建築士の年収はどれくらい?一級と二級の違いは?

建築士の年収はどれくらい?一級と二級の違いは?

建設業界でステップアップする近道のひとつとして、資格を取得するという方法があります。 なかでも国家資格である「建築士」は、年収アップを目指すには非常に適しているといわれています。 では、「建築士」として働いたときの年収はどれくらいの額が期待できるのでしょうか? また、1級と2級ではどの程度の違いがあるでしょうか? そこで本記事では、「建築士」を職業として活躍する人の年収の額はどれくらい期待できるのか、また一級と二級の違いなどについてご紹介したいと思います。


建設業界でステップアップする近道のひとつとして、資格を取得するという方法があります。
なかでも国家資格である「建築士」は、年収アップを目指すには非常に適しているといわれています。

では、「建築士」として働いたときの年収はどれくらいの額が期待できるのでしょうか?
また、1級と2級ではどの程度の違いがあるでしょうか?

そこで本記事では、「建築士」を職業として活躍する人の年収の額はどれくらい期待できるのか、また一級と二級の違いなどについてご紹介したいと思います。

建築士の年収はどれくらい?

厚生労働省による令和元年の「賃金構造基本統計調査」によると、「一級建築士」の平均年収は700万円程度が目安となります。
この額は、「一級建築士」に関する以下のデータを参考に算出しています。

  • きまって支給する現金給与額:461,800
  • 年間賞与その他特別給与額:1,487,200

平均月給を意味する「きまって支給する現金給与額」を12倍し、「年間賞与その他特別給与額」を加えて計算すると、およそ700万円となります。
なお、この金額は男女合わせた平均金額です。

賃金構造基本統計調査|厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html

賃金構造基本統計調査について紹介しています。

一級と二級の違いは?

上記の年収は「一級建築士」のものとなりますが、一般的には「二級建築士」よりも平均年収は高くなります。
「一級建築士」と「二級建築士」の平均年収のおもな目安は以下の通りです。

  • 一級建築士:700万円程度
  • 二級建築士:500万円程度

ただし、平均年収については、一級と二級に関わらず職種や企業規模、そして年齢などさまざまな条件で大きな開きが生じます。
また、「一級建築士」と「二級建築士」で平均年収に開きがあるのは、可能となる仕事内容が違うことも大きな理由です。

そもそも、建築士の仕事とは、建築物の設計と工事監理を行うことですが、一級と二級では扱える規模が異なります。
それぞれのおもな違いとは以下の通りです。

一級建築士

「一級建築士」が行う設計および工事監理については、建物の規模や構造に制限が設けられていません。
そのため、どのような建物でも取り扱うことが可能です。

二級建築士

「二級建築士」行う設計および工事監理については、「一級建築士」と違い、以下のような建物の規模や構造に制限が設けられています。

  • 木造以外の建物:高さ13mまたは軒の高さが9m以下、延べ床面積30300
  • 木造の建物:高さ13mまたは軒の高さが9m以下、延べ床面積1,000㎡以下

企業規模による違いは?

建築士の平均年収は、勤務先の規模によって大きな違いが見られます。
「一級建築士」の平均年収は、企業規模が大きくなるほど多く、その傾向は顕著に見られます。
企業規模ごとの平均年収の違いは、以下の通りです。

10~99人

・きまって支給する現金給与額:393,300円
・年間賞与その他特別給与額:1,047,200円
・平均年収:570万円程度

100~999人

・きまって支給する現金給与額:492,700円
・年間賞与その他特別給与額:1,559,000円
・平均年収:740万円程度

1,000人以上

・きまって支給する現金給与額:557,300円
・年間賞与その他特別給与額:2,315,900円
・平均年収:900万円程度

建築士に関するその他データについて

厚生労働省による令和元年の「賃金構造基本統計調査」による、「一級建築士」に関する年収以外のデータについてご紹介いたします。

  • 平均年齢:48.6
  • 勤続年数:13.4
  • 労働時間:165時間/
  • 超過労働:17時間/



建築士になるには?

建築士には、「公益社団法人建築技術教育普及センター」が実施する試験に合格することで、なることが可能です。
ただし、試験を受けるには、まず必要な受験資格を満たしていることが必要となります。
建築士試験の受験資格は、「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」の種類ごとに異なるため確認が必要です。

なお、建築士の受験資格については、「【建築士法改正】建築士を取得するための受験資格とは?」を参考にしてください。

建築士試験は、建築士法の改正により、受験資格の要件だった実務経験が、原則として建築士免許の登録要件へと改められました。
そのため、多くの人が受験できるようになりチャンスが広がっています。

建築士の仕事は、他の産業と比較しても年収が高い傾向にあるため、高収入を目指すなら資格取得をチャレンジしてみるのもよいでしょう。
取得できれば将来のキャリアアップにつながり、さらには独立して軌道に乗れば大幅な収入アップを図ることも可能です。

まとめ

建築士は、資格を取得することは簡単ではありませんが、取得した後は年収アップが期待できます。
とくに「一級建築士」は、ほかの産業と比較しても高額であり、また大きな仕事にチャレンジできる魅力もあります。

将来的にも建設業界は安定した需要が見込めることからも、この業界で活躍し、高収入を得たいという人は取得を目指してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


資格

関連する投稿


【土木施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

【土木施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

建設業界で施工管理の仕事をするうえで、取得すると有利な国家資格といえば「施工管理技士」です。 「施工管理技士」には7つの種類があり、なかでも道路や河川などの土木工事に携わるなら「土木施工管理技士」を取得するとよいでしょう。 「土木施工管理技士」を取得することで仕事の幅が広がり、キャリアアップや転職にも大いに役立ちます。 ただし資格の取得には、一定の条件を満たしたうえで試験に合格しなくてはなりません。 そこで本記事では、「土木施工管理技士」の受験資格や取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


建設業界の積算とはどんな仕事?資格は必要?

建設業界の積算とはどんな仕事?資格は必要?

建設業界で特有の仕事に「積算」という職種があります。 「積算」は、建築物をつくる過程で欠かせない仕事であり、また同時に責任の重い仕事でもあります。 では、「積算」とは具体的にどのような仕事なのでしょうか? また「積算」の仕事するうえで資格を取得しなくてはならないのでしょうか? そこで本記事では、建設業界における「積算」とは具体的にどのような仕事をするのか、また資格は必要なのかなど解説したいと思います。


【転職に有利】電気工事士資格の概要や取得するとできる仕事とは?

【転職に有利】電気工事士資格の概要や取得するとできる仕事とは?

わたしたちの生活には電気が欠かせません。 そのため、住宅建築において電気工事は必ず必要になります。 しかし、電気工事は感電や漏電による火災などの危険がともなうことから、法律によって有資格者にしか工事は認められていません。 そして、その電気工事を行うときに必要な資格が「電気工事士」になります。 つまり「電気工事士」は、きわめてニーズの高い資格であり職業なのです。 そこで本記事では、「電気工事士」資格の概要と取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

施工管理の仕事に就くうえで取得しておきたい国家資格といえば「施工管理技士」になります。 「施工管理技士」にもいくつかの種類があり、なかでも電気工事に関する施工管理を行うなら「電気工事施工管理技士」を取得すると活躍のチャンスは増えるでしょう。 しかし「電気工事施工管理技士」は誰にでも取得できるわけではなく、一定の受験資格を満たし、そのうえで試験に合格する必要があります。 また「電気工事施工管理技士」の有資格者でなければできない仕事もあることは注目しておきたいポイントです。 そこで本記事では、「電気工事施工管理技士」の受験資格や取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


【CADオペレーター】仕事内容や設計との違いを解説

【CADオペレーター】仕事内容や設計との違いを解説

家づくりの現場において、欠かせない仕事のひとつに「CADオペレーター」があります。 CADとは「Computer Aided Design」の略称で、パソコンを使って設計をすること、あるいはそのために必要なソフトウェアのことをいいます。 そしてCADソフトを用いて製図をする人が「CADオペレーター」です。 では、実際の「CADオペレーター」は、具体的にどのような仕事を行っているのでしょうか? また家づくりの基本ともいえる「設計」とどのような違いがあるのでしょうか? そこで本記事では、「CADオペレーター」の仕事内容や「設計」との違いについて解説したいと思います。


最新の投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

 モデルハウス、住宅展示場に集客することが営業売上を伸ばす上で大きな要因となります。会社としてのマーケティングや、住宅展示場でのイベントなどによって集客量は大きく変わりますが、実はそれだけではありません。住宅展示場に多くの人が来ていても、来客が多いメーカーとそうでないメーカーに分かれます。企業の認知度だけでなく、現場での工夫が集客量を増やす秘訣です。この記事でモデルハウスなどへの集客方法を3つご紹介いたします。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理