人口減少により住宅業界も衰退していくのか!?これからの転職は考え直した方が良いのか

人口減少により住宅業界も衰退していくのか!?これからの転職は考え直した方が良いのか

 転職を考える際に、業界規模や市場、今後の市場推移などを把握することは将来を考える上で非常に重要です。住宅業界というのは、人口に直接的に関わってくる業界と言えます。日本は人口減少が進んでおり、少子高齢化していっています。そこで実際に住宅業界の現場と、今後の予測をご紹介いたします。


人口減少は、人口増加が止まっただけ

 日本の人口は1950年の時点で約8,000万人、2008年で約1億3000万人となり、ピークを迎えます。ここから徐々に人口減少しており、2060年頃には約8,000万人となり1950年のときと同じくらいの人口になる予想がされています。
 つまり人口減少と大きく言われていますが、実は人口自体は増えていたのが止まったというのが正しい言い方でしょうか。それよりも高齢化が進み、少子高齢化という人口内訳になることが不安視されています。

新設住宅着工戸数は人口減少の影響を受けていない!?

 年間で新しく住宅を建てる工事が何件始まったのかを示すのが、新設住宅着工戸数です。国土交通省のデータによると、2016年から2018年まで新設住宅着工戸数は増加し、2019年に少し減少しています。また、2006年に新設住宅着工戸数は約118万戸ですが、2009年には約71万戸に大きく減少し、そこから徐々に回復し2012年から2019年まで約80~90万戸の間を推移しています。つまり、人口のピークとなった2008年から考えると、そこまで新設住宅着工戸数は人口減少の影響を受けていないように見えます。ただ、人口の年代別推移も考慮しなければならないため、単純に影響がないとすることはできないでしょう。

住宅業界規模は増加している

 住宅業界は2013年から2019年まで実は規模が拡大しています。人口減少や、新設住宅着工戸数の現象にも関わらず、業界規模が伸びている理由は、単価上げや海外市場の開拓によるためです。住宅件数が減っても、単価を上げたり、海外市場での売上をここでは考慮しているため、住宅業界自体は成長しています。
 意外なデータだったのではないでしょうか。人口減少しているからこれからの住宅業界は厳しいという声を聞きますが、実はそこまで単純な話ではないのです。

結論|人口減少により住宅業界の市場が減るとは言えない

 人口減少と住宅業界の市場は完全に相関関係にあるわけではないと言えるでしょう。つまり、これから住宅業界に転職しようと考えている方も、そこまで不安になる必要はありません。
 また、近年では低価格なローコスト住宅というものも浸透してきています。今までは人生で1度の大きなお買い物と言われてきましたが、人生で2,3軒建てるというのが当たり前になってくるかもしれません。5000万円の住宅をローンを組んで建てるより、2500万円の住宅を2回建てるというようなスタイルになる可能性もあるからです。

人口減少でも住宅業界の市場が拡大する可能性

・景気の上昇
景気が上昇すれば住宅は売れます。また、経済が潤っていれば、住宅の単価も高くなります。新設住宅着工戸数が多少減少しても単価が上昇することで、市場規模も大きくなるからです。また、別荘を持つ方が増えることも考えられます。

・住宅への関心の高まり
住宅へのこだわりが強くなるというトレンドがくれば、住宅の単価が上がることも考えられます。例えば、趣味に年間50万円使う人が、住宅へのこだわりにその金額を使う場合、5年間の出費250万円分を住宅に使おうと考えるといったイメージです。

まとめ

 住宅業界市場は人口減少と単純な相関があるとまでは言えないでしょう。複雑な要因が関わってくるものになります。つまり、人口減少するから絶対に住宅業界市場が減退し、これからの転職を控えた方がいいというわけではないです。




※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


住宅 市場

関連する投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


【第一印象で決まる】住宅営業の服装おすすめ(女性編)

【第一印象で決まる】住宅営業の服装おすすめ(女性編)

 住宅営業マンはトークや誠実さなど内面や対応も大事ですが、まず初めの第一印象によって、お客様は話をしたいかを決めます。見た目の印象が悪いと、せっかく良い提案をしても、第一印象を覆す信頼関係作りをしなければならないため、成約率も下がります。この記事では、女性営業マンのおすすめの服装についてご紹介いたします。


最新の投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

 モデルハウス、住宅展示場に集客することが営業売上を伸ばす上で大きな要因となります。会社としてのマーケティングや、住宅展示場でのイベントなどによって集客量は大きく変わりますが、実はそれだけではありません。住宅展示場に多くの人が来ていても、来客が多いメーカーとそうでないメーカーに分かれます。企業の認知度だけでなく、現場での工夫が集客量を増やす秘訣です。この記事でモデルハウスなどへの集客方法を3つご紹介いたします。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理