【超重要】現場監督が行う原価管理の仕事

【超重要】現場監督が行う原価管理の仕事

現場監督の仕事は幅広く、現場で起こるあらゆることに取り組まなくてはいけません。 また、工事を進めるうえでムダを抑え、会社の財務健全性を保つために必要な仕事となるのが「原価管理」です。 「原価管理」は、「現場監督よりも経理の仕事では?」と思う人がいるかもしれません。 しかし、建設業界における「原価管理」は、現場監督が行うその他の管理業務との関連性も強いため、一元的に実行していくことが必要なのです。 そこで本記事では、現場監督が行う「原価管理」の仕事について、その詳しい内容をご紹介したいと思います。


現場監督の仕事は幅広く、現場で起こるあらゆることに取り組まなくてはいけません。
また、工事を進めるうえでムダを抑え、会社の財務健全性を保つために必要な仕事となるのが「原価管理」です。

「原価管理」は、「現場監督よりも経理の仕事では?」と思う人がいるかもしれません。
しかし、建設業界における「原価管理」は、現場監督が行うその他の管理業務との関連性も強いため、一元的に実行していくことが必要なのです。

そこで本記事では、現場監督が行う「原価管理」の仕事について、その詳しい内容をご紹介したいと思います。

現場監督が行う原価管理の仕事内容

現場監督の仕事のうち、とくに重要なものは以下の4つになります。

  • 工程管理
  • 安全管理
  • 品質管理
  • 原価管理

これらのうち原価管理とは、工事を完成させるために必要となる原価を把握し、必要に応じて改善することで適正な利益を確保することをいいます。

また、住宅建設における原価の合計は大きく以下の4つで構成されています。

  • 材料費
  • 労務費
  • 外注費
  • 経費

そして大まかにいうと、受注金額から原価を差し引いた金額が利益となります。
工事が始まると基本的に受注金額が増えることはないため、ムダなコストを減らすなど原価が増えないよう管理することがポイントになります。

現場監督が原価管理で気を付けること

現場監督が行う原価管理でとくに気を付けておきたいことについて、いくつかをご紹介いたします

発注ミスをしない

現場監督は、工程表通りに工事を進めるためにも材料や外注工事、重機などを適切なタイミングで正しく発注しなくてはいけません。
ところが、発注ミスをしてしまうとムダなコストが発生し、原価を増やしてしまう原因となります。

例えば、外注工事を依頼している日に必要とする材料が入ってこなかったり、あるいは違うものが入ってきたりすると、外注工事業者は手待ちとなります。
その日は仕事にならないばかりか、それ以降の工程にも影響が出るかもしれません。

品質検査を行う

工事中には節目となる重要工事では必ず検査を実施します。
そして検査の合格をもって次の工程に移行することになりますが、検査が甘い、あるいは検査を実施しないと、適正な品質が得られないまま工事が進行する可能性があります。

引き渡し時の施主検査などで指摘を受けた場合、現場監督の責任で手直し工事をしないといけないケースが発生すると、原価率が上がる原因にもなるでしょう。

外注工事のコストダウンを無理強いしない

原価を抑えるためとはいえ、外注業者にコストダウンを無理強いしてしまうとモチベーションの低下や不信感を招き、品質にまで影響が及ぶ可能性があります。
まして、現在の人手不足という状況のなか、外注工事をしてくれる業者が減ってしまうことは避けなければいけない事態といえるでしょう。

双方にとって利益になる、よい関係づくりをすることも現場監督の仕事です。

現場監督の原価管理で得られること

現場監督が適切な原価管理をすることで、得られるのはおもに以下の3つです。

  • 経営の健全化
  • 品質の向上
  • 快適な作業環境づくり

経営の健全化

現場監督の原価管理で適切な利益を確保することは、会社経営を健全化することにつながります。
赤字工事を続くようなら経営にダメージを与えることもあり、社員の昇給は見込めないばかりか場合によっては人員削減や倒産の可能性もあります。

つまり、自身の待遇を向上させるためにも、原価意識を持って適切な利益を確保することが不可欠なのです。

品質の向上

ムダな原価を増やさない工事管理は、出戻り工事や手直し工事などが少なくなるため品質向上につながります。
また工程もスムーズに流れやすく、時間にも余裕が生まれます。

よって、遅れを取り戻すために人員を多く投入する必要もないなど、安定した完成品質が期待できるというわけです。

快適な作業環境づくり

原価管理ができず適切な利益が確保できないと、本当に必要なコストにまで影響が及ぶ可能性があります。
とくに安全を確保するためのコストを削減するようなら、労働災害が起こることにもつながりかねません。

また労務費や外注費を削減すると、人材の確保も難しくなり、ひとりの現場監督への負担が大きくなって広い視野を持てなくなるでしょう。
そうなると、快適な作業環境づくりにも支障が生じます。

そのことはつまり、安全性や品質の低下、さらに工程の遅れを招くなど、悪循環へとつながります。
原価管理によって適切な利益を得ることは、快適な作業づくりをするうえで絶対に欠かせません。

まとめ

現場監督の仕事は、工事の品質を確保して工期内に終わらせるだけでは、けして十分とはいえません。
会社にとって適正な利益を残すことで経営が成り立つのです。

そのためにも、現場監督が原価を把握し、どの程度の利益を残せるのか意識して工事管理をすることが重要になります。




※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


施工管理 現場監督

関連する投稿


【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

住宅建築の現場監督の仕事は、多くの業務をこなしていかなくてはいけません。 なかでも「品質管理」は、建築主の要求に沿ったものを約束の期日までに忠実につくるといった、施工管理として重要な業務のひとつとなります。 工事現場には多くの資材が納入され、また多くの作業員が工事を行います。 これらに間違いが生じることのないよう管理することが「品質管理」のおもな仕事です。 そこで本記事では、現場監督が行う「品質管理」の仕事の内容について、詳しく解説したいと思います。


文系出身でも住宅建築の施工管理はできる?

文系出身でも住宅建築の施工管理はできる?

住宅建築に関わる仕事といえば、理系の人が適しているというイメージを持っている人が多いかもしれません。 とくに施工管理の仕事は、工事の責任者となるだけに専門的な知識が必要です。 では実際のところ、施工管理の仕事は文系出身の人でもできるのでしょうか? 結論として、もちろん可能であり、さらには未経験でも問題ありません。 また、実務経験を積み重ねスキルアップすることで、文系や理系に関係なく昇進や昇給のチャンスがあります。 そこで本記事では、文系出身でも施工管理の仕事が問題なく行える理由について解説したいと思います。


30代未経験でも施工管理の転職はできる?

30代未経験でも施工管理の転職はできる?

30代での転職は、今や当たり前となっています。 しかし、施工管理への転職を未経験で検討している場合、「実際、やっていけるの?」と不安に思う人も多いのではないでしょうか。 施工管理の仕事は、覚えることが多く、またさまざまなスキルが求められる仕事ですが、30代未経験でも十分に活躍できる可能性があります。 むしろ、30代のほうがうまく機能するシーンもあるため、臆することなくチャレンジしてみるとよいでしょう。 そこで本記事では、30代未経験でも施工管理への転職が可能な理由についてご紹介したいと思います。


ハウスメーカーの現場監督の仕事とは?ゼネコンとの違いは?

ハウスメーカーの現場監督の仕事とは?ゼネコンとの違いは?

ハウスメーカーの現場監督は、どのような仕事しているのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか? ハウスメーカーとは、戸建て住宅の建設と販売を行う会社のことをいいます。 おもに自社の規格を確立していることが多く、工業化やマニュアル化によって効率的な家づくりを可能としています。 またハウスメーカーの家づくりにおける実際の施工は、下請けの工務店とその協力工事会社が行っていることが一般的です。 そのため、ハウスメーカーの現場監督は、ゼネコンと比べると仕事内容は少し異なります。 そこで本記事では、ハウスメーカーの現場監督の仕事内容について、またゼネコンの場合とどのような違いがあるのかご紹介したいと思います


【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

施工管理の仕事に就くうえで取得しておきたい国家資格といえば「施工管理技士」になります。 「施工管理技士」にもいくつかの種類があり、なかでも電気工事に関する施工管理を行うなら「電気工事施工管理技士」を取得すると活躍のチャンスは増えるでしょう。 しかし「電気工事施工管理技士」は誰にでも取得できるわけではなく、一定の受験資格を満たし、そのうえで試験に合格する必要があります。 また「電気工事施工管理技士」の有資格者でなければできない仕事もあることは注目しておきたいポイントです。 そこで本記事では、「電気工事施工管理技士」の受験資格や取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理