に必要な能力とは?【5選】

現場監督に必要な能力とは?【5選】

住宅の新築工事現場では、あらゆるシーンで現場監督の能力に左右されることが多くあります。 よって、工事を円滑に進めるためにも一定の能力を有していることが求められます。 現場監督は、住宅という「モノ」をつくる仕事ですが、けしてひとりでできる仕事ではなく、必ず多くの人に動いてもらわなければいけません。 つまり現場監督には、ひとつの「モノ」をつくる集団のリーダーとして、まとめ上げ、推進していく能力を身に付ける必要があるのです。 そこで本記事では、現場監督に必要となる能力について、とくに重要な5つをご紹介したいと思います。


【住宅建築の基礎知識】施工管理なら知っておきたい基礎工事のポイント

【住宅建築の基礎知識】施工管理なら知っておきたい基礎工事のポイント

戸建て住宅を建てるとき、非常に重要な工程のひとつに「基礎工事」があります。 そもそも基礎とは建物の重量を支えている構造部であり、暮らす人にとっては丈夫な基礎があることで安心して生活が送れるのです。 そのため住宅の基礎には、法令により厳しい規定が定められています。 規定が守られていない場合、十分な耐久性が得られないばかりか、建物寿命にも影響を与えてしまう可能性もあります。 よって施工管理者は、基礎工事において適正な施工が行われいるかしっかりとチェックしなくてはいけません。 そこで本記事では、住宅の基礎工事について、施工管理の立場で知っておきたいポイントなどを解説したいと思います。


最新の投稿


住宅営業は平日休み|平日休みのメリット10選

住宅営業は平日休み|平日休みのメリット10選

住宅営業マンは平日休みとなっています。土日休みの企業で勤務していた方は、平日休みとなってしまうことに違和感などを感じる方も多いかと思います。これから転職を考えている方も、土日休みじゃないと嫌だと考えている方もいるかもしれません。しかし、平日休みに慣れてしまうと土日休みが嫌だという方もいらっしゃいます。この記事では平日休みのメリットについてご紹介していきます。


人口減少により住宅業界も衰退していくのか!?これからの転職は考え直した方が良いのか

人口減少により住宅業界も衰退していくのか!?これからの転職は考え直した方が良いのか

 転職を考える際に、業界規模や市場、今後の市場推移などを把握することは将来を考える上で非常に重要です。住宅業界というのは、人口に直接的に関わってくる業界と言えます。日本は人口減少が進んでおり、少子高齢化していっています。そこで実際に住宅業界の現場と、今後の予測をご紹介いたします。


クレームの少ない住宅営業マンが実践する4つのポイント|基本を抑えて、あなたもできる営業マンになろう

クレームの少ない住宅営業マンが実践する4つのポイント|基本を抑えて、あなたもできる営業マンになろう

 営業マンにはクレームの多い営業マンと少ない営業マンがいます。クレームが多い営業マンは、売上にかかるプレッシャーと、お客様からの精神的負担が大きくなります。営業活動における体力と精神力の両方が疲弊していきます。この記事では、クレームの少ない営業マンが実践する行動をご紹介いたします。


住宅営業は自腹でクレーム解決!?転職前に知っておく自衛の4つのポイント|ブラック企業を避けよう

住宅営業は自腹でクレーム解決!?転職前に知っておく自衛の4つのポイント|ブラック企業を避けよう

 よく住宅営業で、クレームが起きた際に営業の責任とされてしまうという話を聞くのではないでしょうか。営業マンが自腹でお金を払い、クレーム処理をするということも聞きます。他の業界ではこのような話をほとんど聞かないため、不安になる求職者も多いです。そこで、どのような場合に自腹を切ることになってしまうのか、そういったブラック企業での自衛手段をご紹介いたします。


【トラブル体験談】住宅販売営業の実際にあった営業マンの外観配色ミス!クレームの原因を営業マンが作らないようにしましょう

【トラブル体験談】住宅販売営業の実際にあった営業マンの外観配色ミス!クレームの原因を営業マンが作らないようにしましょう

 住宅業界や建設業界はクレーム産業と言われるくらいトラブルが多いです。しかし、トラブルといっても大きいクレームになることはそこまで多くはなく、あまり不安になる必要はありません。転職するにあたり、どのようなクレームがあるのか、営業マンがどのようなミスをしてクレームになってしまうのか、体験談をご紹介いたします。転職に不安になるのではなく、事例を知り、事前に対策する準備を行いましょう。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 営業 職人 風水 現場監理 働き方改革