社会人が効率的に資格勉強をする4つの方法

社会人が効率的に資格勉強をする4つの方法

社会人にとって、キャリアアップや収入アップを図るための方法として高い効果が期待できるのは、資格を取得することです。 しかし、資格の取得は簡単なことではなく、必要な知識を身に付けたうえで試験に合格しなくてはなりません。 よって、仕事と資格勉強を両立する必要があり、限られた時間のなかで効率のよい勉強を行うことが求められます。 そこで本記事では、資格取得を目指す社会人が効率よく勉強する方法についてご紹介したいと思います。


社会人にとって、キャリアアップや収入アップを図るための方法として高い効果が期待できるのは、資格を取得することです。
しかし、資格の取得は簡単なことではなく、必要な知識を身に付けたうえで試験に合格しなくてはなりません。

よって、仕事と資格勉強を両立する必要があり、限られた時間のなかで効率のよい勉強を行うことが求められます。
そこで本記事では、資格取得を目指す社会人が効率よく勉強する方法についてご紹介したいと思います。

社会人が効率的に資格勉強をする方法とは

社会人が仕事と資格勉強を両立するには、効率的に行うことが重要になります。
勉強方法にもさまざまありますが、なかでもおすすめなのは以下の4つです。

  • 隙間時間を活用する
  • インプットよりアウトプットの比率を高める
  • スケジュールを確立しルーティン化する
  • 効率のよいタイミングで復習を繰り返す

隙間時間を活用する

隙間時間を活用するといっても、どれほどの効果が期待できるのか疑問を感じる人は多いかもしれません。
しかし、隙間時間を合計すると、意外に多くの時間を確保できることがわかります。

例えば、通勤や食事、トイレなどですが、これらの時間を資格勉強として活用するかどうかで、他の受験生と差が生まれるといっても過言ではありません。
聞き流しや読み流しなど、いわゆるインプットに充てるだけでも効果は得られます。

睡眠時間を無理に削って勉強時間を設けるよりも、まずは隙間時間を有効に活用することを意識してみるとよいでしょう。

インプットよりアウトプットの比率を高める

勉強方法には大きく「インプット」と「アウトプット」の2つに分けられます。
それぞれの意味は以下の通りです。

  • インプット:知識を蓄えるための勉強
  • アウトプット:知識を使い活用するための勉強

資格試験に合格するには、必要な知識を蓄えているだけでなく、問題用紙を目の前にして、その知識を活用することで解答を導き出さなければなりません。

しかし「インプット」学習だけでは、常に受け身であるため、記憶として定着しにくい傾向にあります。
一方、「アウトプット」学習を行うと、解答を導くために脳を使うため、記憶として定着しやすくなるのです。

「インプット」と「アウトプット」の効果的な比率は3:7といわれています。
「聞く」「見る」「書く」などの勉強より、「実際に解く」「他人に教える」などの勉強を重視すると、記憶の定着を高められます。

スケジュールを確立しルーティン化する

1日のスケジュールのなかに勉強のための決まった時間を設け、ルーティン化することで、確実に取り組めるようになります。
例えば、朝の6~7時と夜の8~9時は勉強時間と決め、毎日決まった時間にアラームなどを設定して行えば、メリハリよく集中して取り組めるようになります。

一方、やってはいけないことといえば、時間を決めず、無計画にやろうとすることです。
よって、勉強時間だけでなく、食事や入浴など生活全般をルーティン化することで、ムダな時間を削減し、継続的に取り組みやすくなるでしょう。

効率のよいタイミングで復習を繰り返す

資格勉強では、繰り返し復習を行って記憶の定着を促すことが非常に重要です。
しかし、ただ繰り返すだけでなく、適切なタイミングで復習を行い、効率的な記憶の定着を図ることがポイントとなります。

人間の記憶のメカニズムを表すものに「エビングハウスの忘却曲線」があります。
「エビングハウスの忘却曲線」とは、人が記憶したことをどのくらいで忘れていくのか示すものです。

「エビングハウスの忘却曲線」によると、忘却率は以下のようになっています。

  • 20分後:42
  • 1時間後:56
  • 1日後:74
  • 1週間後:77
  • 1ヶ月後:79




以上のように、人間の脳は時間の経過とともに徐々に忘れていくようになっており、1ヶ月を経過すると記憶を79%も忘れてしまうというのです。
そのため、ただ繰り返し復習をするのではなく、以下のように忘れたタイミングで実施することがポイントとなります。

  • 翌日の復習
  • 1週間後の復習
  • 1ヶ月後の復習


以上の3つのタイミングで復習することで、記憶の定着率が高まるといわれています。
また、さらに繰り返し行うと、より高い効果が期待できるうえ、自信と安心も得られるでしょう。

まとめ

社会人の資格勉強は非常に大変ですが、取得できれば得られるものも非常に大きいといえます。
しかし、戦略もなく勉強するのではなく、効率を高めて行うことが重要です。

関連するキーワード


資格

関連する投稿


建設業界の積算とはどんな仕事?資格は必要?

建設業界の積算とはどんな仕事?資格は必要?

建設業界で特有の仕事に「積算」という職種があります。 「積算」は、建築物をつくる過程で欠かせない仕事であり、また同時に責任の重い仕事でもあります。 では、「積算」とは具体的にどのような仕事なのでしょうか? また「積算」の仕事するうえで資格を取得しなくてはならないのでしょうか? そこで本記事では、建設業界における「積算」とは具体的にどのような仕事をするのか、また資格は必要なのかなど解説したいと思います。


【転職に有利】電気工事士資格の概要や取得するとできる仕事とは?

【転職に有利】電気工事士資格の概要や取得するとできる仕事とは?

わたしたちの生活には電気が欠かせません。 そのため、住宅建築において電気工事は必ず必要になります。 しかし、電気工事は感電や漏電による火災などの危険がともなうことから、法律によって有資格者にしか工事は認められていません。 そして、その電気工事を行うときに必要な資格が「電気工事士」になります。 つまり「電気工事士」は、きわめてニーズの高い資格であり職業なのです。 そこで本記事では、「電気工事士」資格の概要と取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

施工管理の仕事に就くうえで取得しておきたい国家資格といえば「施工管理技士」になります。 「施工管理技士」にもいくつかの種類があり、なかでも電気工事に関する施工管理を行うなら「電気工事施工管理技士」を取得すると活躍のチャンスは増えるでしょう。 しかし「電気工事施工管理技士」は誰にでも取得できるわけではなく、一定の受験資格を満たし、そのうえで試験に合格する必要があります。 また「電気工事施工管理技士」の有資格者でなければできない仕事もあることは注目しておきたいポイントです。 そこで本記事では、「電気工事施工管理技士」の受験資格や取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


【CADオペレーター】仕事内容や設計との違いを解説

【CADオペレーター】仕事内容や設計との違いを解説

家づくりの現場において、欠かせない仕事のひとつに「CADオペレーター」があります。 CADとは「Computer Aided Design」の略称で、パソコンを使って設計をすること、あるいはそのために必要なソフトウェアのことをいいます。 そしてCADソフトを用いて製図をする人が「CADオペレーター」です。 では、実際の「CADオペレーター」は、具体的にどのような仕事を行っているのでしょうか? また家づくりの基本ともいえる「設計」とどのような違いがあるのでしょうか? そこで本記事では、「CADオペレーター」の仕事内容や「設計」との違いについて解説したいと思います。


【インテリアコーディネーター】仕事内容や必要資格などを解説

【インテリアコーディネーター】仕事内容や必要資格などを解説

住宅建設に関わる仕事のひとつに「インテリアコーディネーター」があります。 「インテリアコーディネーター」は、クライアントごとに異なるイメージや想いを具体的な形へとつくりあげていく仕事です。 では、実際の「インテリアコーディネーター」は、具体的にどのような仕事を行っているのでしょうか? また資格は必要なのでしょうか? そこで本記事では、「インテリアコーディネーター」の仕事内容や必要資格などについて解説したいと思います。


最新の投稿


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

 ①では、追加オプションの例を外壁と屋根でご説明いたしました。②では外構や室内での追加オプションについてご紹介いたします。オプションは細かく見ていくと様々ありますが、ここでは代表的なものを取り上げています。住宅営業として次はこんな提案をしてみようという単価アップに役立つと同時に、お客様に喜ばれることが増えることにお役立ちいただければと思います。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

 住宅営業マンはお客様の要望を聞き、まず気に入られて信頼してもらい、数ヶ月の打ち合わせ期間を経て契約に至ります。同じような営業をして同じ坪数同じ客層であっても単価の高い営業マンと低い営業マンがいます。その違いは知識ももちろんありますが、一番の違いはなんでしょうか。この記事ではイエスマンにならずにお客様に良い提案をすることでオプション単価を上げる方法をご紹介いたします。


輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

 輸入住宅は一定層のお客様に人気で、特徴的な外観が一番惹かれるポイントです。そのため他のハウスメーカーなどの住宅とは全く違うものとなるため、お客様も予算が合えば輸入住宅でのみ購入を考えているという方が多いです。営業としても競合がいないため売りやすいです。この記事では転職の際に輸入住宅営業マンとして働くことのメリットデメリットをご紹介いたします。


【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

 ハウスメーカーや、住宅営業の事務員はどのような仕事をしているのでしょうか。一般的な会社の事務員と聞くと、コピーや簡単なPC入力、その他雑務をイメージするのではないでしょうか。住宅事務も同じような仕事内容ですが、この記事では具体的な仕事内容、勤務場所、募集内容などについてご紹介いたします。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 営業 職人 風水 現場監理