【転職のコツ!】住宅業界は未経験でも転職できる!有利な資格、転職を成功させる秘訣とは??

【転職のコツ!】住宅業界は未経験でも転職できる!有利な資格、転職を成功させる秘訣とは??

 住宅は、人生で一番大きな買い物であり、お客様の暮らしを支えるもののため、とてもやりがいのある仕事ですよね。住宅に興味を持ち、住宅業界に転職を考える方も多いです。  しかし住宅は専門的な部分も多く、職種によっては資格が必要であったり、実務経験がないと採用していないこともあります。  そこで、未経験でも住宅業界に転職するために、どういった職種があるのか、実務経験なしでも役立つ資格、面接での志望動機などをご紹介します。


 住宅は、人生で一番大きな買い物であり、お客様の暮らしを支えるもののため、とてもやりがいのある仕事ですよね。住宅に興味を持ち、住宅業界に転職を考える方も多いです。

 しかし住宅は専門的な部分も多く、職種によっては資格が必要であったり、実務経験がないと採用していないこともあります。

 そこで、未経験でも住宅業界に転職するために、どういった職種があるのか、実務経験なしでも役立つ資格、面接での志望動機などをご紹介します。

住宅業界への転職は、未経験でも可能!!

 未経験でも採用活動を行なっている住宅関連の職種は多くあります。事務、営業、リフォーム等の簡単な施工管理などの職種で、未経験採用を行っています。
 一方で、技術者、建造物の施工管理、設計、住宅デザイン関係は経験を必要とされることがほとんどになります。

 営業職は未経験でも積極採用を行っているところは多いため、実際に中途入社でも全く別業界から飛び込んできたという方は多いです。

未経験でも転職に有利な資格5選

 実務経験がなくても受験資格のある資格をまとめました。転職先によっては、実際の業務には関係のない資格になることもありますが、企業には住宅について学ぶ意思があると評価されます。

 また、お客様に対しても勉強している人だという印象を与え、専門的なことを相談して信頼できそうだと判断されます。

 自分の好きな分野の資格を取得してみるだけでも、住宅に関しての知識が深まり、転職した後も働きやすいはずです。

・インテリアコーディネーター(合格率約23%)

 簡単に例えると、インテリアコーディネーターは、この提案にはセンスがあるとお客様に印象付ける(保証する)ような資格になります。この資格を持っていない営業マンよりも、有資格者の提案の方が良い提案な気がしますよね。もちろん資格を有しているので、お客様に対してより良い提案ができる知識を持っています。

 お客様との初期の接客段階においても、お客様のニーズに沿ったご提案ご相談ができるため、成約率やお客様満足度は上がるでしょう。

・照明コンサルタント(合格率約80%)

 空間を演出する際に照明は非常に重要なものです。例えば美術館でも、作品の展示の仕方によって毎回照明を変えています。同じ部屋に違う作品を飾っているわけではありません。

 照明一つでお部屋の印象が変わることもあるため、お客様がイメージした雰囲気にぴったりと合うようなご提案ができれば、信頼度も上がりますよね。

・キッチンスペシャリスト(合格率約30%)

 住宅の中でもキッチンは、毎日利用し、その利便性やデザイン性が追求されています。お客様の食生活に伴う導線からどのような設計がニーズに対応しているかを専門的に提案できます。

 キッチンにこだわりを持たれている方などは、この資格を持った方が対応してくれるとより安心ですよね。

・福祉住環境コーディネーター(合格率、1級約12%、2級約14%、3級約55%)

 高齢者や障害者の方のための住宅設計において、その方のニーズに合ったものをご提案できるようになる資格です。ケアマネジャーや建築士と専門的な内容を打ち合わせし、お客様により良い形で提案をご提供する職務などに活かされます。

 新築だけでなく、リフォーム、福祉用具などで必要とされている資格になります。

・宅地建物取引士(合格率約15%)

 毎年20万人が受験する人気の資格になります。それだけ必要とされている職種が豊富にあるということです。不動産業界の方が取得しているイメージがありますが、住宅営業などでも有資格者の方が優遇されることが多いです。

転職を成功させる2つのコツ

・住宅関連の書籍を読む、資格を取る

 転職では目標年収や、実際にやりたい職種に就くことができれば成功ですよね。未経験から住宅業界に飛び込む場合、実際の業務内容やどのような職種があるのか、キャリアアップはどうなるのか把握しきれていないことも多いと思います。

 そのため、住宅関連の仕事の書籍、資格を取る事は、業界を把握する上で非常に役立ちます。安易に飛び込むより勉強することで、自分のやりたい職種を具体的に見つけ、就職先の選定をうまくできるようになります。

・平均勤続年数が長い、従業員の平均年齢が若すぎない

 住宅業界は、人材の入れ替わりが激しいところも少なくありません。特に営業は、大手でも入れ替わりが激しく、未経験から長く勤続している方は少ない場合もあります。従業員の平均年齢が若いところは注意になります。高歩合などで若い営業を雇い、売れなくなった社員は辞めていくというところが多いです。

まとめ

 住宅関連の職種は非常に多く、今回は住宅販売などに焦点を当てましたが、設備、インテリアのメーカー、リフォーム、不動産など幅広いです。
 是非あなたが良い転職先を見つける手助けになれば幸いです。




※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


住宅 転職

関連する投稿


住宅営業は平日休み|平日休みのメリット10選

住宅営業は平日休み|平日休みのメリット10選

住宅営業マンは平日休みとなっています。土日休みの企業で勤務していた方は、平日休みとなってしまうことに違和感などを感じる方も多いかと思います。これから転職を考えている方も、土日休みじゃないと嫌だと考えている方もいるかもしれません。しかし、平日休みに慣れてしまうと土日休みが嫌だという方もいらっしゃいます。この記事では平日休みのメリットについてご紹介していきます。


人口減少により住宅業界も衰退していくのか!?これからの転職は考え直した方が良いのか

人口減少により住宅業界も衰退していくのか!?これからの転職は考え直した方が良いのか

 転職を考える際に、業界規模や市場、今後の市場推移などを把握することは将来を考える上で非常に重要です。住宅業界というのは、人口に直接的に関わってくる業界と言えます。日本は人口減少が進んでおり、少子高齢化していっています。そこで実際に住宅業界の現場と、今後の予測をご紹介いたします。


クレームの少ない住宅営業マンが実践する4つのポイント|基本を抑えて、あなたもできる営業マンになろう

クレームの少ない住宅営業マンが実践する4つのポイント|基本を抑えて、あなたもできる営業マンになろう

 営業マンにはクレームの多い営業マンと少ない営業マンがいます。クレームが多い営業マンは、売上にかかるプレッシャーと、お客様からの精神的負担が大きくなります。営業活動における体力と精神力の両方が疲弊していきます。この記事では、クレームの少ない営業マンが実践する行動をご紹介いたします。


住宅営業は自腹でクレーム解決!?転職前に知っておく自衛の4つのポイント|ブラック企業を避けよう

住宅営業は自腹でクレーム解決!?転職前に知っておく自衛の4つのポイント|ブラック企業を避けよう

 よく住宅営業で、クレームが起きた際に営業の責任とされてしまうという話を聞くのではないでしょうか。営業マンが自腹でお金を払い、クレーム処理をするということも聞きます。他の業界ではこのような話をほとんど聞かないため、不安になる求職者も多いです。そこで、どのような場合に自腹を切ることになってしまうのか、そういったブラック企業での自衛手段をご紹介いたします。


【トラブル体験談】住宅販売営業の実際にあった営業マンの外観配色ミス!クレームの原因を営業マンが作らないようにしましょう

【トラブル体験談】住宅販売営業の実際にあった営業マンの外観配色ミス!クレームの原因を営業マンが作らないようにしましょう

 住宅業界や建設業界はクレーム産業と言われるくらいトラブルが多いです。しかし、トラブルといっても大きいクレームになることはそこまで多くはなく、あまり不安になる必要はありません。転職するにあたり、どのようなクレームがあるのか、営業マンがどのようなミスをしてクレームになってしまうのか、体験談をご紹介いたします。転職に不安になるのではなく、事例を知り、事前に対策する準備を行いましょう。


最新の投稿


住宅営業は平日休み|平日休みのメリット10選

住宅営業は平日休み|平日休みのメリット10選

住宅営業マンは平日休みとなっています。土日休みの企業で勤務していた方は、平日休みとなってしまうことに違和感などを感じる方も多いかと思います。これから転職を考えている方も、土日休みじゃないと嫌だと考えている方もいるかもしれません。しかし、平日休みに慣れてしまうと土日休みが嫌だという方もいらっしゃいます。この記事では平日休みのメリットについてご紹介していきます。


人口減少により住宅業界も衰退していくのか!?これからの転職は考え直した方が良いのか

人口減少により住宅業界も衰退していくのか!?これからの転職は考え直した方が良いのか

 転職を考える際に、業界規模や市場、今後の市場推移などを把握することは将来を考える上で非常に重要です。住宅業界というのは、人口に直接的に関わってくる業界と言えます。日本は人口減少が進んでおり、少子高齢化していっています。そこで実際に住宅業界の現場と、今後の予測をご紹介いたします。


クレームの少ない住宅営業マンが実践する4つのポイント|基本を抑えて、あなたもできる営業マンになろう

クレームの少ない住宅営業マンが実践する4つのポイント|基本を抑えて、あなたもできる営業マンになろう

 営業マンにはクレームの多い営業マンと少ない営業マンがいます。クレームが多い営業マンは、売上にかかるプレッシャーと、お客様からの精神的負担が大きくなります。営業活動における体力と精神力の両方が疲弊していきます。この記事では、クレームの少ない営業マンが実践する行動をご紹介いたします。


住宅営業は自腹でクレーム解決!?転職前に知っておく自衛の4つのポイント|ブラック企業を避けよう

住宅営業は自腹でクレーム解決!?転職前に知っておく自衛の4つのポイント|ブラック企業を避けよう

 よく住宅営業で、クレームが起きた際に営業の責任とされてしまうという話を聞くのではないでしょうか。営業マンが自腹でお金を払い、クレーム処理をするということも聞きます。他の業界ではこのような話をほとんど聞かないため、不安になる求職者も多いです。そこで、どのような場合に自腹を切ることになってしまうのか、そういったブラック企業での自衛手段をご紹介いたします。


【トラブル体験談】住宅販売営業の実際にあった営業マンの外観配色ミス!クレームの原因を営業マンが作らないようにしましょう

【トラブル体験談】住宅販売営業の実際にあった営業マンの外観配色ミス!クレームの原因を営業マンが作らないようにしましょう

 住宅業界や建設業界はクレーム産業と言われるくらいトラブルが多いです。しかし、トラブルといっても大きいクレームになることはそこまで多くはなく、あまり不安になる必要はありません。転職するにあたり、どのようなクレームがあるのか、営業マンがどのようなミスをしてクレームになってしまうのか、体験談をご紹介いたします。転職に不安になるのではなく、事例を知り、事前に対策する準備を行いましょう。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 営業 職人 風水 現場監理 働き方改革