住宅、不動産、リフォーム営業どれが一番年収が高い?

住宅、不動産、リフォーム営業どれが一番年収が高い?

住宅関係の営業職は幅広く、住宅販売で言えば、注文住宅、建売住宅を扱うかでも異なっています。建売住宅の場合には不動産会社が営業をしていることが多く、不動産営業といっても賃貸やマンションといったものもあります。そしてリフォーム営業は、実際の工事を扱っており住宅販売などの営業とはまた違った商材です。住宅関係の営業職を探している方で、特に気になるのはどの業界が1番年収が高いかではないでしょうか。この記事では、それぞれの業界ごとの年収を比べてみます。


住宅関係の営業は幅広い

住宅関係を取り扱う営業を、主に以下3つに分けてご紹介いたします。
・住宅営業
・不動産営業
・リフォーム営業

住宅営業は、注文住宅などの販売を取り扱い、不動産営業は住宅販売、賃貸など、リフォーム営業は、リフォーム工事を取り扱っています。住宅関係の営業職に転職を考えている方は、この中で今までの経験や知識からどれにしようか悩まれている方も多いのではないでしょうか?また、それぞれ取り扱う商材によっても、仕事内容が変わってきます。

・住宅営業

住宅営業は、注文住宅営業と建売住宅営業が主にあります。注文住宅営業の場合は、お客様の集客から打ち合わせ、契約までを担当します。住宅を一から作り上げるため、お客様からのヒアリング、設計者との打ち合わせ、工事担当者との打ち合わせなど、住宅に関する知識が1番必要とされます。
他の営業職と比べると、打ち合わせから契約、引き渡しまで1番長い期間お客様と接する営業職です。

建売住宅営業は、不動産事業も一緒に行なっている住宅会社が行っていることが多いです。自社で仕入れた土地に建売住宅を建設し、それを販売しています。土地と建物の利益をセットで享受できることがメリットです。営業は、注文住宅のように打ち合わせをこなうよりは、立地や建物の性能や設備について現物を紹介し、お客様に魅力を伝えることがメインです。問い合わせに対して、物件情報を送り追客を行っていきます。

・不動産営業

不動産営業は、賃貸仲介、売買仲介が主な営業になります。
不動産販売は、土地・戸建て住宅、分譲マンションを個人に販売する業務です。基本的には、仲介を担当しており、仲介手数料で利益を立てる事業です。複数の物件を担当しているため、1つの物件を複数の不動産会社が営業しているということもあります。営業は、他社に取られないようにする営業力が求められます。

賃貸仲介は、戸建てやマンションといった住宅だけでなく、店舗などの賃貸仲介も行います。主な業務は、問い合わせに対して物件情報の紹介、内見案内、契約になります。物件の現状についても細かい部分を把握しておいたり、現状に合わせてリフォームが必要な場合には工事の段取りを取ることもあります。

・リフォーム営業

リフォーム営業は、既存住宅のリフォーム工事を販売します。リフォームといっても幅広く、それぞれの分野の専門業者として活動している会社が多いです。屋根外壁塗装、設備リフォーム、リノベーション、店舗リフォームなど専門会社があります。これらの営業職として就職することが多いです。ハウスメーカーや工務店は、これら全てを行なっていますが、住宅販売をメインにしているため、営業がリフォームを扱うことが少なく、営業自身にもリフォームの知識がないために営業として機能していないといった場合や、グループ会社にリフォーム専門の会社を備えているといった場合が多いです。

営業職は歩合給が勝負

営業職は、基本給ではなく歩合給によって年収が大きく左右されます。売れれば売れるほど年収は高く、人によって同じ会社の営業職として勤めていても、全く年収が違うということもザラにあります。

推定年収ランキング

一般的な年収ランキングについてご紹介いたします。会社によって取り扱う商材が異なっているため、このランキング通りにならないことも多いです。

平均的な売り上げの場合
1位 リフォーム営業
2位 住宅営業
3位 不動産営業
平均的な売り上げを作れる営業の場合は、リフォーム営業が1番年収が高い傾向にあります。年収1000万円を超える営業も多くいます。リフォーム営業は、塗装などの外装業が利益率が高く営業歩合も高くなります。一方で設備リフォームなどの場合には利益率が低い傾向にあり、営業歩合も少ないです。

トップの売り上げの場合
1位 住宅営業
2位 リフォーム営業
3位 不動産営業
会社のトップの営業を比べると、住宅営業の方が年収が高い傾向にあります。住宅営業は、1件あたりの単価が非常に高いため、営業歩合も比較的高く設定されます。しかし、売り上げ棟数が少ない場合には歩合がほとんど無いように設定されています。歩合が、1棟目5000円、2棟目5万円、3棟目10万円、4棟目20万円といったようになっています。つまり、トップの営業は非常に高歩合になりますが、成績が低い営業の場合には非常に低い年収となる傾向にあります。

関連するキーワード


住宅 営業

関連する投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

 住宅や街の至る所にコンクリートは使われています。しかし、コンクリートとは何でできているのか知らない方も多いです。コンクリートはコンクリートと考えている方が多いでしょう。そこでコンクリートがどのようなものからできているのかを知ることで、住宅のコンクリート劣化などがどうして起こるのか、コンクリートの質や特性について知るきっかけとしていただければと思います。


【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

 住宅建設において地盤調査をして、地盤によっては地盤改良が必要と判断されることがあります。ここで地盤調査というものがどのようなものか知らない方も多いのではないでしょうか。住宅営業に携わっている方も工事現場などをみたことのない方も多く、知らないままの人も多いです。ただお客様に説明するときにある程度の知識を持っていた方が望ましいです。この記事では簡単にわかりやすくご紹介いたします。


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理