住宅業界では自分がミスをしなくてもクレームになることも|実際にあったクレーム例をご紹介

住宅業界では自分がミスをしなくてもクレームになることも|実際にあったクレーム例をご紹介

 住宅業界はクレーム産業と言われるほどクレームが多い業界です。これから転職をする際に、クレーム対応をしなければならないのか、自分のミスでクレームになるのか、クレームに対処できるのかなど不安を抱えている方が多いです。場合によっては、クレームが解決しないで裁判になり、大変な労力と心労があるのではないかとイメージするかと思います。しかし、ほとんどはクレームと言っても誠意に対応すれば解決する場合がほとんどです。この記事では具体的なクレーム例とその解決した方法をご紹介していきます。


営業の連絡不足・スケジュール管理のミス

 営業のお客様への連絡が少ない、アポイントの日時が違ったなどのスケジュール管理のミスが実はクレームとして多いです。アポイントを忘れてしまったりすることは完全にNGですが、少しの行き違いでクレームになります。お客様はこれから何千万という買い物をするにあたり、非常にナーバスになっています。例えば3000万円の買い物をするにあたり、お客様は3000万円のサービスを求めています。1000万円の宝石を買うときに営業マンが雑だったら嫌な気分になりますよね?住宅を購入する際にも同じように高級なサービスを受けられると考えている人も多いのです。
 平日火曜水曜が定休日のお客様がいらっしゃり、最初のアポイントをとる電話を営業マンがしました。そこでその営業マンは土日の日時を提案し、平日は全て今月は空いていませんと伝えてしまいました。この電話はアポの取り直しということで終わったのですが、お客様から1時間後に会社にクレームの電話が入りました。お客様は平日のみ話ができると伝えていたのに、営業マンが忘れていて非常に不愉快になったとのクレームです。厳しいお客様だったのかと思うかもしれませんが、これから住宅を建てるために打ち合わせが何度もあります。そこで伝えていた細かいことなどが、その営業マンは忘れてしまうだろうと判断されます。これは非常にお客様にとって苦痛になってしまいますよね。このような場合、会社で営業担当を変更することで対処することもあります。

キッチンの高さを90cmと言っていたのに、標準の85cmだった

 営業マンとお客様とのやり取りは以下のようでした。
営業 「キッチンの高さですが、こちらの標準仕様でよろしいでしょうか。」
お客様「そうですね。できれば高い方がいいかなと思っています。できますか?」
営業 「はいできますよ。何センチにしましょうか。」
お客様「90cmで考えているのですがまだわからないので、考えておきます」
営業 「まだ間に合いますので、そのときにまたお伺いしますね。」

と、ここまでのやり取りで終わり、この後お客様も営業マンもキッチンのことを忘れてしまいました。そして住宅の設計が終わり、建設も始め、設備工事などを行っている段階で、お客様が「キッチンの高さはどうなっていますか?」と営業マンに聞きました。営業マンは「標準仕様で85cmですよ。」と答え、お客様とのやりとりを忘れていたためクレームになってしまいました。このとき、実はお客様もうっかり忘れていて確認し忘れたと思っています。しかし、お客様は昔のやりとりも忘れているため、「90cmと伝えていたのに、標準になっている。」とクレームになります。いわゆる言った言わないのトラブルです。もちろん営業マンが忘れていたのが悪いですが、営業マンも昔のやりとりを忘れている場合があります。しかしお客様が90cmと伝えていたと言われれば、90cmに施工し直す対処をとるしかありません。このようなトラブルは非常に多いです。
 似たような事例でも、再施工に費用がかなりかかってしまう場合、お客様と施工業者で負担金の割合の折衝が行われる場合などもあります。最終の打ち合わせ時に、かなり細かい部分まで営業マンとお客様で相互確認を行っておく必要があります。

コンセントの位置・数が足りない

 これも良くあることです。設計上は図面に書いてあるにもかかわらず、現場で職人の確認漏れがあり、イレギュラーな位置にあるコンセントを作り忘れてしまった例です。内装も全て出来上がってしまった後に追加でコンセントを新設する場合、壁に穴を開けてクロスも剥がして行わなければならないため、施主が新築なのにそのようなことになるのは嫌がる傾向にあります。そのため内装(下地からの場合も)を壁一面剥がして施工し直す処置を行ったそうです。

入居後2年での雨漏り

 雨漏りは瑕疵担保責任保険で適用されるため、費用面ではそこまで双方に負担はありません。しかし、築後2年で雨漏りをするとなると、欠陥住宅なのではないかなどお客様は不安に駆られます。丁寧な対応をしていても、少しの不手際や言葉使いなどからお客様がお怒りになり、クレームとして何ヶ月も続くこともあるようです。ただしっかりと雨漏りを直し、真摯にアフターフォローを続けていれば安心できる業者に頼んだという印象を与えることもできます。

入居して6年での外壁のヒビ

 外壁にヒビが築6年で入ると、欠陥住宅なのではないかとクレームになることがあります。お客様は外装材は少なくとも10年は何もしなくても壊れないと思っている方が多いです。しかし実際は築5年からよく見るとヒビなどの劣化が目立ってくる住宅は多くあります。住宅を購入する際、そのような話を聞かされていないため、クレームになってしまいます。こういった場合も、施工業者が簡単な補修などを行い対処することが多いようです。まれに外壁1面を張り替えることで対応したという業者もいるようです。






※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


住宅 クレーム

関連する投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

 住宅や街の至る所にコンクリートは使われています。しかし、コンクリートとは何でできているのか知らない方も多いです。コンクリートはコンクリートと考えている方が多いでしょう。そこでコンクリートがどのようなものからできているのかを知ることで、住宅のコンクリート劣化などがどうして起こるのか、コンクリートの質や特性について知るきっかけとしていただければと思います。


【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

 住宅建設において地盤調査をして、地盤によっては地盤改良が必要と判断されることがあります。ここで地盤調査というものがどのようなものか知らない方も多いのではないでしょうか。住宅営業に携わっている方も工事現場などをみたことのない方も多く、知らないままの人も多いです。ただお客様に説明するときにある程度の知識を持っていた方が望ましいです。この記事では簡単にわかりやすくご紹介いたします。


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理