転職先で同じ営業ができるのか不安!できる人の特徴

転職先で同じ営業ができるのか不安!できる人の特徴

営業職についていると、どうしてもうまくいかないことがあります。そして、転職を考えますが、同じ営業職を探すことになります。そこで必ず付き纏うのが、「今まで営業でうまくいっていなかったのに、他の会社の営業でうまくいくのだろうか」ということです。誰しもがこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか?この記事では、転職先の営業で成功できる可能性と、そのポイントについてご紹介いたします。


現状を分析しよう

まず、現状を素直に見つめ、どのような状況にいるのかを分析しましょう。
例えば、営業で全く売れていない。毎日がうまくいく気配がなく、全くやる気が起きない。やる気がないために、仕事にも身が入らず、営業活動もあまりしていない。営業活動を行いたいが、見込みを作ることすらできないため、営業活動で何をすれば良いかわからない。

このような状態に陥ってしまっている方も、ここまでになっていない方も、冷静に現状を把握してみましょう。決して、あなただけではなく、誰しもがこのような状態になることがあります。そして、転職を考えているということは、現状を変えたいと思っているということです。

転職を考えているということは、非常に良い状態です。まずは、現状より良くなるために何をするべきかを考えている今は、大きなステップを踏もうとしています。

営業でうまくいかないのに、結局営業職で転職する心理

「営業でうまくいかなければ、他の職に就けばいいのでは?」と、知人などからアドバイスされることもあるかもしれません。しかし、他の職に転職することはなかなか難しいことを、あなたは知っています。

・雇ってくれない
営業職をしていると、実は転職に役立つスキルというものはほとんど身に付いていないとみなされてしまいます。他の職種は、狭き門であることが多く、営業職しか採用していない会社も多くあります。他の職に就けば良いというアドバイスは、転職の現状を知らないか、あなたとは違うキャリアを送ってきた方です。「アドバイスはいいから、転職先を紹介してくれ」と、直接就職先を持ってきてくれと一蹴してしまいましょう。

・給与が下がる
営業職は、これといったスキルがなくても、成果を出せば高給です。会社にもよりますが、営業職が一番高級取りという会社が多いです。同じ会社の同年代が年収400万程度であっても、営業職は年収600万円以上ということはよくあります。つまり、現状営業職でうまくいっていないとしても、他の職種に就くと、年収が100万円以上下がってしまうことになるのです。

これらの理由で、営業でうまくいっていないのに、営業職に結局転職するしかないという心理になります。年収を諦めて、営業職でない職に転職することも一つの選択肢です。しかし、営業職が嫌でないのであれば、後述するように再度チャレンジして成功することもできます。

営業がうまくいかない原因と対策

営業がうまくいかない原因は、もうわからなくなっているという方も多いです。うまくいっていないとき、営業活動をすることを諦めやる気がなくなっているからです。この状態では、うまくいかないのは当たり前で、うまくいく理由もありません。

転職して心機一転、やる気を出してまずは全力でやってみるというのは良い方法です。しかし、サボり癖などがついてしまっている場合は、転職前にやる気がある状態で働けるのか、真面目に仕事をすることに慣れておきましょう。現職で、1ヶ月だけでも辞める前に真面目に働くことで、自分に自信を取り戻すこともできます。これができなければ、転職先でも同じような状態になってしまう可能性があるため、この1ヶ月を頑張れるかは重要です。

転職先営業で成功する可能性は十分ある

現職でうまくいっていなくても、転職先の営業で成功する可能性は十分あります。例え、営業のビリであったとしても、新しい会社ではトップになることもあります。営業という職業は、その可能性がある素晴らしい職種です。

あなたが現状を変えたいという強い意志と、その意思に見合う行動力があれば、年収も上げて、仕事もうまくいき、毎日が楽しいと感じることができるようになります。

誰しもが環境によって向き不向きがある

営業ができる人は、どこでもできるから、自分は不向きと考えてしまう方がいます。しかし、例えば転職してきて1年で営業1位になった人は、他の会社でも1位になるでしょうか?前職でも1位だったのでしょうか?そうではないはずです。(もちろん、1位を取り続ける方は稀にいますが)

会社の社長も、他の業界もしくは会社に入っていたら、社長になっていないかもしれません。そのときのスタートした環境などによって大きく左右されるものです。

一度転職先の営業で成功すれば、他の会社に転職したときも営業としてある程度の能力は身に付いているはずです。活躍できる環境というのは、人によって違うため、転職した先が自分に合っているということもよくあります。

転職を成功させる秘訣

関連するキーワード


営業

関連する投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

 ①では、追加オプションの例を外壁と屋根でご説明いたしました。②では外構や室内での追加オプションについてご紹介いたします。オプションは細かく見ていくと様々ありますが、ここでは代表的なものを取り上げています。住宅営業として次はこんな提案をしてみようという単価アップに役立つと同時に、お客様に喜ばれることが増えることにお役立ちいただければと思います。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

 住宅営業マンはお客様の要望を聞き、まず気に入られて信頼してもらい、数ヶ月の打ち合わせ期間を経て契約に至ります。同じような営業をして同じ坪数同じ客層であっても単価の高い営業マンと低い営業マンがいます。その違いは知識ももちろんありますが、一番の違いはなんでしょうか。この記事ではイエスマンにならずにお客様に良い提案をすることでオプション単価を上げる方法をご紹介いたします。


輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

 輸入住宅は一定層のお客様に人気で、特徴的な外観が一番惹かれるポイントです。そのため他のハウスメーカーなどの住宅とは全く違うものとなるため、お客様も予算が合えば輸入住宅でのみ購入を考えているという方が多いです。営業としても競合がいないため売りやすいです。この記事では転職の際に輸入住宅営業マンとして働くことのメリットデメリットをご紹介いたします。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理