住宅営業はやばい、やめとけ、きついは本当か

住宅営業はやばい、やめとけ、きついは本当か

住宅営業はブラックでやばい、就職はやめといたほうがいい、社員の経験談はみんな「キツイ」と言っているなどと噂されます。このような実態は本当なのでしょうか。また、新卒社員にとってメリットはあるのか、女性にとって住宅営業は向いていないのかについて考えてみます。


結論「本当です!」

住宅営業は、仕事としては一般的にキツく大変な仕事です。営業職はそもそも大変という印象がある方もいるかもしれませんが、住宅営業は特にあまり売れないものだからです。住宅というものはトップ営業でも1人で建売20棟売れれば良い方で、注文住宅では年間5~10棟などになってきます。新人営業では年間に1棟売れるか売れないかということもあります。

年間に1棟でも売ることができるなら、そこまでキツくないかというと、実はそうではありません。年間1棟しか売っていないということは、1年のうち6ヶ月程度何も見込みもなく売り上げもなく、なんの仕事をしているのかわからないという期間があるということです。営業にとって、このような時間が1番キツイと言えます。会社にとっては、売れない社員は負担でしかありませんので詰められます。何もしていないのに給与を払われていますので、社員自身も居づらくなります。

100人の営業のうち生き残るのは5人!?

結論として本当と述べてしまいましたが、もちろん成功している人もいます。しかし、一般的に考えると大変な仕事です。

100人の営業が入ってきたとしたら、まともに長く働くことができる能力がある人は5人程度しかいないのではないでしょうか?
ここまで低い確率であると、やはりキツイ大変な仕事であると言わざるを得ないでしょう。

なぜ働く人がいる?〜できる人には簡単だから〜

営業職は大変でキツいと言われていますが、働く人は多くいます。理由は、売れるようになると簡単に高収入を得ることができるからです。なんのスキルも資格もない人が売れるようになることもあり、今までキャリアを積んでこなかった方が転職で入ってくるということも多いです。

そしてキツいとは言われていますが、それはあくまでも売れなかったらの話です。売れている人からしたら、キツいものではなくお客様に喜ばれる提案を行い、それを元に一緒に住宅を作り上げていくもしくは、建売住宅であれば提案に共感してもらい購入いただくという簡単なことなのです。

長く働くコツ

住宅営業として長く働くためには、どのようなことに注意すれば良いでしょうか。もちろん売れるようになることはもちろんですが、トップ営業が売れるようになるまでに意識していることをご紹介いたします。

人のせいにしない

「人のせいにしない」これが最も大事な考え方です。売れていないとき、会社がおかしい、商品が悪い、変なお客様に当たってしまったと全て売れない理由を人のせいにしてしまいがちです。

もちろん人のせいであることもありますが、本質はそうではありません。人のせいにしてしまうと、働き方や行動に無意識に現れてしまうのです。仕事は営業に限らず、積極的にポジティブ施工の方が成長します。人のせいにしているとネガティブ思考となり、自然と能力が身についていかないのです。

売れていないとき、何が原因なのかを冷静に分析し、常に改善する行動をしていくことができれば長く働くことができます。

真面目に3年やって出来なければ諦めること

真面目に仕事に真剣に、人のせいにもせず、常に改善する行動をとっていたとしても、売れない人も中にはいます。そのような場合には、素直に諦めることも大切です。

諦めるというのは、営業職として諦めるというものではなく、働く方向性などを変えることもできます。例えば資格をいくつかとっていき、目に見える能力を身につけ、営業職よりは給与が低くても資格がないよりは給与が高く、安定した職を見つけることもできます。
目の前のことだけに取り組むことは大事なことですが、行き詰まった際には俯瞰して考えてみることで思わぬ解決策が見つかることもあります。

新卒で住宅営業をするメリットデメリット

新卒の営業は、それこそ生き残る人数は少ないと言えます。そこで新卒で住宅営業として働くメリットデメリットについてご紹介いたします。

○メリット
・根気が身につく
営業として、どれだけ辛くても耐える根気が身に付きます。理不尽な辛さなどに無理に耐える必要はありませんが、自身の目標を何としてでも達成するという根気が身に付きます。

・ゼロから作り出すことに抵抗がなくなる
営業は、何もないところから売り上げを作っていく力が身に付きます。与えられた仕事をこなすことは誰でも出来ますが、ゼロから仕事を作っていくことができるようになります。

○デメリット
・キャリアを築きにくい
営業職はキャリアを築くのが難しい場合もあります。営業経験者はその他の営業職という選択肢しか無くなってくる場合もあるため、資格を取るなどはしておいた方が無難です。

関連するキーワード


住宅 営業

関連する投稿


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

 ①では、追加オプションの例を外壁と屋根でご説明いたしました。②では外構や室内での追加オプションについてご紹介いたします。オプションは細かく見ていくと様々ありますが、ここでは代表的なものを取り上げています。住宅営業として次はこんな提案をしてみようという単価アップに役立つと同時に、お客様に喜ばれることが増えることにお役立ちいただければと思います。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

 住宅営業マンはお客様の要望を聞き、まず気に入られて信頼してもらい、数ヶ月の打ち合わせ期間を経て契約に至ります。同じような営業をして同じ坪数同じ客層であっても単価の高い営業マンと低い営業マンがいます。その違いは知識ももちろんありますが、一番の違いはなんでしょうか。この記事ではイエスマンにならずにお客様に良い提案をすることでオプション単価を上げる方法をご紹介いたします。


輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

 輸入住宅は一定層のお客様に人気で、特徴的な外観が一番惹かれるポイントです。そのため他のハウスメーカーなどの住宅とは全く違うものとなるため、お客様も予算が合えば輸入住宅でのみ購入を考えているという方が多いです。営業としても競合がいないため売りやすいです。この記事では転職の際に輸入住宅営業マンとして働くことのメリットデメリットをご紹介いたします。


【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

 ハウスメーカーや、住宅営業の事務員はどのような仕事をしているのでしょうか。一般的な会社の事務員と聞くと、コピーや簡単なPC入力、その他雑務をイメージするのではないでしょうか。住宅事務も同じような仕事内容ですが、この記事では具体的な仕事内容、勤務場所、募集内容などについてご紹介いたします。


最新の投稿


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

 ①では、追加オプションの例を外壁と屋根でご説明いたしました。②では外構や室内での追加オプションについてご紹介いたします。オプションは細かく見ていくと様々ありますが、ここでは代表的なものを取り上げています。住宅営業として次はこんな提案をしてみようという単価アップに役立つと同時に、お客様に喜ばれることが増えることにお役立ちいただければと思います。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

 住宅営業マンはお客様の要望を聞き、まず気に入られて信頼してもらい、数ヶ月の打ち合わせ期間を経て契約に至ります。同じような営業をして同じ坪数同じ客層であっても単価の高い営業マンと低い営業マンがいます。その違いは知識ももちろんありますが、一番の違いはなんでしょうか。この記事ではイエスマンにならずにお客様に良い提案をすることでオプション単価を上げる方法をご紹介いたします。


輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

 輸入住宅は一定層のお客様に人気で、特徴的な外観が一番惹かれるポイントです。そのため他のハウスメーカーなどの住宅とは全く違うものとなるため、お客様も予算が合えば輸入住宅でのみ購入を考えているという方が多いです。営業としても競合がいないため売りやすいです。この記事では転職の際に輸入住宅営業マンとして働くことのメリットデメリットをご紹介いたします。


【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

 ハウスメーカーや、住宅営業の事務員はどのような仕事をしているのでしょうか。一般的な会社の事務員と聞くと、コピーや簡単なPC入力、その他雑務をイメージするのではないでしょうか。住宅事務も同じような仕事内容ですが、この記事では具体的な仕事内容、勤務場所、募集内容などについてご紹介いたします。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 営業 職人 風水 現場監理