ハウスメーカーの現場監督の仕事とは?ゼネコンとの違いは?

ハウスメーカーの現場監督の仕事とは?ゼネコンとの違いは?

ハウスメーカーの現場監督は、どのような仕事しているのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか? ハウスメーカーとは、戸建て住宅の建設と販売を行う会社のことをいいます。 おもに自社の規格を確立していることが多く、工業化やマニュアル化によって効率的な家づくりを可能としています。 またハウスメーカーの家づくりにおける実際の施工は、下請けの工務店とその協力工事会社が行っていることが一般的です。 そのため、ハウスメーカーの現場監督は、ゼネコンと比べると仕事内容は少し異なります。 そこで本記事では、ハウスメーカーの現場監督の仕事内容について、またゼネコンの場合とどのような違いがあるのかご紹介したいと思います


ハウスメーカーの現場監督は、どのような仕事しているのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか?
ハウスメーカーとは、戸建て住宅の建設と販売を行う会社のことをいいます。

おもに自社の規格を確立していることが多く、工業化やマニュアル化によって効率的な家づくりを可能としています。
またハウスメーカーの家づくりにおける実際の施工は、下請けの工務店とその協力工事会社が行っていることが一般的です。

そのため、ハウスメーカーの現場監督は、ゼネコンと比べると仕事内容は少し異なります。
そこで本記事では、ハウスメーカーの現場監督の仕事内容について、またゼネコンの場合とどのような違いがあるのかご紹介したいと思います

ハウスメーカーの現場監督の仕事とは?

現場監督の一般的な仕事として「工程管理」「安全管理」「品質管理」「原価管理」が挙げられます。
ハウスメーカーの現場監督も、これらのことを行うという点では基本的に変わりません。
ただし、実際の工事は工務店の施工管理者と共同で進めていくことになり、規格化されていることで多くの業務を任せられるようになっています。

品質チェック

ハウスメーカーの現場監督は、自社の規格に合致していること、また図面通りの品質が守られていることなどを確認する仕事がきわめて重要となります。
そのため、会社のマニュアルに則り検査を実施し、合否の判定とともに必要であれば工務店やその他協力会社へ是正を求めます。

施主対応

ハウスメーカーの現場監督は、施主との打ち合わせも重要な仕事です。
工事着工までは営業や設計などが担当していますが、着工後の窓口は基本的に現場監督へ移行します。

そのため、施主からの工事に関する要望やクレームなどはまず現場監督へ連絡が入ります。
施主からの要望やクレームなどは、必要に応じて速やかに現場へ展開し、工事へと反映させなければいけません。

場合によっては営業や設計を経由して連絡が入るケースもあり、このようなときには各方面から板挟みの状態になることもあるため、調整能力も必要なスキルとなります。
また地鎮祭や上棟式では、現場監督が主導して取り仕切ることが一般的です。

なお、地鎮祭に関する詳しい内容は「【住宅建築の基礎知識】地鎮祭当日の流れとは」の記事で解説しています。

近隣対応

工事中に近隣からクレームなどの連絡が入ることがありますが、対応するのは現場の責任者である現場監督です。
連絡が受けたら、できるだけ早く当事者を訪ねて謝罪し、大きなトラブルにならないよう行動しなくてはいけません。

クレームの原因となるのは、騒音や粉じん、作業員のマナーなどさまざまですが、これらを速やかに取り除き再発防止に努めることが重要です。

ハウスメーカーの現場監督のゼネコンとの違い

ハウスメーカーの現場監督は、ゼネコンと比べると仕事内容が異なります。
おもな違いとは以下の通りです。

  • 担当する現場数が多い
  • 現場の規模が比較的小さい

担当する現場数が多い

ハウスメーカーの現場監督は、ひとりが複数の現場を掛け持ちで担当します。
それぞれ異なる工程で進むことから、進捗状況を把握しながらさまざまな業務を処理していくマルチタスク能力が求められます。

また現場の距離が離れていると移動も仕事の一部となるため、計画性のある行動をすることで効率を高める必要があります。

現場の規模が比較的小さい

ハウスメーカーは一戸建て住宅の建設工事となるため、ゼネコンと比較すると現場規模は小さくなります。
住宅も規格化されていることから仕事の流れを覚えやすく、短期間で戦力になることも可能です。
また、「施工管理技士」資格の2級でも十分に活躍できる点は、大きな魅力といえるでしょう。

なお、2級施工管理技士の仕事内容については「【転職に有利】2級建築施工管理技士を取得するとできる仕事とは?」の記事を参考にしてください。

まとめ

ハウスメーカーの現場監督は、多くの現場を同時に管理するなどハードな面もありますが、一方で施主と近く完成後の評価を強く感じられることはやりがいにつながります。
また大手になるほど年収や福利厚生など待遇がよいことも大きな魅力です。

現場監督として短期間で活躍したいという人は、ハウスメーカーへの転職を目指してみるのもよいでしょう。



※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


施工管理 現場監督 転職

関連する投稿


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

住宅建築の現場監督の仕事は、多くの業務をこなしていかなくてはいけません。 なかでも「品質管理」は、建築主の要求に沿ったものを約束の期日までに忠実につくるといった、施工管理として重要な業務のひとつとなります。 工事現場には多くの資材が納入され、また多くの作業員が工事を行います。 これらに間違いが生じることのないよう管理することが「品質管理」のおもな仕事です。 そこで本記事では、現場監督が行う「品質管理」の仕事の内容について、詳しく解説したいと思います。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理