副業で有利な資格【5選】

副業で有利な資格【5選】

近年、副業を解禁する会社は増加傾向にあり、実際に取り組んでいる人も多いのではないでしょうか? 副業の魅力といえば、これまで以上に収入が増えるということです。 とはいえ、副業を始めれば誰でも収入を増やせるのかというと、それほど簡単ではなく、やはり一定のスキルが必要となります。 そのスキルといえば、なんといっても資格を取得することです。 そこで本記事では、副業で有利となる資格について、とくに収入を得やすい5つをご紹介したいと思います。


近年、副業を解禁する会社は増加傾向にあり、実際に取り組んでいる人も多いのではないでしょうか?
副業の魅力といえば、これまで以上に収入が増えるということです。

とはいえ、副業を始めれば誰でも収入を増やせるのかというと、それほど簡単ではなく、やはり一定のスキルが必要となります。
そのスキルといえば、なんといっても資格を取得することです。

そこで本記事では、副業で有利となる資格について、とくに収入を得やすい5つをご紹介したいと思います。

副業で有利な資格【5選】

本業を続けながら収入を増やすには、副業を行うこともひとつの方法です。
副業で収入を得るにはスキルが必要であり、そしてそのスキルを証明するうえで効果的なものが資格となります。

またとくに、有資格者にしか扱えない、いわゆる「業務独占資格」を取得すると、より価値を高められ、収入も有利になることは間違いないでしょう。
副業で有利な資格とは、以下の5つです。

  • 宅地建物取引士(宅建士)
  • ファイナンシャルプランナー(FP
  • 簿記検定
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • キャリアコンサルタント



宅地建物取引士(宅建士)

宅地建物取引士(宅建士)とは、不動産取引の専門家として公正な取引が行えるよう仲介するための国家資格です。
宅建士には、有資格者にしか認められていない独占業務があります。
その独占業務とは、以下の3つです。

  • 重要事項の説明
  • 重要事項説明書類への記名押印
  • 契約書への記名押印

現在、日本においては少子高齢化が進み、慢性的な人手不足にあります。
不動産業界も同様であり、経営者としても、独占業務が行える宅建士に業務の一部をアウトソーシングすることで人材不足を補うといった動きが見られます。

また、宅建士の副業は、とくに人手が必要となる週末のみ行うことも可能です。
この副業形態は、いわゆる「週末宅建士」といわれており、ニーズも高まっています。

なお、宅建士に関する詳しい内容は「【建設業で有利】宅地建物取引士の資格とは?」の記事を参考にしてください。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、ライフプランを検討するとき、経済的な側面からアドバイスを行う専門家として活躍できる資格です。
FPの副業は、おもにコンサルティング業務が挙げられます。

ライフプランの見直しや資産運用、保険の見直しなど、お金に関する悩みについて、アドバイスを行います。
対面であれば週末のみ、また、その他空き時間を利用してリモートで行うことなども可能です。
その他にも、週末にセミナーを開催して収入を得る方法などもあります。

なお、FPに関する詳しい内容は「【住宅業界で有利】営業に活かせるファイナンシャルプランナーの資格とは?」の記事を参考にしてください。

簿記検定

簿記検定とは、会社の会計業務を管理するため帳簿への記録である「簿記」を適切に行うための資格です。
「簿記」はすべての会社で必要となるうえ、その知識はきわめて汎用性が高いことから、あらゆる場面で応用できます。

簿記検定の有資格者の副業は、おもに経理代行が挙げられます。
少子高齢化の影響から経理担当者も人材が不足しており、会社側としても、業務の一部をアウトソーシングすることで有効な対策となるわけです。

経理のアウトソーシングを専門とする業者もあるなど、簿記検定の有資格者のニーズは今後も高まることが予想されます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)とは、ワードやエクセル、パワーポイントなど、マイクロソフトオフィスに関するスキルを証明する資格です。
今やマイクロソフトオフィスは、業務効率化にとって欠かせないソフトであり、活用の幅が広いことから、MOSも人気の資格となっています。

MOSの有資格者の副業は、データ入力や文書、資料の作成などが挙げられます。
これらは在宅でもできるため、本業から帰宅した後や家事の合間など、空き時間を利用して行うには非常に適した副業です。
データ入力などは資格がなくても行える仕事ではあるものの、有資格者であれば受注に有利となることは間違いありません。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは、キャリア形成や職業能力開発などのサポートを行う専門家となるための国家資格です。
そして、キャリアコンサルタントは、試験に合格し、指定登録機関へ登録した者にのみ名乗ることが許される名称独占資格でもあります。

キャリアコンサルタントの副業は、おもにコンサルティング業務が挙げられます。
就職や転職のカウンセリングでは履歴書チェックや面接対策などが行えますが、これらは対面だけでなくリモートでも可能です。

また、外部委託会社へ登録して、スポット的な仕事を副業として獲得するといった方法などもあります。

まとめ

働き方の多様化により、副業を認める会社は増えています。
収入を安定させるために実施する人も見られるようになりましたが、適切なスキルがあることで有効性は大きく変わります。

これから、副業をして収入アップを図りたい人は、まず資格の取得を目指してみるのもよいでしょう。

関連するキーワード


資格 働き方

関連する投稿


【土木施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

【土木施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

建設業界で施工管理の仕事をするうえで、取得すると有利な国家資格といえば「施工管理技士」です。 「施工管理技士」には7つの種類があり、なかでも道路や河川などの土木工事に携わるなら「土木施工管理技士」を取得するとよいでしょう。 「土木施工管理技士」を取得することで仕事の幅が広がり、キャリアアップや転職にも大いに役立ちます。 ただし資格の取得には、一定の条件を満たしたうえで試験に合格しなくてはなりません。 そこで本記事では、「土木施工管理技士」の受験資格や取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


建設業界の積算とはどんな仕事?資格は必要?

建設業界の積算とはどんな仕事?資格は必要?

建設業界で特有の仕事に「積算」という職種があります。 「積算」は、建築物をつくる過程で欠かせない仕事であり、また同時に責任の重い仕事でもあります。 では、「積算」とは具体的にどのような仕事なのでしょうか? また「積算」の仕事するうえで資格を取得しなくてはならないのでしょうか? そこで本記事では、建設業界における「積算」とは具体的にどのような仕事をするのか、また資格は必要なのかなど解説したいと思います。


【転職に有利】電気工事士資格の概要や取得するとできる仕事とは?

【転職に有利】電気工事士資格の概要や取得するとできる仕事とは?

わたしたちの生活には電気が欠かせません。 そのため、住宅建築において電気工事は必ず必要になります。 しかし、電気工事は感電や漏電による火災などの危険がともなうことから、法律によって有資格者にしか工事は認められていません。 そして、その電気工事を行うときに必要な資格が「電気工事士」になります。 つまり「電気工事士」は、きわめてニーズの高い資格であり職業なのです。 そこで本記事では、「電気工事士」資格の概要と取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

施工管理の仕事に就くうえで取得しておきたい国家資格といえば「施工管理技士」になります。 「施工管理技士」にもいくつかの種類があり、なかでも電気工事に関する施工管理を行うなら「電気工事施工管理技士」を取得すると活躍のチャンスは増えるでしょう。 しかし「電気工事施工管理技士」は誰にでも取得できるわけではなく、一定の受験資格を満たし、そのうえで試験に合格する必要があります。 また「電気工事施工管理技士」の有資格者でなければできない仕事もあることは注目しておきたいポイントです。 そこで本記事では、「電気工事施工管理技士」の受験資格や取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


【CADオペレーター】仕事内容や設計との違いを解説

【CADオペレーター】仕事内容や設計との違いを解説

家づくりの現場において、欠かせない仕事のひとつに「CADオペレーター」があります。 CADとは「Computer Aided Design」の略称で、パソコンを使って設計をすること、あるいはそのために必要なソフトウェアのことをいいます。 そしてCADソフトを用いて製図をする人が「CADオペレーター」です。 では、実際の「CADオペレーター」は、具体的にどのような仕事を行っているのでしょうか? また家づくりの基本ともいえる「設計」とどのような違いがあるのでしょうか? そこで本記事では、「CADオペレーター」の仕事内容や「設計」との違いについて解説したいと思います。


最新の投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

 モデルハウス、住宅展示場に集客することが営業売上を伸ばす上で大きな要因となります。会社としてのマーケティングや、住宅展示場でのイベントなどによって集客量は大きく変わりますが、実はそれだけではありません。住宅展示場に多くの人が来ていても、来客が多いメーカーとそうでないメーカーに分かれます。企業の認知度だけでなく、現場での工夫が集客量を増やす秘訣です。この記事でモデルハウスなどへの集客方法を3つご紹介いたします。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理