【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

住宅建築の現場監督の仕事は、多くの業務をこなしていかなくてはいけません。 なかでも「品質管理」は、建築主の要求に沿ったものを約束の期日までに忠実につくるといった、施工管理として重要な業務のひとつとなります。 工事現場には多くの資材が納入され、また多くの作業員が工事を行います。 これらに間違いが生じることのないよう管理することが「品質管理」のおもな仕事です。 そこで本記事では、現場監督が行う「品質管理」の仕事の内容について、詳しく解説したいと思います。


住宅建築の現場監督の仕事は、多くの業務をこなしていかなくてはいけません。
なかでも「品質管理」は、建築主の要求に沿ったものを約束の期日までに忠実につくるといった、施工管理として重要な業務のひとつとなります。

工事現場には多くの資材が納入され、また多くの作業員が工事を行います。
これらに間違いが生じることのないよう管理することが「品質管理」のおもな仕事です。
そこで本記事では、現場監督が行う「品質管理」の仕事の内容について、詳しく解説したいと思います。

現場監督が行う品質管理の仕事内容

現場監督は、工事を進めるにあたり非常に多くの業務をこなさなくてはいけませんが、とくに重要なものといえば以下の4つです。

  • 工程管理
  • 安全管理
  • 品質管理
  • 原価管理

これらのうち品質管理とは、建築主との約束でもある設計図面の品質を満たすために管理することをいいます。
住宅建築においては、建築主の要求するものを設計者が設計図面や仕様書として作成し、見積もりなどを含めて承認を得ることで契約の締結となります。

そのため、設計図面や仕様書に記載されていることは、現場の都合によって勝手に変更することはできません。
もし、建築主の了解を得ることなく変更が行われ、必要な強度が得られなかったり、あるいは違う設備が取り付けられていたりすると、きわめて大きな問題となるでしょう。

そのようなことが起こらないようにするため、現場監督による「品質管理」が必要なのです。

現場監督が行う品質管理の方法

現場監督が工事に関する品質を確保するための具体的な方法をご紹介いたします。

自社検査の実施

工事期間中は、品質を確保するためにさまざまな検査が行われます。
おもな検査は以下の通りです。

  • 行政機関などで行われる「建築基準法に基づく検査」
  • 瑕疵担保責任保険法人で行われる「住宅瑕疵担保責任保険の検査」
  • 工事監理者で行われる「工事監理者検査」
  • 住宅会社で行われる「自社検査」

これらのなかでも、とくに重要な検査といえるのは、住宅会社が独自で行う自社検査になるでしょう。
というのも、自社検査以外の検査は要所で行われるスポット的な要素が強く、また一方で常駐ではないにせよ専門業者を厳しく管理できる立場にあるためです。

よって、会社のルールに則って自社検査を必ず実施し、間違いのないことを確認しなくてはいけません。
そのうえで、検査の合格をもって次の工程に移行することを周知徹底する必要があるでしょう。

なお、住宅建築の工事中に行われる検査については「【住宅建築の基礎知識】新築工事で実施する検査の種類とは?」の記事で詳しく解説しています。

工事の記録を残す

工事中の各工程における品質を得る重要なポイントとして、必ず写真を撮り記録として残しておくことが挙げられます。
なぜなら、工事が完成した後では、隠れてしまう個所が多く適正な工事が行われたのか確認できないためです。

例えば、基礎工事では、適正な強度を得るには鉄筋の種類や配置などが正しく施工されていることが重要になりますが、コンクリートを流し込むとその後は確認できません。
これら重要項目について写真を撮っておくことで、品質を確保できている証明となります。

品質管理は工程を安定させることもポイント

品質管理は、おもに設計図面通りにつくることをいいますが、ゆとりのある工程で工事が進むこともポイントになります。
その理由は、工程に余裕がないと、かえって品質を損ねかねない状況が生まれやすくなるためです。

例えば、工程が遅れてしまうと、遅れを取り戻すために人員を多く入れて対応することもあります。
そうなると、工事に対する責任が分散されることで雑な施工になったり、また現場が雑然とすることで仕上げ材にキズが付いたりしやすくなります。

また、現場監督に余裕がないと、問題点に気づきにくく何かあっても見逃してしまうことになるかもしれません。
設計図面通りの品質を得ることと工程を安定させることは、セットで取り組むことが品質管理には重要なのです。

まとめ

現場監督の品質管理は、建築主との約束を守るため、そして信頼を得るためにもきわめて重要な業務となります。

また、品質管理は現場監督ひとりの力でなんとかなるようなことではありません。
各工事を担当する専門業者に協力してもらうことが必要になるため、コミュニケーション能力も求められます。

現場監督は、非常に責任の大きな仕事です。
しかし一方で、完成品質が建築主に満足を得られたときは感謝の言葉を直接もらえることもあるなど、やりがいを感じられる仕事でもあります。



※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


施工管理 現場監理

関連する投稿


文系出身でも住宅建築の施工管理はできる?

文系出身でも住宅建築の施工管理はできる?

住宅建築に関わる仕事といえば、理系の人が適しているというイメージを持っている人が多いかもしれません。 とくに施工管理の仕事は、工事の責任者となるだけに専門的な知識が必要です。 では実際のところ、施工管理の仕事は文系出身の人でもできるのでしょうか? 結論として、もちろん可能であり、さらには未経験でも問題ありません。 また、実務経験を積み重ねスキルアップすることで、文系や理系に関係なく昇進や昇給のチャンスがあります。 そこで本記事では、文系出身でも施工管理の仕事が問題なく行える理由について解説したいと思います。


【超重要】現場監督が行う原価管理の仕事

【超重要】現場監督が行う原価管理の仕事

現場監督の仕事は幅広く、現場で起こるあらゆることに取り組まなくてはいけません。 また、工事を進めるうえでムダを抑え、会社の財務健全性を保つために必要な仕事となるのが「原価管理」です。 「原価管理」は、「現場監督よりも経理の仕事では?」と思う人がいるかもしれません。 しかし、建設業界における「原価管理」は、現場監督が行うその他の管理業務との関連性も強いため、一元的に実行していくことが必要なのです。 そこで本記事では、現場監督が行う「原価管理」の仕事について、その詳しい内容をご紹介したいと思います。


30代未経験でも施工管理の転職はできる?

30代未経験でも施工管理の転職はできる?

30代での転職は、今や当たり前となっています。 しかし、施工管理への転職を未経験で検討している場合、「実際、やっていけるの?」と不安に思う人も多いのではないでしょうか。 施工管理の仕事は、覚えることが多く、またさまざまなスキルが求められる仕事ですが、30代未経験でも十分に活躍できる可能性があります。 むしろ、30代のほうがうまく機能するシーンもあるため、臆することなくチャレンジしてみるとよいでしょう。 そこで本記事では、30代未経験でも施工管理への転職が可能な理由についてご紹介したいと思います。


ハウスメーカーの現場監督の仕事とは?ゼネコンとの違いは?

ハウスメーカーの現場監督の仕事とは?ゼネコンとの違いは?

ハウスメーカーの現場監督は、どのような仕事しているのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか? ハウスメーカーとは、戸建て住宅の建設と販売を行う会社のことをいいます。 おもに自社の規格を確立していることが多く、工業化やマニュアル化によって効率的な家づくりを可能としています。 またハウスメーカーの家づくりにおける実際の施工は、下請けの工務店とその協力工事会社が行っていることが一般的です。 そのため、ハウスメーカーの現場監督は、ゼネコンと比べると仕事内容は少し異なります。 そこで本記事では、ハウスメーカーの現場監督の仕事内容について、またゼネコンの場合とどのような違いがあるのかご紹介したいと思います


【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

施工管理の仕事に就くうえで取得しておきたい国家資格といえば「施工管理技士」になります。 「施工管理技士」にもいくつかの種類があり、なかでも電気工事に関する施工管理を行うなら「電気工事施工管理技士」を取得すると活躍のチャンスは増えるでしょう。 しかし「電気工事施工管理技士」は誰にでも取得できるわけではなく、一定の受験資格を満たし、そのうえで試験に合格する必要があります。 また「電気工事施工管理技士」の有資格者でなければできない仕事もあることは注目しておきたいポイントです。 そこで本記事では、「電気工事施工管理技士」の受験資格や取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

住宅建築の現場監督の仕事は、多くの業務をこなしていかなくてはいけません。 なかでも「品質管理」は、建築主の要求に沿ったものを約束の期日までに忠実につくるといった、施工管理として重要な業務のひとつとなります。 工事現場には多くの資材が納入され、また多くの作業員が工事を行います。 これらに間違いが生じることのないよう管理することが「品質管理」のおもな仕事です。 そこで本記事では、現場監督が行う「品質管理」の仕事の内容について、詳しく解説したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理