【転職前に知っておきたい】住宅業界の職種とその仕事内容とは?

【転職前に知っておきたい】住宅業界の職種とその仕事内容とは?

住宅業界といえば一般的に戸建ての住宅メーカーのことを指します。 そして住宅メーカーには特有ともいえるいくつかの職種がありますが、それぞれの仕事はまったく違った内容であり、また適性も異なります。 住宅業界に転職したいと思っているなら、まずはどのような職種を活躍の場とするのかを決めることが重要です。 そこで本記事では、住宅業界の代表的な職種について、どのような仕事内容なのか詳しくご紹介したいと思います。


住宅業界といえば一般的に戸建ての住宅メーカーのことを指します。
そして住宅メーカーには特有ともいえるいくつかの職種がありますが、それぞれの仕事はまったく違った内容であり、また適性も異なります。

住宅業界に転職したいと思っているなら、まずはどのような職種を活躍の場とするのかを決めることが重要です。
そこで本記事では、住宅業界の代表的な職種について、どのような仕事内容なのか詳しくご紹介したいと思います。

住宅業界の職種とその仕事内容とは?

住宅業界の代表的な職種といえば、以下の3つになります。

  • 営業
  • 設計
  • 施工管理

営業

住宅業界の営業の仕事は、自社で建設する住宅を購入してもらえるよう働きかけ、契約に結び付ける職種です。

おもに住宅展示場に訪れた人をフォローする形で提案を行い、何度かのヒアリングを重ねながら予算や間取りなど理想の住まいづくりへとつなげていきます。
そのため、住宅展示場に集客するためのイベントや、また工事中の現場や完成した家の見学会などの企画づくりも重要なポイントになります。

その他にも、契約にいたると特典が得られる「紹介制度」を導入している会社も多く、関係業者や購入者、知人などに依頼して顧客の獲得を図ることも有効な営業手段のひとつです。
住宅を販売するという、商品の金額が大きいだけに契約に結び付けることは簡単ではありませんが、一方で成果によっては高収入が期待できます。

コミュニケーション能力に長け、粘り強く前向きに取り組める人には適性のある職種といえます。
また住宅業界の営業は、「宅地建物取引主任者」や「ファイナンシャルプランナー」などの資格を取得していると転職や実際の仕事にも生かせるでしょう。

設計

住宅業界の設計の仕事は、住宅の設計図面や施工図面などを作成する職種です。

営業担当者と一緒に顧客がもつイメージや希望などをヒアリングしたうえで、設計図面を作成し提案を進めます。
その他、行政機関へ建築確認申請などの事務処理を行ったり、図面通りの施工ができているか確認する監理業務を行ったりすることもあります

設計職だけにデスクワークが多くなりますが、顧客とのやり取りのなかでニーズをうまく引き出すことも重要になるため、コミュニケーションスキルも必要です。
そして、センス磨くことも必要な要素となることから、コツコツと根気強く学ぶ向上心のある人は適性があるといえます。

また設計図面の作成は、要望を形にするだけでなく建築基準法など法律を必ず守らなくてはいけません。
よって、専門的な知識を身に付けることは必須であり、とくに設計の仕事に就く場合に必要となるのが「建築士」の資格です。
その他にも「インテリアコーディネーター」資格を取得すると、違った角度からの提案も可能になるなど、仕事の幅も広がるでしょう。

施工管理

住宅業界の施工管理の仕事は、完成した設計図面をもとに正しく施工されていることを管理する職種です。
契約が終わって工事が着工すると、営業から施工管理へと窓口が移行することが一般的に多くなります。

施工管理の重要な業務といえば、「工程管理」「安全管理」「品質管理」「原価管理」です。
しかし、これら業務を円滑に進めるには、現場で実際に作業する専門業者の協力が欠かせません。

コミュニケーションを取りながら良好な人間関係を構築することも重要ですが、とくに安全に関わることなどは強いリーダーシップを発揮する能力も求められるスキルです。
さらに、施工管理は多くの業務を同時に進めていく必要があることから、マルチタスクが得意な人は適性があるといえます。

また、すべての現場には主任技術者や監理技術者などの技術者を配置しないといけないことが法律によって定められています。
これら技術者は、一定の実務経験を有しているか、あるいは「施工管理技士」の資格を取得していることが条件です。
よって施工管理の仕事に就く場合、キャリアアップを図るためにも「施工管理技士」の資格取得は目指す必要があるでしょう。

まとめ

住宅を含む建設業界は、高齢化と人手不足が深刻な課題となっており優秀な人材の獲得は急務となっています。
コロナ後の企業業績を見きわめる必要はあるものの、転職を目指すにはチャンスといえるでしょう。

また、住宅業界に転職するなら適性のある職種を選ぶことが長く続けるうえでポイントになります。
ただし、やってみないとわからないことも多く、スキルも経験を重ねながら身に付くものでもあるため、興味があるならまずチャレンジしてみるのもひとつの方法といえるでしょう。




※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


住宅 転職

関連する投稿


【超高齢社会の到来】高齢化を支えるバリアフリー住宅とは

【超高齢社会の到来】高齢化を支えるバリアフリー住宅とは

超高齢化社会の到来とともに、バリアフリー住宅のニーズが高まっています。 しかし、バリアフリー住宅とは具体的にどのようなものなのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか? 一般的にバリアフリー住宅とは、高齢者や障がい者にとって障壁をなるものを取り除き、安心で安全な生活をサポートする住まいのことをいいます。 住まいのバリアフリー化は、これからの住宅業界にとって新しい需要であり、時代のニーズと捉えていく必要があります。 そこで本記事では、バリアフリー住宅とは具体的にどのようなものなのか、おもに高齢化を支えるための視点からご紹介したいと思います。


住宅業界はデジタル化が遅れてる!?リモートワークや施工管理のデジタル化はどこまで進んでいるのか

住宅業界はデジタル化が遅れてる!?リモートワークや施工管理のデジタル化はどこまで進んでいるのか

 住宅業界のデジタル化事情はどうなっているのでしょうか。住宅業界といってもハウスメーカーや、工務店、不動産の住宅販売業など様々です。新型コロナウイルスの影響もあり、リモートワークを導入しているのか、デジタル化はどこまで進んでいるのか気になる方も多いのではないでしょうか。この記事では住宅業界の細かい仕事内容にどこまでデジタル化が対応してきているのかご紹介します。


【ブラック企業】住宅営業は全てブラック?残業手当、休日なし、有給取れない、実態はどうなの?

【ブラック企業】住宅営業は全てブラック?残業手当、休日なし、有給取れない、実態はどうなの?

 住宅営業と聞くと、キツい、休みが取れない、ブラックなのではないか、そのような内容の情報に溢れています。しかし売れている営業マンなどの話を聞くと反対に給与がかなり良く、ハキハキとしている人が多いのも事実です。実際に住宅営業はどのような実態で、ブラックと言われている所以はどのようなものなのでしょうか。この記事では、住宅営業を行っていた社員から聞いた情報をまとめてご紹介します。


【高需要】建設業界の人手不足は慢性的になっている!?それでも年収が低い、不人気の理由について

【高需要】建設業界の人手不足は慢性的になっている!?それでも年収が低い、不人気の理由について

 建設業界は人手不足が慢性的となっています。住宅は減っているなど言われていますが、建設業全体で見ると仕事量が減っているということはないのです。戸建て住宅がなければマンションの建設、維持管理は建設業者が行います。新築住宅がなくても、リフォームの需要があります。そのため建設業全体で見ると人材は常に必要とされているのです。しかしそれでも年収が低い職種があったり、不人気な理由はどうしてなのでしょうか。


【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

【電気工事施工管理技士】受験資格や取得するとできる仕事とは?

施工管理の仕事に就くうえで取得しておきたい国家資格といえば「施工管理技士」になります。 「施工管理技士」にもいくつかの種類があり、なかでも電気工事に関する施工管理を行うなら「電気工事施工管理技士」を取得すると活躍のチャンスは増えるでしょう。 しかし「電気工事施工管理技士」は誰にでも取得できるわけではなく、一定の受験資格を満たし、そのうえで試験に合格する必要があります。 また「電気工事施工管理技士」の有資格者でなければできない仕事もあることは注目しておきたいポイントです。 そこで本記事では、「電気工事施工管理技士」の受験資格や取得するとできる仕事についてご紹介したいと思います。


最新の投稿


男社会の施工管理に女性は進出できるのか?

男社会の施工管理に女性は進出できるのか?

男女共同参画社会が提唱されて数十年。欧米に比べると未だに女性管理職の比率が最低の日本ですが、管理職に占める女性の割合は年々増加傾向にあります。それに伴い、昔は職場の大半を男性が占めていた仕事現場でも女性の姿が目立つようになり、様々な職種で女性が活躍しています。建築業界でも、住宅や設計などでは女性の活躍する機会が多くなりましたが、まだまだ施工管理の仕事は女性が少ないのが現状です。建築業界は高齢化に伴う人手不足が深刻な問題で、女性の進出も大変期待されているのですが、現場での施工管理の仕事はどのようなことが問題とされているのでしょうか?


住宅業界で多いクレームを共有しよう!

住宅業界で多いクレームを共有しよう!

住宅業界に限ったことではありませんが、どんな業界にでもクレームがあります。しかし、WebやSNSなどで住宅業界でのクレームはかなり大きな話題となっていることを、 業界で働いている皆様ご存知でしょうか?このような問題は20年前ならともかく、現代において 放っておくととんでもない大問題になってしまいます。「こんなに大きな問題になるとは思わなかった」と言って、会社の代表者が謝罪会見を開く映像は何度か見たことがあると思います。こうならない為に、どんなクレームが多いのかしっかりと認識しておきましょう。


リフォームとリノベーションの違いを知っていますか?

リフォームとリノベーションの違いを知っていますか?

住宅購入は、新築住宅を建てる他にも中古物件を購入して、中古住宅をリフォームやリノベーションした住宅を購入するという選択肢もあります。国や地方自治体でも空き家対策の一環として、リフォームやリノベーションに対して補助金を増やし、それを利用する人も年々増加傾向にあります。 住宅業界に関わっていると「リフォーム」と「リノベーション」という言葉を見聞きしますが、具体的にどういう意味なのか知っていますか? 今後も需要が見込まれる中古住宅のリフォームやリノベーション。 ハウスビルダーなどでは、新築住宅受注より注文が多い事もあります。住宅業界に携わる者であれば、その違いをしっかりと知っておきましょう。


【超高齢社会の到来】高齢化を支えるバリアフリー住宅とは

【超高齢社会の到来】高齢化を支えるバリアフリー住宅とは

超高齢化社会の到来とともに、バリアフリー住宅のニーズが高まっています。 しかし、バリアフリー住宅とは具体的にどのようなものなのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか? 一般的にバリアフリー住宅とは、高齢者や障がい者にとって障壁をなるものを取り除き、安心で安全な生活をサポートする住まいのことをいいます。 住まいのバリアフリー化は、これからの住宅業界にとって新しい需要であり、時代のニーズと捉えていく必要があります。 そこで本記事では、バリアフリー住宅とは具体的にどのようなものなのか、おもに高齢化を支えるための視点からご紹介したいと思います。


住宅業界はデジタル化が遅れてる!?リモートワークや施工管理のデジタル化はどこまで進んでいるのか

住宅業界はデジタル化が遅れてる!?リモートワークや施工管理のデジタル化はどこまで進んでいるのか

 住宅業界のデジタル化事情はどうなっているのでしょうか。住宅業界といってもハウスメーカーや、工務店、不動産の住宅販売業など様々です。新型コロナウイルスの影響もあり、リモートワークを導入しているのか、デジタル化はどこまで進んでいるのか気になる方も多いのではないでしょうか。この記事では住宅業界の細かい仕事内容にどこまでデジタル化が対応してきているのかご紹介します。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 風水 職人 営業 現場監理 仕事 働き方