【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

 ハウスメーカーや、住宅営業の事務員はどのような仕事をしているのでしょうか。一般的な会社の事務員と聞くと、コピーや簡単なPC入力、その他雑務をイメージするのではないでしょうか。住宅事務も同じような仕事内容ですが、この記事では具体的な仕事内容、勤務場所、募集内容などについてご紹介いたします。


住宅事務の9つの仕事内容

 事務仕事は一つ一つは難しい仕事でない場合が多いですが、様々な業務をこなして社内全体の業務んを円滑にする役割をします。ただ目の前の業務をこなすのではなく、全体を把握して1つ1つの仕事を繋げて処理していくことが求められます。ここでは大きく9つに分けて仕事内容をご紹介いたします。

1.土地情報を社内の書式に合わせる
不動産屋から土地の情報などが送られてきます。不動産屋は何社ともやり取りをするため、全ての会社から送られてくる資料が別々の書式になっています。そこで社内の決まった書式に合わせる必要があります。また、お客様に見せる資料になるため、わかりやすく作り直す必要があります。お客様ごとに資料を付け加えたり、欲しい情報をプラスして作成することもあります。

2.電話対応
お客様や取引先からの電話対応になります。基本的には取次をします。お客様から工事に関する問い合わせ、契約・お支払いに関すること、取引先からは内容変更、営業に問い合わせなどがあります。事務員が電話内容をしっかりと把握して各担当者に繋ぐことで業務がしやすくなります。

3.住宅展示場での受付
住宅展示場では受付を行ったり、お客様のご案内を行います。お客様へのご提案は営業が行いますが、展示場でお客様が来ない場合は玄関先などで呼び込みを行うこともあります。

4.住宅展示場の掃除・整理やポップなどの作成
住宅展示場は汚いとお客様も購入意思が無くなってしまいますので重要な仕事です。インテリアの整理やポップを制作したり、玄関先の垂れ幕などを準備したりします。

5.お客様へのお茶だし
事務所や住宅展示場でのお茶出しになります。お茶出しも担当者が行えばいいのではないの?と思われるかもしれませんが、事務員が行うことで、お客様をお待たせする時間が減ります。この間に担当者が内容に応じた資料等を準備することができるのです。

6.チラシの作成・印刷、郵送
お客様へお渡しするチラシなどを作成し、何百枚と印刷し、ポスト投函に用いることもあります。各お客様へ資料を送付する際も、郵送手続きを事務員が行います。

7.営業の補佐
営業のお客様とのやり取りの記録や、営業に指示された資料の作成などを行います。

8.集計作業、スケジュール管理
営業実績の集計作業などを行うこともあります。また、事務所の来店人数も限られているため、お客様のアポなどが被らないよう事務所のスケジュール管理を行うこともあります。

9.その他社内イベントの雑務
社内で表彰イベントなどを行う際、その準備を行います。

勤務場所は事務所、住宅展示場に直行や本社勤務の場合も

 一般的には事務所勤務で、土日は住宅展示場に直行直帰するという場合が多いです。大手のハウスメーカーなど、本社勤務の事務員の場合はPC作業や雑務がメインになります。住宅展示場に出社する場合は、駅から離れている場合も多いため車の免許を持っておいた方が良いでしょう。会社によっては社用車を貸してくれるところもあります。

求人募集の見方と例

 求人募集では、勤務地、給与、残業有無、各種手当、福利厚生を確認しましょう。基本給と手当で総額いくらになるのか、先輩事務員の方でどのような手当てをもらっている方がいるかなど、転職の際には人事に細かく聞くようにしましょう。聞く項目を決めておくことで数社で比較することができます。
『募集例』
・募集職種
営業事務
・勤務地
東京都〇〇店
神奈川県〇〇店
大阪府〇〇店
・給与
基本給18万円〜(相場はこのくらいです)
・勤務時間
9:00〜18:00(実働8時間)
残業はほとんどありません
・応募資格
高校卒業以上
PC操作に慣れている方(基本的なword、excel操作ができれば問題ありません)
・雇用形態
正社員
・福利厚生
住宅手当など
・休日休暇
完全週休二日制(火・水休み)
年間休日105日
イベント休暇など

採用されるためのポイント

 住宅事務は離職率が高い職種ではありません。そのため求人募集もそこまで多くないです。数人の志望者の中から採用されるためのポイントについてご紹介いたします。

・住宅関連の知識を勉強しておく
建築などの専門知識というものは必要ありません。ここで勉強しておくのは、住宅情報サイトです。住宅情報サイトに載っている専門用語はおおよそ10個くらいしかありません。これらを調べておくだけで採用されやすくなります。

・住宅事務の仕事内容を把握しておく
採用担当者にあなたが仕事内容を把握しており、このように円滑に進めたいと思いますと伝えるだけで好印象です。たとえ未経験でもネットからの情報を頼りに、採用担当者に質問しながら、全体を把握して業務を進めると伝えるのが良いでしょう。

・PCスキルがある(基本で大丈夫)
word、excelを使って文書や簡単な計算式が扱えるだけで大丈夫です。これだけのことをわざわざできますと言わない方も多いです(当たり前すぎて)。しかし、採用担当者にはどのようなことまで問題なくできるかはハッキリと伝えましょう。できない可能性もあると思われないためです。採用担当者も志望者から何ができるか教えてくれれば、採用してからできなかったということにならないため安心です。




※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


住宅 事務

関連する投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

 住宅や街の至る所にコンクリートは使われています。しかし、コンクリートとは何でできているのか知らない方も多いです。コンクリートはコンクリートと考えている方が多いでしょう。そこでコンクリートがどのようなものからできているのかを知ることで、住宅のコンクリート劣化などがどうして起こるのか、コンクリートの質や特性について知るきっかけとしていただければと思います。


【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

 住宅建設において地盤調査をして、地盤によっては地盤改良が必要と判断されることがあります。ここで地盤調査というものがどのようなものか知らない方も多いのではないでしょうか。住宅営業に携わっている方も工事現場などをみたことのない方も多く、知らないままの人も多いです。ただお客様に説明するときにある程度の知識を持っていた方が望ましいです。この記事では簡単にわかりやすくご紹介いたします。


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理