【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

 住宅や街の至る所にコンクリートは使われています。しかし、コンクリートとは何でできているのか知らない方も多いです。コンクリートはコンクリートと考えている方が多いでしょう。そこでコンクリートがどのようなものからできているのかを知ることで、住宅のコンクリート劣化などがどうして起こるのか、コンクリートの質や特性について知るきっかけとしていただければと思います。


コンクリートの使用用途

 コンクリートは世界中でもっとも広範に使用されている建築資材です。一般住宅、道路、ビル、マンション、工場だけでなく、ダム、橋梁、トンネル、港湾など公共設備や大型建造物にも一般的に用いられています。
 コンクリートが開発された際には、永久的に持つ夢の建材などと言われ、メンテナンスフリーだと考えられていました。しかし実際には施工不備や質の悪いコンクリート、メンテナンスの未実施なども影響し、コンクリートの老朽化が問題にもなっています。これらは今後解決していく問題として挙げられていますが、正しい施工方法によるコンクリートは何十年何百年と耐久性を発揮できる建材であることに変わりなく、現代建築において非常に幅広く用いられています。

コンクリートの成分と各用途

 コンクリートというのは、コンクリートという物質があるわけではなく、いくつかの物を混ぜ合わせたものになります。コンクリートは、セメント、水、砂、砂利、を混ぜたものを言います。セメント、水、砂を混ぜたものはモルタルと言います。
 簡単に、セメントはボンドのようなものです。ボンドをそのまま大量に使うことは費用面でかなり負担がかかり、またボンドだけでは強度に不具合が生じるイメージです。モルタルは、タイルの接着剤、補修材、仕上げ材として用いられます。

セメントとは

 セメントは石灰石、粘土、石膏などが混ざったもので、水と水和することで重合反応を起こし硬化します。セメントにも種類がありますが、建材の70%がポルトランドセメントと言われるセメントが使用されています。

なぜコンクリートは砂利を混ぜているのか

 建材に砂利を混ぜるということに違和感を覚える方は多いのではないでしょうか?例えば住宅の建材では木材や鉄、樹脂などが使われていますが、砂利というのは非常に不安定で建材として十分な耐久性を持つのかと思うかもしれません。しかし実は、砂利つまり石は素材の中で一番安定したものであり耐久性が非常に高いものです。石は他の物質と化学反応を起こさず、燃えることもないためです。また、以下の理由もあります。
・発熱抑制
セメントの硬化の際に発熱しますが、砂利によりこの発熱が抑えられます。
・収縮の抑制
セメントのみでは乾燥の際に収縮し、ひび割れを起こします。砂利を入れることでこの収縮を少なくし、コンクリート自体のひび割れを防ぐことができます。
・コストの抑制
セメントより砂利の方が安いです。砂利を入れることで容積が増し、建材として比較的単価を低くすることができます。
これらの理由から、セメントに砂利を混ぜたコンクリートは機能面、コスト面で非常に理にかなっているのです。

住宅におけるコンクリートの利用

 住宅では鉄筋コンクリートや土間などに用いられています。コンクリートは引っ張り力には弱いため、鉄筋を入れることで強度を高くしています。土間、駐車スペースなどの重量がかかる場所にも十分な耐久性を持つ建材としても用いられています。

住宅のコンクリートの劣化

 コンクリートの劣化は大きく2つです。1.ひびが入る、2.中の鉄筋が錆びるです。
1.ひびが入る原因は、地震と雨水の吸収と乾燥です。地震が起きた際にコンクリートが他の建材に衝突したり、振動の力を逃しきれなかった場合にびびが発生します。例えば駐車スペースでコンクリートを全面に打つとひび割れるため、コンクリートにスリットを入れたり、間に土や砂利のスペースを挟むことで衝撃を吸収する構造にします。
雨水による収縮でもひびが入ります。コンクリート専用の撥水防水剤を塗布することで耐久性が向上します。

2.中の鉄筋はひびから水が侵入することで錆びていきます。ひびを放っておいてしまう方が多く、後から修繕するためには高額な費用がかかります。ひびが入った際には早急に補修することが望ましいです。

まとめ

 コンクリートは非常に幅広く使われている建材ですが、実は奥深い材料です。セメントと砂、砂利でできていること、鉄筋コンクリートの場合には、ひびから鉄筋が錆び腐食してしまうことを覚えておきましょう。こういった簡単な知識があるだけで、お客様に安心感を与えることができます。



※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


住宅 コンクリート

関連する投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

 住宅建設において地盤調査をして、地盤によっては地盤改良が必要と判断されることがあります。ここで地盤調査というものがどのようなものか知らない方も多いのではないでしょうか。住宅営業に携わっている方も工事現場などをみたことのない方も多く、知らないままの人も多いです。ただお客様に説明するときにある程度の知識を持っていた方が望ましいです。この記事では簡単にわかりやすくご紹介いたします。


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

 ①では、追加オプションの例を外壁と屋根でご説明いたしました。②では外構や室内での追加オプションについてご紹介いたします。オプションは細かく見ていくと様々ありますが、ここでは代表的なものを取り上げています。住宅営業として次はこんな提案をしてみようという単価アップに役立つと同時に、お客様に喜ばれることが増えることにお役立ちいただければと思います。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理