【ビジネスマンは知っておきたい】アンガーマネジメントとはなに?

【ビジネスマンは知っておきたい】アンガーマネジメントとはなに?

ビジネスにおいて思い通りにいかないことは多く、イライラしたり、あるいは他人や物にあたったりした経験がある人も多いのではないでしょうか? ところが、怒りの感情をダイレクトに表現してしまうと、周囲との距離ができてしまい、マイナスに働くことも少なくありません。 そんな怒りの感情をうまくコントロールする方法が「アンガーマネジメント」です。 また、「アンガーマネジメント」を身に付けると、ビジネスだけでなく、日常生活でも活かせるとして、多くの人が参考にしています。 そこで本記事では、ビジネスマンがぜひ参考にしたい「アンガーマネジメント」について、その内容や方法などをご紹介したいと思います。


ビジネスにおいて思い通りにいかないことは多く、イライラしたり、あるいは他人や物にあたったりした経験がある人も多いのではないでしょうか?
ところが、怒りの感情をダイレクトに表現してしまうと、周囲との距離ができてしまい、マイナスに働くことも少なくありません。

そんな怒りの感情をうまくコントロールする方法が「アンガーマネジメント」です。
また、「アンガーマネジメント」を身に付けると、ビジネスだけでなく、日常生活でも活かせるとして、多くの人が参考にしています。

そこで本記事では、ビジネスマンがぜひ参考にしたい「アンガーマネジメント」について、その内容や方法などをご紹介したいと思います。

アンガーマネジメントとはなに?

アンガーマネジメント(Anger Management)とは、直訳すると「怒りの管理」となり、怒りの感情をコントロールする方法のことをいいます。
怒らないことを目指すわけではなく、場面に応じて適切に付き合えるようコントロールするためのスキルとなります。

アンガーマネジメントは、トレーニングを重ねることで誰にでも習得できるスキルとされていることも、ビジネスマンにとっては魅力といえるでしょう。

そもそも怒りとは

そもそも怒りの感情は、どのように生じるのでしょうか?
例えば、仕事が思い通りにいかないときのように理想とするシナリオにギャップがあると、不安や恐怖などマイナスの感情に支配され、激しいストレスを感じるようになります。

それらストレスが蓄積し、一定の容量を超えることで、怒りが生じます。
つまり、怒りが生じるまでに多くのマイナスの感情があり、許容範囲を超えることで、怒りとなって現れるわけです。

ビジネスにおけるアンガーマネジメントの必要性

ビジネスにおいて、怒りをコントロールすることはきわめて重要な要素となります。
というのも、ビジネスをスムーズに進めるには、相互に信頼できるコミュニケーションを図らなくてはならないためです。

しかし、相手に対し、感情のままに怒りをぶつけてしまうことがあれば、トラブルに発展する可能性もあります。
また、部下や同僚に怒りの矛先を向けてしまうと、場合によってはパワハラとなって責任を追及されるかもしれません。

このような事態を避けるには、怒りの感情をコントロールするアンガーマネジメントが有効なのです。

アンガーマネジメントの資格について

アンガーマネジメントを学び、スキルを習得すると、怒りの感情をコントロールできるようになるため、ビジネスに活かせます。
そして、アンガーマネジメントのスキルを得るには、資格を取得することもひとつの方法です。

アンガーマネジメントの資格として最も知名度が高いのは「一般社団法人日本アンガーマネジメント協会」が認定する「アンガーマネジメントファシリテーター」になります。
「アンガーマネジメントファシリテーター」を取得すると、ビジネスに活かせる他、カウンセラーとしても活躍することが可能です。

【公式】日本アンガーマネジメント協会

https://www.angermanagement.co.jp/

アンガーマネジメントは米国で生まれた怒りの感情と付き合うための心理トレーニングです。アンガーマネジメントの専門家資格養成講座開催中。アメリカの資格認定も取得可能。アンガーマネジメントの各種企業研修も対面、オンラインで実施中。

アンガーマネジメントの方法について

アンガーマネジメントとは、怒りに振り回されないよう適切にコントロールすることをいいます。
怒りをコントロールするには、いくつかの方法がありますが、例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 6秒待つ
  • 怒りを数値化してみる
  • 「○○すべき」という考えを見直す

6秒待つ

怒りの感情が生じたとき、そのピークは6秒といわれています。
そのため、怒りを感じた場合でも、6秒待つことで衝動的な行動を抑えられるようになります。

ただし、完全に怒りを消せるわけではなく、自制を図れる程度に気持ちを落ち着かせられるというものです。
怒りを感じたときに、心の中で6秒数え、落ち着きを取り戻していることを確認するなど、繰り返しトレーニングを積み重ねるとよいでしょう。

怒りを数値化してみる

怒りを感じたとき、その感情を数値化することで、冷静に考えられるようになります。
例えば、最も穏やかな感情を0、最大の怒りの感情を10として、10段階で評価します。

怒りを感じたときに、現在はどのレベルにあるのか数値化して考えることで客観的に捉えられるようになり、落ち着きを取り戻せるといったロジックです。
また、過去の怒りのレベルと比較できるため、「以前よりまし」といった考え方もできます。

「○○すべき」という考えを見直す

「○○すべき」という考えが強すぎると、相手に対しても同様に求めてしまい、ギャップが生じると怒りの感情に変わることがあります。

価値観は人によって異なります。
自分と違う考えもあることを理解し、相手に対して求め過ぎないよう配慮することも重要です。
そうすることで、ストレスの軽減につながり、怒りの感情を抑えられるようになります。

まとめ

アンガーマネジメントは、怒りをコントロールするためのスキルのことをいいます。
このスキルを習得できると、仕事はもちろんのこと、日常生活にも活かせるようになります。

怒りの感情が抑えられず、コミュニケーションを図ることが苦手な人は、アンガーマネジメントを学んでみるとよいでしょう。

関連するキーワード


働き方

関連する投稿


職業選択の自由とはどういう意味?同業他社への転職の制約は有効?

職業選択の自由とはどういう意味?同業他社への転職の制約は有効?

転職や就職を考えるとき、わたしたちは、基本的にどのような職業でも選べますが、これは、日本国憲法により「職業選択の自由」が保障されていることが大きな理由です。 では、「職業選択の自由」とは具体的にどのようなことをいうのでしょうか? また、会社によっては、いわゆる「競業避止義務」を労働契約のなかに含め、同業他社への転職に制約を課しているケースも見られます。 このような労働契約は、会社側の利益を守る措置ともとれますが、「職業選択の自由」に反する行為でもあることは疑問が残る点です。 そこで本記事では、そもそも「職業選択の自由」とはどのような意味があるのか、また同業他社への転職を禁止するような契約は有効なのか、解説したいと思います。


副業で有利な資格【5選】

副業で有利な資格【5選】

近年、副業を解禁する会社は増加傾向にあり、実際に取り組んでいる人も多いのではないでしょうか? 副業の魅力といえば、これまで以上に収入が増えるということです。 とはいえ、副業を始めれば誰でも収入を増やせるのかというと、それほど簡単ではなく、やはり一定のスキルが必要となります。 そのスキルといえば、なんといっても資格を取得することです。 そこで本記事では、副業で有利となる資格について、とくに収入を得やすい5つをご紹介したいと思います。


株主総会とはなに?決めるための方法や種類など徹底解説

株主総会とはなに?決めるための方法や種類など徹底解説

日本国内で最もポピュラーな会社形態といえば、株式会社です。 そして、会社法では、株式会社に必ず置かなければならない機関が定められています。 その機関とは、「取締役」と、そして「株主総会」です。 「株主総会」といえば、株式投資をしている人にとってはなじみのある言葉かもしれません。 しかし、具体的にどのような内容で、またどれだけ重要な意味を持つものかよくわからない人も多いのではないでしょうか? そこで本記事では、株式会社にとってきわめて重要な機関である「株主総会」について、どのように決議するのか、また「株主総会」にはどのような種類があるのかなど徹底解説したいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職する際に知っておきたい5つのポイント

【転職活動の基礎知識】退職する際に知っておきたい5つのポイント

転職を決意したら、退職するまでの間にさまざまな手続きが必要となります。 とはいえ、会社によっては強い引き留めにあったり、あるいは理由をつけてなかなか辞めさせてもらえなかったりなど、思い通りにいかないケースも少なくありません。 しかし、退職は、労働者の意思により自由に行えることが認められており、決意したのであれば粛々と進めることが重要です。 そこで本記事では、会社を退職するときの手続きを、スムーズに進めるために知っておきたい5つのポイントをご紹介したいと思います。


パワハラで労災になることがあるって本当?認定の条件とは

パワハラで労災になることがあるって本当?認定の条件とは

仕事中や通勤中に労働者がケガや病気をした場合、その補償を受けられる制度が「労災保険」となります。 そして、ケガや病気の原因が「パワハラ(パワーハラスメント)」である場合でも、「労災保険」が認められ、補償が受けられる可能性があります。 これは、2020年の「改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)」の施工にともない、労災認定基準に「パワハラ」の項目が追加されたことに端を発します。 では、「パワハラ」が労災認定されるには。どのような条件を満たす必要があるのでしょうか? そこで本記事では、「パワハラ」が労災認定されるための条件について、詳しく解説したいと思います。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理