地震に強い家づくりは地盤チェックから

地震に強い家づくりは地盤チェックから

家づくりにおいて、地震のリスクを低減するために建物の耐震性を高めることは重要ですが、地盤の強さを考慮することも大きなポイントとなります。 というのも、地盤が軟弱であれば、地震発生時の揺れを増幅し、より大きな影響を受ける可能性があるためです。 そのため、土地探しをするときには、しっかりと調査することで、適切な地盤改良の実施、あるいは軟弱地盤の回避が可能となります。 そこで本記事では、地震に強い家づくりをするうえで重要な地盤チェックの方法について解説したいと思います。


家づくりにおいて、地震のリスクを低減するために建物の耐震性を高めることは重要ですが、地盤の強さを考慮することも大きなポイントとなります。
というのも、地盤が軟弱であれば、地震発生時の揺れを増幅し、より大きな影響を受ける可能性があるためです。

そのため、土地探しをするときには、しっかりと調査することで、適切な地盤改良の実施、あるいは軟弱地盤の回避が可能となります。
そこで本記事では、地震に強い家づくりをするうえで重要な地盤チェックの方法について解説したいと思います。

地震に強い家づくりおける地盤のリスク

日本は地震が頻繁に発生する国であり、過去にも大規模地震によって多くの住宅被害が確認されています。
軟弱地盤の場合、地震が発生すると同じ揺れでも増幅して伝わることがあり、被害が拡大する傾向にあります
この点が、軟弱地盤のリスクです。

住宅の耐震基準について

過去の大規模地震による住宅被害を受け、住宅建築における耐震基準はたびたび見直されています。
とくに、2000年に行われた改正では、建築前に地盤調査を実施し、状況に応じて地盤改良を行うなど、適切に基礎設計をしなくてはならないことが定められました。

つまり、地震に強い家づくりは、同時に強い地盤づくりをすることが重要なのです。

地盤調査と地盤改良について

住宅の建築前には、適切な地盤調査を行うことが事実上必須となっています。
地盤調査にはいくつかの方法がありますが、戸建て住宅で行われているのは以下の2つです。

  • スウェーデン式サウンディング試験
  • ボーリング調査

そして、地盤調査によって地盤の強度が判明し、補強が必要であれば適切な地盤改良工事を行うことになります。
地盤改良のおもな方法とは以下の3つです。

  • 表層改良工法
  • 柱状改良工法
  • 鋼管杭工法

なお、これら地盤調査と地盤改良に関する詳しい内容は「【住宅建築の基礎知識】地盤改良工事を徹底解説!」の記事を参考にしてください。

地盤チェックの方法について

地震に強い家づくりをするうえで、土地選び前の地盤チェックは重要なポイントとなります。
地盤チェックのおもな方法について、以下にご紹介いたします。

ハザードマップをチェック

ハザードマップとは、自然災害による被害が及ぶ恐れのある地域や避難場所などを示している地図のことで、自治体ごとに作成されています。
また、地震だけでなく、土砂災害や水害の危険性などについても確認することが可能です。

ハザードマップは、自治体のホームページで公開していることが多く、誰にでも手軽にチェックできる方法となります。

法務局でチェック

法務局では、住所から登記簿を閲覧できます。
そして、登記簿に無い過去の情報については「閉鎖登記簿」をチェックすることで得られる場合があります。

「閉鎖登記簿」で確認しておきたいのは、その土地の用途を示す「地目」です。
「地目」に池や田などの表記がある場合は、歴史的な経緯から地盤が軟弱である可能性があります。

国土地理院地図でチェック

国土地理院地図とは、国土交通省の機関である国土地理院によって作成されている地図のことです。

そして国土地理院地図では、土地がどのような変遷を辿ってきたのか航空写真で年代別に確認できます。
過去の航空写真を確認し、目的の土地が海や川、池、その他湿地だった場合は、地盤が軟弱である可能性があります。

地名でチェック

地名には、その土地の特性や過去に起こった災害との因果関係を示すケースも多く見られます。
そのため、沼や池、川、浜など、水をイメージさせるような地名は、地盤が軟弱である可能性があります。

もちろん、これらの地名が軟弱地盤であると断定はできませんが、ひとつの要素として捉え、因果関係を徹底調査してみるのもよいでしょう。

まとめ

地震に強い家づくりを行うには、強い地盤であることも重要な要素となります。
建物の耐震性を確保することも重要ですが、それだけでなく地盤に注目して地震対策を考えることもポイントとなります。

地盤が軟らかい状態で強い建物をつくっても、万が一の地震発生時に地盤沈下してしまうようでは十分とはいえません。
そのため、土地選び前の地盤チェックを行い、必要な対策を講じることが重要なのです。

関連するキーワード


住宅 新築工事

関連する投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


【第一印象で決まる】住宅営業の服装おすすめ(女性編)

【第一印象で決まる】住宅営業の服装おすすめ(女性編)

 住宅営業マンはトークや誠実さなど内面や対応も大事ですが、まず初めの第一印象によって、お客様は話をしたいかを決めます。見た目の印象が悪いと、せっかく良い提案をしても、第一印象を覆す信頼関係作りをしなければならないため、成約率も下がります。この記事では、女性営業マンのおすすめの服装についてご紹介いたします。


最新の投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

 モデルハウス、住宅展示場に集客することが営業売上を伸ばす上で大きな要因となります。会社としてのマーケティングや、住宅展示場でのイベントなどによって集客量は大きく変わりますが、実はそれだけではありません。住宅展示場に多くの人が来ていても、来客が多いメーカーとそうでないメーカーに分かれます。企業の認知度だけでなく、現場での工夫が集客量を増やす秘訣です。この記事でモデルハウスなどへの集客方法を3つご紹介いたします。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理