スケルトン・インフィル住宅は、長期優良住宅で何世代も住みやすい間取りの実現に最適

スケルトン・インフィル住宅は、長期優良住宅で何世代も住みやすい間取りの実現に最適

 スケルトン・インフィル(SI)住宅というものが注目され始めています。長期優良住宅という70~100年以上、住み続けられる構造上の耐久性が高い住宅が、国からも推奨されています。しかし、100年住み続ける場合にも、2世代、3世代と世帯主も代わり、世帯人数も変わることが予想されます。世帯人数に合わせた間取り設計が必要になりますが、従来の構法では自由に間取りを変えることなどが困難でした。それを解消できるのがSI住宅になります。


長期優良住宅は70~100年以上住み続けることを想定

 「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日に施行されました。従来の日本の家屋の寿命は平均30年程度と言われており、つくって壊して新しい住宅を建てるというスタイルでした。こういったスクラップ&ビルド型の社会から、いいものを長く使うというストック型の社会の転換を目的とされています。これにより税制優遇措置もなされ、住宅ローン減税、不動産取得税、登録免許税、固定資産税など様々な優遇が受けられるようになっています。
 長期優良住宅を手に入れる際、そのときの家族構成に応じた間取りを考慮します。しかし70~100年間その住宅を使用し続ける場合、家族構成が変わるだけでなく、世代交代も想定されます。その際に間取りや生活スタイルに合わせたリノベーションができなければ、とても不便になることが予想されます。100年間もの間、生活スタイルが変わらず、設備間取りを変更しないでも快適ということはほとんどないでしょう。

住宅:長期優良住宅のページ - 国土交通省

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000006.html

国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

間取りを自由に変えられない従来の建築構法

 従来の建築工法で、間取りを自由に変えられない理由は、柱の位置、壁の位置、配管の位置などを変更できないためです。建造物というのは、柱、土台、梁、壁などで構造を支えています。つまり簡単に説明すると、間取り変更する際に、柱や壁を動かすと、建物が崩れてしまうということです。例えば、構造を支えている壁を耐力壁と言いますが、リビングと寝室の間の壁が耐力壁であった場合、この壁は取り除くことができないです。ここの間取りは変更できないということになります。また、配管の位置は基礎などにも影響されるため、浴室やキッチンの位置を変更することは費用が多くかかり不可能と言っても良いでしょう。

スケルトン・インフィル(SI)住宅はリフォームで間取りを自由にできる

 スケルトン・インフィル(Skeleton-Infill, 略してSI)住宅は、間取りを自由に変えることのできる構想で建てられた住宅という意味です。スケルトンとは構造躯体(柱など)を指し、インフィルとは設備や内装のことを指します。
 これは建築技術が進歩したことにより実現できる住宅になります。間取りを自由に変えることのできない要因であった柱・耐力壁などが少ない構造であるということです。つまり建造物の枠だけで構造を維持できるようになったものです。簡単なイメージとしては、家の中の柱が無くても外壁沿いにある柱だけで耐震性が確保できているということです。
 また、床も2重構造にすることで、配管類も自由に変更することができるようになります。これによりトイレやキッチン、浴室などの水回りの間取りも変更できるようになります。50年後に、4LDKから3LDKにしたい、寝室を2Fから1Fにしたい、キッチンを1Fから2Fにしたいなど様々な変更が可能になります。長期優良住宅にとって、SI住宅は最適と言えるでしょう。

スケルトン・インフィル(SI)住宅は鉄骨構造も、木造でも実現できる

 SI住宅は鉄骨ラーメン構造などの構法で実現できるものでした。鉄骨ラーメン構造とは、マンションやビル、立体駐車場のように柱と梁を剛接合したもので、7~9mの間を柱なしで耐震性を確保できる構造になります。ジャングルジムのような構造で、この柱の間隔がとても広いため、壁などが必要ないということになります。
 鉄骨でなければいけない訳ではなく、木造でもSI住宅は可能です。SE(Engineering for Safety)構造といって「工学的で安全な構造」という意味になります。このSE構造は木造でありながら、緻密な構造計算と、柱と梁を強靭に接合しラーメン構造を採用したものになります。

スケルトン・インフィル(SI)住宅は長期優良住宅に最適

 SI住宅は、世帯や間取りを変更する必要が70~100年間の間に生じる可能性のある長期優良住宅にとって最適な構想で建てられた住宅でしょう。何千万円もかけて建てた住宅を30年程度で建て替えてしまっては、費用や資材の面でももったいないです。従来の構法では、柱や壁の位置を変更できないため、長期優良住宅を建てても、大幅に間取り設計を変えたい場合には建て替えしか方法がありませんでした。しかしこのSI住宅であれば、大幅に間取り変更ができるため、長期優良住宅にとって最適な選択肢ではないでしょうか。




※この記事はリバイバル記事です。

関連する投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


【第一印象で決まる】住宅営業の服装おすすめ(女性編)

【第一印象で決まる】住宅営業の服装おすすめ(女性編)

 住宅営業マンはトークや誠実さなど内面や対応も大事ですが、まず初めの第一印象によって、お客様は話をしたいかを決めます。見た目の印象が悪いと、せっかく良い提案をしても、第一印象を覆す信頼関係作りをしなければならないため、成約率も下がります。この記事では、女性営業マンのおすすめの服装についてご紹介いたします。


最新の投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

 モデルハウス、住宅展示場に集客することが営業売上を伸ばす上で大きな要因となります。会社としてのマーケティングや、住宅展示場でのイベントなどによって集客量は大きく変わりますが、実はそれだけではありません。住宅展示場に多くの人が来ていても、来客が多いメーカーとそうでないメーカーに分かれます。企業の認知度だけでなく、現場での工夫が集客量を増やす秘訣です。この記事でモデルハウスなどへの集客方法を3つご紹介いたします。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理