建設業界の働き方が変わる!建設キャリアアップシステムとは

建設業界の働き方が変わる!建設キャリアアップシステムとは

人口減少と高齢化の加速にともない、建設業界の働き方も大きく変わろうとしています。 とくに次世代を担う人材が不足しているという点は深刻な問題であり、若い世代が働きたいと魅力を感じる環境づくりは急務となっています。 国としても、建設業の働き方改革を加速化させるいくつかの取り組みを策定していますが、そのひとつが「建設キャリアアップシステム」です。 「建設キャリアアップシステム」とは、建設業に携わる技能士のキャリアなどを見える化し、適正な評価のもとに待遇向上を目指すものになります。 そこで本記事では、「建設キャリアアップシステム」の取り組みについて、その内容をくわしく解説したいと思います。


人口減少と高齢化の加速にともない、建設業界の働き方も大きく変わろうとしています。
とくに次世代を担う人材が不足しているという点は深刻な問題であり、若い世代が働きたいと魅力を感じる環境づくりは急務となっています。

国としても、建設業の働き方改革を加速化させるいくつかの取り組みを策定していますが、そのひとつが「建設キャリアアップシステム」です。
「建設キャリアアップシステム」とは、建設業に携わる技能士のキャリアなどを見える化し、適正な評価のもとに待遇向上を目指すものになります。

そこで本記事では、「建設キャリアアップシステム」の取り組みについて、その内容をくわしく解説したいと思います。

建設キャリアアップシステムとは

建設キャリアアップシステムとは、建設業で働く技能者の有している資格や社会保険加入状況、また現場の就業履歴などのデータを登録および蓄積する仕組みのことです。
そのデータをもとに、技能者の能力を適正な評価につなげ待遇の向上を図ること、そして建設事業者の業務負担と軽減することなどの狙いがあります。

建設キャリアアップシステムの必要性について

建設キャリアアップシステムは、建設業界の大きな課題である人手不足と高齢化の解消に向けた取り組みの一環です。
今後、団塊世代の大量離職が見込まれているなか、若い人材の獲得は急務となっています。

ところが、建設業界といえばいわゆる3K(きつい・きたない・危険)といったイメージも強く、他業界へと若い人材が流れてしまうケースも見られます。
そのため、業界全体の取り組みとして働き方の見直しを図り、魅力ある環境づくりを強く推し進める必要があるのです。

このような背景から、国土交通省の主導で建設業界の働き方の指針となる「建設業働き方改革加速化プログラム」が発表されています。
「建設業働き方改革加速化プログラム」では、以下の通り大きく3つの柱が掲げられています。

  • 長時間労働の是正
  • 給与・社会保険
  • 生産性向上

そして、建設キャリアアップシステムは、3本の柱のうち「給与・社会保険」に関する環境を整備するための取り組みのひとつになります。
つまり、働き方改革を強く進め、若い世代にとって魅力ある環境づくりをする必要性からこのシステムが構築されたというわけです。

なお、「建設業働き方改革加速化プログラム」に関する詳しい内容は、「【建設業界の働き方改革】残業が減るって本当?」の記事を参考にしてください。

建設キャリアアップシステムの概要について

建設キャリアアップシステムの概要について、簡単にご紹介いたします。

技能者情報等の登録

まずは建設キャリアアップシステムに技能者の情報を登録する必要があります。
技能者情報とは例えば以下のような内容です。

  • 事業者情報(商号、所在地、建設業許可など)
  • 技能者情報(本人情報、保有資格、社会保険加入状況など)
  • 現場情報(現場名、工事の内容など)

カードの交付・現場での読取

建設キャリアアップシステムに登録すると、技能者には建設キャリアアップカードが交付されます。
そして現場に入場するときには、そのカードをカードリーダーに読み取らせます。
なおカードリーダーは、元請け事業者によって導入しておくことが必要です。

システムによる就業履歴の蓄積

現場入場時の読み取りごとに技能者の就業履歴がデータとして蓄積されます。
システム上では、就業履歴のほか資格や社会保険の加入状況なども確認することが可能になります。

技能者の能力評価について

建設キャリアアップシステムのおもな目的は、システムに登録および蓄積された情報を活用することで技能者の待遇の向上が図られる環境を整備することです。
蓄積されたあらゆるデータから、カードの色分けなど客観的に判断できるよう基準を設けるなど能力の見える化が行われる計画となっています。

技能者にとってのメリット

技能者にとっては評価基準が明確になり、収入アップなど能力に見合った待遇を受けられる可能性が高まります。
また、経験の蓄積やスキルアップが見える形で評価につながるため、モチベーションにもなるでしょう。

事業者にとってのメリット

事業者にとっては、レベルの高い技能者を多く育成することにより、社外からの評価を高め受注の増加につなげることが可能です。
そして、建設キャリアアップシステムに基づく給与体制を整備しているなど、人材獲得に向けたアピール要素になります。
また、所属する技能者の就業管理が簡素化できるため、業務の効率化を図れます。

まとめ

建設業界の働き方改革は少しずつですが確実に進んでいます。
これまでの3Kといった悪いイメージを払拭し、若い世代にとって魅力ある業界になる日も近いかもしれません。
ただし、会社選びは慎重に行いましょう。




※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


転職 働き方改革 職人

関連する投稿


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


【転職活動の基礎知識】福利厚生のポイントとは?

【転職活動の基礎知識】福利厚生のポイントとは?

転職活動の際にはさまざまなことに注目する必要がありますが、そのひとつとなるのが「福利厚生」です。 「福利厚生」とは、おもに給与とは異なる報酬のことをいいます。 転職先選びをするうえで「福利厚生」が充実していることは重要な要素にはなりますが、それだけを優先すると危険です。 そこで本記事では、転職活動においてチェックしておきたい「福利厚生」のポイントについて深掘りしてみたいと思います。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理