施工管理は何歳までできる仕事?高齢者でも大丈夫?

施工管理は何歳までできる仕事?高齢者でも大丈夫?

建設業界の仕事は、「体力が必要で、高齢者にとってはきついのでは?」というイメージを持つ人もいるのではないでしょうか? 確かに、高齢化にともない筋力や視力の衰えなど身体機能の低下による影響が出てくることは、安全面で不安な部分が生じてくる可能性があります。 しかし一方で、業界の著しい高齢化に対応するべく、高齢者へ配慮された現場の環境づくりは徐々に進んでいます。 では、施工管理の仕事は何歳までできる仕事なのでしょうか?また高齢者でもできるのでしょうか? そこで本記事では、施工管理はいったい何歳までできる仕事で高齢者でも可能なのか、ご紹介したいと思います。


建設業界の仕事は、「体力が必要で、高齢者にとってはきついのでは?」というイメージを持つ人もいるのではないでしょうか?
確かに、高齢化にともない筋力や視力の衰えなど身体機能の低下による影響が出てくることは、安全面で不安な部分が生じてくる可能性があります。

しかし一方で、業界の著しい高齢化に対応するべく、高齢者へ配慮された現場の環境づくりは徐々に進んでいます。
では、施工管理の仕事は何歳までできる仕事なのでしょうか?
また高齢者でもできるのでしょうか?

そこで本記事では、施工管理はいったい何歳までできる仕事で高齢者でも可能なのか、ご紹介したいと思います。

施工管理は何歳までできる仕事?

結論からいうと、施工管理の仕事は何歳でもできます。
とはいえ、ほとんどの会社は定年制を定めているため、一定の年齢を迎えると退職することになります。
その後は、場合によっては再雇用契約を結び、契約期間を定めて働くことも可能です。

また施工管理の仕事は、高齢者でも十分にやっていけます。
その理由は、以下の通りです。

  • 施工管理の仕事は体力を必要としない
  • 施工管理のスキルは経験がものをいう
  • 人手が不足している

施工管理の仕事は体力を必要としない

施工管理は体力がないとできない仕事ではありません。
施工管理の重要な業務といえば「工程管理」「安全管理」「品質管理」「原価管理」で、いずれも身体を酷使するよりも協力業者とのやりとりが基本的に必要となります。

ただし住宅建築の施工管理は、複数現場を掛け持ちするため1日に数件の現場を回る必要があり、またときには重いものを移動させるなど体力が必要な場面もあります。
しかし、施工管理の仕事で重要なことは、体力を発揮することではなく、担当する工事を図面の指示通り工期までに終わらせることです。

施工管理のスキルは経験がものをいう

施工管理の仕事は、施主や強力業者など多くの人と関わることから、高いコミュニケーションスキルが求められます。
それぞれ異なる立場からの意見を調整しながら、工事を前に進めていかなくてはなりません。

この施工管理として必要なコミュニケーションスキルは、経験の蓄積とともに身に付くものであり、また年齢を重ねるほど重みが増してくるものです。
よって、施工管理のスキルという意味では、高齢者のほうが適しているといえるかもしれません。

人手が不足している

建設業界は深刻な人手不足の状態にあります。
施工管理者の高齢化も進行していますが、人手不足を補うため、そして若い世代を育成するためにも、高齢者の力は必要です。

とくに、長年にわたる貴重な経験やさまざまなノウハウを受け継ぐことは、会社にとっても大きな財産となるでしょう。

高齢者による施工管理の注意点

施工管理は、経験豊富な高齢者のスキルが活かされる仕事ではありますが、いくつかの注意点もあります。
とくに注意が必要なことといえば、以下の2点です。

  • 高所での作業
  • デジタル化への対応

高所での作業

建設業における労働災害で最も多いのは「墜落・転落」です。
そして「墜落・転落」による死傷者数を見てみると、年齢が高いほど多く、その割合も年々増加傾向にあります。
この点は、高齢化にともなう身体機能の低下が労働災害に大きく影響しているといえるでしょう。

とくに高所作業での事故は、深刻な事態に陥る可能性が非常に高いため、高齢者に配慮した安全対策が必要になります。
例えば、フルハーネス型の安全帯を使用したり、あるいは足場での段差を解消したりすることなどです。

また身体に負担がかかる高所作業や力仕事などはできるだけ行わないで済むよう、無理なく働ける環境をつくることも課題となるでしょう。

デジタル化への対応

深刻な人手不足の状況にある建設業界は、業務の効率化を図るため、急速にデジタル化が進行しています。
デスクワークのほとんどはパソコン作業となっており、あらゆる管理業務はシステム上で共有されるなどIT化が進んでいます。

この傾向は今後もさらに加速することが予想され、年齢に関係なく対応していかなければなりません。
高齢者の一部には新しい技術を扱うことを苦手としているケースも見られますが、施工管理という本来の業務ではないにせよ対応することが求められるでしょう。

まとめ

施工管理の仕事は、何歳でもできる仕事です。
とくに経験が豊富で有資格者であれば、高齢であっても活躍の場は多いでしょう。

ただし、身体機能の衰えは避けられません。
そのため、高齢者でも働きやすい環境づくりが行われている職場であるかどうかという点は、高齢者にとって注目するべきポイントになるでしょう。

関連する投稿


【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

住宅建築の現場監督の仕事は、多くの業務をこなしていかなくてはいけません。 なかでも「品質管理」は、建築主の要求に沿ったものを約束の期日までに忠実につくるといった、施工管理として重要な業務のひとつとなります。 工事現場には多くの資材が納入され、また多くの作業員が工事を行います。 これらに間違いが生じることのないよう管理することが「品質管理」のおもな仕事です。 そこで本記事では、現場監督が行う「品質管理」の仕事の内容について、詳しく解説したいと思います。


住宅業界で働き方改革は進んでいる?ITを導入した業務効率化やテレワークの導入の実態

住宅業界で働き方改革は進んでいる?ITを導入した業務効率化やテレワークの導入の実態

 住宅業界は残業も多く、特に営業は残業が慢性化していると一般的に言われています。しかし働き方改革により全ての業界の残業時間の規制が入ります。住宅業界が働き方改革により、どのような業務効率化を行っているのか、テレワークの導入も進んでいるのかをご紹介いたします。転職の際には、会社ごとに状況が違いますので、確認をするようにしましょう。


文系出身でも住宅建築の施工管理はできる?

文系出身でも住宅建築の施工管理はできる?

住宅建築に関わる仕事といえば、理系の人が適しているというイメージを持っている人が多いかもしれません。 とくに施工管理の仕事は、工事の責任者となるだけに専門的な知識が必要です。 では実際のところ、施工管理の仕事は文系出身の人でもできるのでしょうか? 結論として、もちろん可能であり、さらには未経験でも問題ありません。 また、実務経験を積み重ねスキルアップすることで、文系や理系に関係なく昇進や昇給のチャンスがあります。 そこで本記事では、文系出身でも施工管理の仕事が問題なく行える理由について解説したいと思います。


建設業界の働き方が変わる!建設キャリアアップシステムとは

建設業界の働き方が変わる!建設キャリアアップシステムとは

人口減少と高齢化の加速にともない、建設業界の働き方も大きく変わろうとしています。 とくに次世代を担う人材が不足しているという点は深刻な問題であり、若い世代が働きたいと魅力を感じる環境づくりは急務となっています。 国としても、建設業の働き方改革を加速化させるいくつかの取り組みを策定していますが、そのひとつが「建設キャリアアップシステム」です。 「建設キャリアアップシステム」とは、建設業に携わる技能士のキャリアなどを見える化し、適正な評価のもとに待遇向上を目指すものになります。 そこで本記事では、「建設キャリアアップシステム」の取り組みについて、その内容をくわしく解説したいと思います。


【超重要】現場監督が行う原価管理の仕事

【超重要】現場監督が行う原価管理の仕事

現場監督の仕事は幅広く、現場で起こるあらゆることに取り組まなくてはいけません。 また、工事を進めるうえでムダを抑え、会社の財務健全性を保つために必要な仕事となるのが「原価管理」です。 「原価管理」は、「現場監督よりも経理の仕事では?」と思う人がいるかもしれません。 しかし、建設業界における「原価管理」は、現場監督が行うその他の管理業務との関連性も強いため、一元的に実行していくことが必要なのです。 そこで本記事では、現場監督が行う「原価管理」の仕事について、その詳しい内容をご紹介したいと思います。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理