【施工管理なら知っておきたい】工事現場に仮囲いをする目的とは?

【施工管理なら知っておきたい】工事現場に仮囲いをする目的とは?

住宅の新築工事は、周囲に「仮囲い(かりがこい)」と呼ばれるフェンスを設置して行うことが一般的です。 「仮囲い」は、工事を進めるうえで重要な目的があり、とくに施工管理者は万全な計画を立てて確実に設置する必要があります。 では工事期間中に設置する「仮囲い」の重要な目的とはどのようなことでしょうか? また必ず設置しなくてはならないものなのでしょうか? そこで本記事では、施工管理者が知っておきたい工事現場に設置する「仮囲い」の目的について、詳しく解説したいと思います。


住宅の新築工事は、周囲に「仮囲い(かりがこい)」と呼ばれるフェンスを設置して行うことが一般的です。
「仮囲い」は、工事を進めるうえで重要な目的があり、とくに施工管理者は万全な計画を立てて確実に設置する必要があります。

では工事期間中に設置する「仮囲い」の重要な目的とはどのようなことでしょうか?
また必ず設置しなくてはならないものなのでしょうか?

そこで本記事では、施工管理者が知っておきたい工事現場に設置する「仮囲い」の目的について、詳しく解説したいと思います。

仮囲いとは?

そもそも仮囲いとは、工事期間中に現場敷地内の外周に設置する囲いのことをいい、建築基準法によって設置基準が定められています。
その基準とは以下の通りです。

木造の建築物で高さが13m若しくは軒の高さが9mを超えるもの又は木造以外の建築物で2以上の階数を有するものについて、建築、修繕、模様替又は除却のための工事を行う場合においては、工事期間中工事現場の周囲にその地盤面からの高さが1.8m以上の板塀その他これに類する仮囲いを設けなければならない。
ただし、これらと同等以上の効力を有する他の囲いがある場合又は工事現場の周辺若しくは工事の状況により危害防止上支障がない場合においては、この限りでない。
(建築基準法施行令:第136条の2の20)

以上の条件を満たす工事現場においては仮囲いを設置しなくてはなりませんが、一方で当てはまらない場合は必ずしも必要ではありません。
とはいえ、第三者の安全を確保し工事を円滑に進めるためにも、周辺に配慮した仮囲いを設置することが重要になります。

また、工事の着工前には、確認済証の交付を受けた建築物であることを示す「確認表示板」を見えやすい場所に掲示しなくてはならないことが建築基準法によって定められています。

着工にあたって、これらが適切に行われていない現場は、近隣から「十分な管理ができないのでは?」と不安を与えるかもしれません。
よって、仮囲いなどの設置状況は、施工会社および施工管理者の工事に対する姿勢を問われる要素となることは考慮しておく必要があるでしょう。

工事現場に仮囲いをする目的とは?

工事現場に仮囲いをするのはいくつかの目的があります。
その目的とは、おもに以下の3つが挙げられます。

  • 第三者の安全確保
  • 資材やゴミなどの飛散防止
  • 会社のアピール

第三者の安全確保

工事現場内には一般の環境より危険が潜んでいる可能性が高く、安全に対する認識が低い第三者が立ち入ると不測の事態に陥ることがあります。
しかし、仮囲いを設置すると、工事現場と外部を遮断して第三者の安全を確保することが可能となります。

とはいえ、外部と遮断しているから安心ということにはなりません。
例えば、仮囲いの下側から洗い水などが流れ出ると、通行人が足を滑らせたり、衣類を汚したりする可能性も考えられます。

施工管理者は、あらゆるリスクを想定し、よりきめ細かい配慮も必要です。

資材やゴミなどの飛散防止

現場内には、多くの建設資材やゴミなどがあります。
そして、作業中には粉じんが生じることもあり、これらが近隣へ飛散して洗濯物や車を汚したりキズをつけたりした場合はトラブルに発展することがあります。
しかし、仮囲いがあると、現場からモノが飛散して近隣に迷惑をかけることを防止するには非常に効果的です。

また、台風時など強い風が吹くときには仮囲いを超えていくことも予想されるため、より強力な飛散防止の対策をとる必要があります。
例えば、資材をロープで固定したり、あるいはゴミ箱にネットをかぶせたりすることなどです。

施工管理者は、天候による影響なども考慮しておく必要があります。

会社のアピール

住宅会社によっては、仮囲いに社名やロゴマークなどを入れてブランドイメージの向上を図っています。
きれいで周辺に配慮した現場づくりができる住宅会社というアピールができれば、宣伝効果は高まり、集客へとつながる可能性があります。

逆に、仮囲いに社名やロゴマークを入れているにもかかわらず、現場が雑然としていたり、また作業員のマナーが悪かったりすると失客につながるかもしれません。
つまり、会社のアピールをするのは、現場に関わる人たちの行動がともなわないと効果がないということです。

施工管理者は、会社のブランドを汚さないためにも、安全管理や近隣配慮などやるべきことを確実に行う必要があります。

まとめ

工事現場における仮囲いは、近隣住民を守るための措置となるため、施工管理者はしっかりと計画を立てて確実に行わなければなりません。
また、不備があった場合はトラブルに発展する可能性もあります。
仮囲いを一度設置したからと安心するのではなく、着工から完工までしっかりと注意を払っておくことも重要です。

関連する投稿


【土木施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

【土木施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

建設業界で施工管理の仕事をするうえで、取得すると有利な国家資格といえば「施工管理技士」です。 「施工管理技士」には7つの種類があり、なかでも道路や河川などの土木工事に携わるなら「土木施工管理技士」を取得するとよいでしょう。 「土木施工管理技士」を取得することで仕事の幅が広がり、キャリアアップや転職にも大いに役立ちます。 ただし資格の取得には、一定の条件を満たしたうえで試験に合格しなくてはなりません。 そこで本記事では、「土木施工管理技士」の受験資格や取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

住宅建築の現場監督の仕事は、多くの業務をこなしていかなくてはいけません。 なかでも「品質管理」は、建築主の要求に沿ったものを約束の期日までに忠実につくるといった、施工管理として重要な業務のひとつとなります。 工事現場には多くの資材が納入され、また多くの作業員が工事を行います。 これらに間違いが生じることのないよう管理することが「品質管理」のおもな仕事です。 そこで本記事では、現場監督が行う「品質管理」の仕事の内容について、詳しく解説したいと思います。


文系出身でも住宅建築の施工管理はできる?

文系出身でも住宅建築の施工管理はできる?

住宅建築に関わる仕事といえば、理系の人が適しているというイメージを持っている人が多いかもしれません。 とくに施工管理の仕事は、工事の責任者となるだけに専門的な知識が必要です。 では実際のところ、施工管理の仕事は文系出身の人でもできるのでしょうか? 結論として、もちろん可能であり、さらには未経験でも問題ありません。 また、実務経験を積み重ねスキルアップすることで、文系や理系に関係なく昇進や昇給のチャンスがあります。 そこで本記事では、文系出身でも施工管理の仕事が問題なく行える理由について解説したいと思います。


【超重要】現場監督が行う原価管理の仕事

【超重要】現場監督が行う原価管理の仕事

現場監督の仕事は幅広く、現場で起こるあらゆることに取り組まなくてはいけません。 また、工事を進めるうえでムダを抑え、会社の財務健全性を保つために必要な仕事となるのが「原価管理」です。 「原価管理」は、「現場監督よりも経理の仕事では?」と思う人がいるかもしれません。 しかし、建設業界における「原価管理」は、現場監督が行うその他の管理業務との関連性も強いため、一元的に実行していくことが必要なのです。 そこで本記事では、現場監督が行う「原価管理」の仕事について、その詳しい内容をご紹介したいと思います。


最新の投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

 モデルハウス、住宅展示場に集客することが営業売上を伸ばす上で大きな要因となります。会社としてのマーケティングや、住宅展示場でのイベントなどによって集客量は大きく変わりますが、実はそれだけではありません。住宅展示場に多くの人が来ていても、来客が多いメーカーとそうでないメーカーに分かれます。企業の認知度だけでなく、現場での工夫が集客量を増やす秘訣です。この記事でモデルハウスなどへの集客方法を3つご紹介いたします。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理