【CADオペレーター】仕事内容や設計との違いを解説

【CADオペレーター】仕事内容や設計との違いを解説

家づくりの現場において、欠かせない仕事のひとつに「CADオペレーター」があります。 CADとは「Computer Aided Design」の略称で、パソコンを使って設計をすること、あるいはそのために必要なソフトウェアのことをいいます。 そしてCADソフトを用いて製図をする人が「CADオペレーター」です。 では、実際の「CADオペレーター」は、具体的にどのような仕事を行っているのでしょうか? また家づくりの基本ともいえる「設計」とどのような違いがあるのでしょうか? そこで本記事では、「CADオペレーター」の仕事内容や「設計」との違いについて解説したいと思います。


家づくりの現場において、欠かせない仕事のひとつに「CADオペレーター」があります。
CADとは「Computer Aided Design」の略称で、パソコンを使って設計をすること、あるいはそのために必要なソフトウェアのことをいいます。
そしてCADソフトを用いて製図をする人が「CADオペレーター」です。

では、実際の「CADオペレーター」は、具体的にどのような仕事を行っているのでしょうか?
また家づくりの基本ともいえる「設計」とどのような違いがあるのでしょうか?
そこで本記事では、「CADオペレーター」の仕事内容や「設計」との違いについて解説したいと思います。

CADオペレーターの仕事内容とは

CADオペレーターの仕事は、おもに設計士の指示のもとにCADソフトを用いて図面の製作や修正を行うことです。
つまりCADオペレーターはCADソフトが扱えなくてはならないため、まずは操作スキルを身に付けることが必須となります。

一方、建物の設計は設計士が行うため、CADオペレーターが住宅建築に関する専門的な知識が必要かといえばそうではありません。
もちろん専門知識があるほど業務を進めるうえで有利にはなりますが、どちらかといえば設計士の意図をくみ取り、忠実に形にしていくことが求められます。

CADオペレーターになるには?

CADオペレーターになるには、まずCADソフトの操作ができるようになる必要があります。
独学で操作スキルを身に付けることも可能ですが、最も短期間で習得できる方法といえば専門のスクールや職業訓練校などで学ぶことでしょう。
操作方法や技術を教わるだけでなく、実務に関するノウハウなどを知ることができる点も魅力のひとつです。

またCADには2次元(2D)CADと3次元(3D)CADがあり、どちらも扱えることで仕事の幅が広がります。
これらをプロから効率的に学ぶことがCADオペレーターになる近道かもしれません。

CADオペレーターに資格は必要?

CADオペレーターになるうえで、基本的に資格は必要ありません。
ただし資格を取得しているほうが、就職や転職には有利になるでしょう。
住宅業界でCADオペレーターを目指すなら、「一般社団法人全国建築CAD連盟」が認定する「建築CAD検定試験」があります。

「建築CAD検定試験」には准1級、2級、3級があり、誰でも受験することが可能です。
ほかにも4級がありますが、高校生が対象となっているため一般の人は受験できません。

またCADオペレーターをしながら、さらにスキルアップを目指すなら「建築士」の取得を目指してみるのもよいでしょう。
より幅広く責任の大きな仕事に携わることで、やりがいが増し収入アップも図れます。

なお建築士の資格取得に関する内容は「【建築士法改正】建築士を取得するための受験資格とは?」の記事で解説しています。

CADオペレーターと設計の違いとは

CADオペレーターは、CADソフトを用いて図面の製作をする仕事ですが、設計士とは立場も仕事内容も異なります。

住宅建築における設計士とは、建物のデザインを生み出し設計業務を担う人のことをいいます。
住宅を建築するときには、必ず建築基準法などの法律に則った建物でなければいけません。
そのため、住宅の設計を行う設計士は「建築士」などの資格が必要であり、専門的な知識を有していることが求められるのです。

一方、CADオペレーターは、設計士のデザインをもとに、CADソフトを駆使して図面を製作します。
よって、CADオペレーターには資格や専門的な知識は必ずしも必要ではなく、それよりも設計士のデザインを正確に図面に反映させることが重要なスキルとなります。
つまり、CADオペレーターは設計士の補助的な役割を担う仕事ということです。

まとめ

CADオペレーターは、おもにCADソフトを扱えることで就ける仕事です。
未経験であってもチャレンジできるため、住宅業界に興味があるという人は専門のスクールや職業訓練校などでスキルを手に入れることから始めてみてもよいでしょう。

またCADオペレーターは、建築業界だけでなく機械メーカーやアパレル業界など幅広いニーズがある点でも注目です。
住宅業界で働きたいと思っているなら、活躍の場も多いうえ、さらなるステップアップも図れるCADオペレーターの仕事を目指してみるのも選択肢のひとつになるでしょう。






※この記事はリバイバル記事です。

関連する投稿


住宅営業は平日休み|平日休みのメリット10選

住宅営業は平日休み|平日休みのメリット10選

住宅営業マンは平日休みとなっています。土日休みの企業で勤務していた方は、平日休みとなってしまうことに違和感などを感じる方も多いかと思います。これから転職を考えている方も、土日休みじゃないと嫌だと考えている方もいるかもしれません。しかし、平日休みに慣れてしまうと土日休みが嫌だという方もいらっしゃいます。この記事では平日休みのメリットについてご紹介していきます。


人口減少により住宅業界も衰退していくのか!?これからの転職は考え直した方が良いのか

人口減少により住宅業界も衰退していくのか!?これからの転職は考え直した方が良いのか

 転職を考える際に、業界規模や市場、今後の市場推移などを把握することは将来を考える上で非常に重要です。住宅業界というのは、人口に直接的に関わってくる業界と言えます。日本は人口減少が進んでおり、少子高齢化していっています。そこで実際に住宅業界の現場と、今後の予測をご紹介いたします。


クレームの少ない住宅営業マンが実践する4つのポイント|基本を抑えて、あなたもできる営業マンになろう

クレームの少ない住宅営業マンが実践する4つのポイント|基本を抑えて、あなたもできる営業マンになろう

 営業マンにはクレームの多い営業マンと少ない営業マンがいます。クレームが多い営業マンは、売上にかかるプレッシャーと、お客様からの精神的負担が大きくなります。営業活動における体力と精神力の両方が疲弊していきます。この記事では、クレームの少ない営業マンが実践する行動をご紹介いたします。


住宅営業は自腹でクレーム解決!?転職前に知っておく自衛の4つのポイント|ブラック企業を避けよう

住宅営業は自腹でクレーム解決!?転職前に知っておく自衛の4つのポイント|ブラック企業を避けよう

 よく住宅営業で、クレームが起きた際に営業の責任とされてしまうという話を聞くのではないでしょうか。営業マンが自腹でお金を払い、クレーム処理をするということも聞きます。他の業界ではこのような話をほとんど聞かないため、不安になる求職者も多いです。そこで、どのような場合に自腹を切ることになってしまうのか、そういったブラック企業での自衛手段をご紹介いたします。


【トラブル体験談】住宅販売営業の実際にあった営業マンの外観配色ミス!クレームの原因を営業マンが作らないようにしましょう

【トラブル体験談】住宅販売営業の実際にあった営業マンの外観配色ミス!クレームの原因を営業マンが作らないようにしましょう

 住宅業界や建設業界はクレーム産業と言われるくらいトラブルが多いです。しかし、トラブルといっても大きいクレームになることはそこまで多くはなく、あまり不安になる必要はありません。転職するにあたり、どのようなクレームがあるのか、営業マンがどのようなミスをしてクレームになってしまうのか、体験談をご紹介いたします。転職に不安になるのではなく、事例を知り、事前に対策する準備を行いましょう。


最新の投稿


住宅営業は平日休み|平日休みのメリット10選

住宅営業は平日休み|平日休みのメリット10選

住宅営業マンは平日休みとなっています。土日休みの企業で勤務していた方は、平日休みとなってしまうことに違和感などを感じる方も多いかと思います。これから転職を考えている方も、土日休みじゃないと嫌だと考えている方もいるかもしれません。しかし、平日休みに慣れてしまうと土日休みが嫌だという方もいらっしゃいます。この記事では平日休みのメリットについてご紹介していきます。


人口減少により住宅業界も衰退していくのか!?これからの転職は考え直した方が良いのか

人口減少により住宅業界も衰退していくのか!?これからの転職は考え直した方が良いのか

 転職を考える際に、業界規模や市場、今後の市場推移などを把握することは将来を考える上で非常に重要です。住宅業界というのは、人口に直接的に関わってくる業界と言えます。日本は人口減少が進んでおり、少子高齢化していっています。そこで実際に住宅業界の現場と、今後の予測をご紹介いたします。


クレームの少ない住宅営業マンが実践する4つのポイント|基本を抑えて、あなたもできる営業マンになろう

クレームの少ない住宅営業マンが実践する4つのポイント|基本を抑えて、あなたもできる営業マンになろう

 営業マンにはクレームの多い営業マンと少ない営業マンがいます。クレームが多い営業マンは、売上にかかるプレッシャーと、お客様からの精神的負担が大きくなります。営業活動における体力と精神力の両方が疲弊していきます。この記事では、クレームの少ない営業マンが実践する行動をご紹介いたします。


住宅営業は自腹でクレーム解決!?転職前に知っておく自衛の4つのポイント|ブラック企業を避けよう

住宅営業は自腹でクレーム解決!?転職前に知っておく自衛の4つのポイント|ブラック企業を避けよう

 よく住宅営業で、クレームが起きた際に営業の責任とされてしまうという話を聞くのではないでしょうか。営業マンが自腹でお金を払い、クレーム処理をするということも聞きます。他の業界ではこのような話をほとんど聞かないため、不安になる求職者も多いです。そこで、どのような場合に自腹を切ることになってしまうのか、そういったブラック企業での自衛手段をご紹介いたします。


【トラブル体験談】住宅販売営業の実際にあった営業マンの外観配色ミス!クレームの原因を営業マンが作らないようにしましょう

【トラブル体験談】住宅販売営業の実際にあった営業マンの外観配色ミス!クレームの原因を営業マンが作らないようにしましょう

 住宅業界や建設業界はクレーム産業と言われるくらいトラブルが多いです。しかし、トラブルといっても大きいクレームになることはそこまで多くはなく、あまり不安になる必要はありません。転職するにあたり、どのようなクレームがあるのか、営業マンがどのようなミスをしてクレームになってしまうのか、体験談をご紹介いたします。転職に不安になるのではなく、事例を知り、事前に対策する準備を行いましょう。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 営業 職人 風水 現場監理 働き方改革