【土木施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

【土木施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

建設業界で施工管理の仕事をするうえで、取得すると有利な国家資格といえば「施工管理技士」です。 「施工管理技士」には7つの種類があり、なかでも道路や河川などの土木工事に携わるなら「土木施工管理技士」を取得するとよいでしょう。 「土木施工管理技士」を取得することで仕事の幅が広がり、キャリアアップや転職にも大いに役立ちます。 ただし資格の取得には、一定の条件を満たしたうえで試験に合格しなくてはなりません。 そこで本記事では、「土木施工管理技士」の受験資格や取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


建設業界で施工管理の仕事をするうえで、取得すると有利な国家資格といえば「施工管理技士」です。
「施工管理技士」には7つの種類があり、なかでも道路や河川などの土木工事に携わるなら「土木施工管理技士」を取得するとよいでしょう。

「土木施工管理技士」を取得することで仕事の幅が広がり、キャリアアップや転職にも大いに役立ちます。
ただし資格の取得には、一定の条件を満たしたうえで試験に合格しなくてはなりません。

そこで本記事では、「土木施工管理技士」の受験資格や取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。

土木施工管理技術検定の概要

土木施工管理技士は7つの種類がある「施工管理技士」国家資格のうちのひとつで、技術検定試験は「一般財団法人全国建設研修センター」により実施されています。

土木施工管理技士は1級と2級に分かれており、それぞれ受験資格が異なります。
また建築業法の改正にともない施工管理技士の技術検定制度も見直され、2021年度より新制度となってスタートしています。
新制度のとくに大きなポイントとなるのは以下の2つです。

  • 「学科試験」と「実地試験」が「第一次検定」と「第二次検定」に名称変更
  • 「技士補」資格の新設

これまで「学科試験」と「実地試験」だった技術検定は、新制度から「第一次検定」と「第二次検定」へと名称が変更されています。
また「第一次検定」を合格することで「技士補」の称号を、そして「第二次検定」を合格することで「施工管理技士」の称号を得られます。

なお、「技士補」については「施工管理技士を補佐する新しい資格「技士補」とは?いつから始まる?」の記事を参考にしてください。

1級土木施工管理技術検定の受験資格

1級土木施工管理技術検定を受けるには、設定された受験資格を満たさなくてはなりません。
そして技術検定には第一次検定と第二次検定があり、第一次検定に合格することで第二次検定の受検が可能となります。

1級土木施工管理技術検定の受験資格とは、以下の(イ)(ロ)(ハ)(ニ)のいずれかに該当する人です。

(イ)学歴、(ロ)2級土木施工管理技術検定合格者

(ハ)専任の主任技術者の実務経験が1年以上ある者

(ニ)指導監督的実務経験年数が1年以上、主任技術者の資格要件成立後専任の監理技術者の指導のもとにおける実務経験が2年以上ある者

一般財団法人全国建設研修センター:1級土木施工管理技術検定 受検の手引

2級土木施工管理技術検定の受験資格

2 級土木施工管理技術検定には、「土木」「鋼構造物塗装」「薬液注入」の3つの種別があります。
これら3つの種別には、専任技術者になれる工事業種が定められているため、対応する分野での取得が必要です。

また、2級土木施工管理技術検定試験には以下の通り3つの試験区分があり、いずれかの区分を選択し、受験資格を満たしていることを確認して申し込むことになります。

  • 第一次・第二次検定
  • 第二次検定のみ
  • 第一次検定のみ

なお、試験のスケジュールは前期と後期に分かれており、前期は「第一次検定のみ」となります。

第一次・第二次検定

「第一次・第二次検定」の受験資格は、以下の(イ)(ロ)(ハ)(ニ)のいずれかに該当する人です。

一般財団法人全国建設研修センター:2級土木施工管理技術検定

第二次検定のみ

「第二次検定のみ」の受験資格は、以下のいずれかに該当する人です。

  • 当年度の2級土木施工管理技術検定の「第一次検定のみ」を除く「第一次検定」の受験者
  • 第一次検定免除者

第一次検定免除者については、「一般財団法人全国建設研修センター 2級土木施工管理技術検定」を参照ください。

第一次検定のみ

  • 試験実施年度において満17歳以上となる人

土木施工管理技士を取得するとできる仕事

土木施工管理技士は、おもに土木工事における施工管理の仕事で効果を発揮します。
施工管理の仕事は非常に幅が広くあらゆることに対応しなくてはなりませんが、とくに重要な業務となるのは以下の4つです。

  • 工程管理
  • 安全管理
  • 品質管理
  • 原価管理

なお、施工管理に関する内容は「施工管理とはどんな仕事?とくに重要な4つの管理とは」の記事で詳しく解説しています。

土木工事は、道路や河川のような私たちの生活を支えるインフラを整備する工事や、自然災害の復旧工事など、おもに地面より下の部分を担当します。
これらの工事は、きわめて社会的貢献度が高く、また地図にも残る仕事であることから、やりがいの大きな仕事といえるでしょう。

よって、公共工事となることも非常に多く、設定された工期のなかで適切な品質を確保するには施工管理の仕事がキモになるのです。

1級土木工事施工管理技士ができる仕事

1級土木工事施工管理技士を取得すると、工事現場への配置が義務付けられている「主任技術者」および「監理技術者」として活躍することが可能になります。

建設業者は、工事現場において一定以上の施工技術水準を管理する「主任技術者」を設置しなければなりません。
また元請の場合、下請契約の外注金額の合計が4,000万円以上の現場には「主任技術者」に変わって「監理技術者」を設置しなければならないことが定められています。

これら技術者になるためには一定の要件を満たす必要があり、その要件のひとつが「施工管理技士」の有資格者であることです。
つまり1級土木工事施工管理技士は、「主任技術者」や「監理技術者」など責任の大きな立場で仕事が行えるようになるということです。

2級土木工事施工管理技士ができる仕事

2級土木工事施工管理技士を取得すると、「主任技術者」として活躍することが可能になります。
なお、2級国家資格を取得するだけで「監理技術者」にはなれません。
「主任技術者」と「管理技術者」になるための条件は以下の通りになります。

国土交通省:「専任技術者」資料

まとめ

土木工事は、公共工事も多く、将来的にも非常に安定した業種といえます。
また、工事を円滑に進めるために必要な施工管理の仕事は、ニーズが高く活躍の場も多いでしょう。

しかし、建設業界は慢性的な人手不足が課題となっており、人材の確保は急務となっています。
そのため、働きながら資格取得をバックアップする会社も多く見られます。

社会の貢献できる仕事で広く活躍したいと希望している人は、土木工事施工管理技士を目指してみてはいかがでしょうか。



※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


施工管理 現場監督 資格

関連する投稿


【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

住宅建築の現場監督の仕事は、多くの業務をこなしていかなくてはいけません。 なかでも「品質管理」は、建築主の要求に沿ったものを約束の期日までに忠実につくるといった、施工管理として重要な業務のひとつとなります。 工事現場には多くの資材が納入され、また多くの作業員が工事を行います。 これらに間違いが生じることのないよう管理することが「品質管理」のおもな仕事です。 そこで本記事では、現場監督が行う「品質管理」の仕事の内容について、詳しく解説したいと思います。


建設業界の積算とはどんな仕事?資格は必要?

建設業界の積算とはどんな仕事?資格は必要?

建設業界で特有の仕事に「積算」という職種があります。 「積算」は、建築物をつくる過程で欠かせない仕事であり、また同時に責任の重い仕事でもあります。 では、「積算」とは具体的にどのような仕事なのでしょうか? また「積算」の仕事するうえで資格を取得しなくてはならないのでしょうか? そこで本記事では、建設業界における「積算」とは具体的にどのような仕事をするのか、また資格は必要なのかなど解説したいと思います。


文系出身でも住宅建築の施工管理はできる?

文系出身でも住宅建築の施工管理はできる?

住宅建築に関わる仕事といえば、理系の人が適しているというイメージを持っている人が多いかもしれません。 とくに施工管理の仕事は、工事の責任者となるだけに専門的な知識が必要です。 では実際のところ、施工管理の仕事は文系出身の人でもできるのでしょうか? 結論として、もちろん可能であり、さらには未経験でも問題ありません。 また、実務経験を積み重ねスキルアップすることで、文系や理系に関係なく昇進や昇給のチャンスがあります。 そこで本記事では、文系出身でも施工管理の仕事が問題なく行える理由について解説したいと思います。


【超重要】現場監督が行う原価管理の仕事

【超重要】現場監督が行う原価管理の仕事

現場監督の仕事は幅広く、現場で起こるあらゆることに取り組まなくてはいけません。 また、工事を進めるうえでムダを抑え、会社の財務健全性を保つために必要な仕事となるのが「原価管理」です。 「原価管理」は、「現場監督よりも経理の仕事では?」と思う人がいるかもしれません。 しかし、建設業界における「原価管理」は、現場監督が行うその他の管理業務との関連性も強いため、一元的に実行していくことが必要なのです。 そこで本記事では、現場監督が行う「原価管理」の仕事について、その詳しい内容をご紹介したいと思います。


【転職に有利】電気工事士資格の概要や取得するとできる仕事とは?

【転職に有利】電気工事士資格の概要や取得するとできる仕事とは?

わたしたちの生活には電気が欠かせません。 そのため、住宅建築において電気工事は必ず必要になります。 しかし、電気工事は感電や漏電による火災などの危険がともなうことから、法律によって有資格者にしか工事は認められていません。 そして、その電気工事を行うときに必要な資格が「電気工事士」になります。 つまり「電気工事士」は、きわめてニーズの高い資格であり職業なのです。 そこで本記事では、「電気工事士」資格の概要と取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


最新の投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

 モデルハウス、住宅展示場に集客することが営業売上を伸ばす上で大きな要因となります。会社としてのマーケティングや、住宅展示場でのイベントなどによって集客量は大きく変わりますが、実はそれだけではありません。住宅展示場に多くの人が来ていても、来客が多いメーカーとそうでないメーカーに分かれます。企業の認知度だけでなく、現場での工夫が集客量を増やす秘訣です。この記事でモデルハウスなどへの集客方法を3つご紹介いたします。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理