【体験談】住宅営業管理職は給与が下がることがある?実績に伴う歩合制度の会社の場合

【体験談】住宅営業管理職は給与が下がることがある?実績に伴う歩合制度の会社の場合

 住宅営業に転職を考えている方は、売り上げを上げて出世したときどのような仕事をするのか、営業管理職となったとき歩合はどのような制度になるのかなど気になる方は多いかと思います。この記事は住宅営業を中小企業で10年勤務した際に、私が実際に経験した給与事情をご紹介いたします。少しでも住宅営業に転職を考えている方のキャリアプランニングのお役に立てればと思います。


住宅営業管理職は部下の売り上げを作ることが仕事

 会社によって住宅営業管理職は大きく二つに分かれると思います。
1.部下だった時と同じように、自分で営業を行い、部下の見込みなどの管理
2.部下の見込みに同伴し、契約まで持っていく仕事

私は2の体制をとっている会社に勤務していました。ここで入社6年の頃に管理職へと昇進しました。今まで自分で見込みを作り、上司に打ち合わせから契約の際に同伴もしくは資料作りなどお客様へのアプローチを一緒に行ってもらっていました。自分で見込みを作れるようになっていたので、売上も安定して伸びていきました。
 そして管理職になったとき自分で見込みを作る必要はなくなります。営業は見込みを新規で作ることが何より大変ですから、当初は昇進して仕事が楽になると思っていました。しかし、実際はその逆で仕事自体は店舗にいることが多く楽なのですが、仕事が難しくなりました。部下に見込みを作らせるということが、自分でできたことでも他人にやらせるというのはなかなかできませんでした。工場のライン仕事など、教えれば誰でも同じようにできるというわけではなく、営業は話すことが仕事です。私が話して受け答えする言葉を全て同じようにするということはできません。そこで難しい内容などは部下とロールプレイングをしてうまく話せるようにしたり、お客様が何を求めているのかなどを打ち合わせして見込み度合いを上げる作業をすることになります。これが主な管理職の仕事で、部下の数字が店舗の売上数字となります。

管理職になって給与が6割程度まで下がった

 管理職に昇進して年収が上がるだろうと考えていましたが、実際は下がりました。。。昇進したら給与は上がるのは当然でしょ?と思われるかもしれません。確かに基本給は役職手当がつくことで上がりました。しかし歩合給が下がったのです。管理職は管理職の歩合制度があり、売上に対する歩合率が部下だったときよりも低くなります。そのため給与が6割程度に下がった月もありました。
 私が勤めていた会社では部下が歩合率10%でもらえるところ、管理職は歩合率が3%などになっていました。部下を3人もっていたので、自分が1軒売ったときの歩合と部下が1人1軒売ったときの歩合給がおおよそ同じということになります。つまり部下に売らせることが難しかった私にとって、自分で1軒売った方が成績も付き給与も高かったのです。このときは何で昇進なんてしてしまったのか、ずっと部下のまま売れ続けていた方が給与も良かったじゃないかと思いました。しかし他の管理職の方々は部下に売らせることができ、実際は管理職の時の方が年収が100~200万円程度多くなっているようでした。(もちろんあまり変わらなかったり低い人もいました)

1年かかり、給与を元に戻すことに成功|給与は1.3倍程度

 部下に売らせることができなければ、給与が低いままで、さらにこの状態が続けば降格してしまいます。いくら給与が低くなったとは言ってもせっかく昇進してすぐに降格というのは恥ずかしく何とか店舗の売上を上げなければと考え、元の給与に戻すのに1年もかかりました。部下との信頼関係を築き、自分のやっていたことをやってもらうこと、部下の見込みに対して戦略を練ったり、資料作りなどをサポートして部下が営業しやすい環境を作りました。
 管理職に昇進してからの給与は部下だった時と比べて1.3倍程度になりました。体力的には管理職の方が楽で、部下にやらせるという点で不安定な要素はありますが、優秀な部下がついたことで比較的安定した売上を作ることができました。中途で新人社員が入ってきたときなど、人員配置が変わると売上を作ることが大変な時期もありました。

営業が苦でなければ管理職でない方が良い?

 自身で営業をかけ見込みを新規で作ることが苦にならない方は、管理職で歩合が下がる会社の場合、自身で営業を続けていた方が給与も良く楽だと思います。実際にベテラン営業マンではそういう方も多いです。外回りなどを続けていくのが嫌な方であれば管理職の方が体力的にも楽です。また、管理職になってしまうと実際に自分で新規で見込みを作る能力は落ちてきてしまいます。管理職からまた部下に戻ったときにはそのときまた苦労することになるので、管理職になるかはしっかりよく考えた方が良いかもしれません。私はたまたま何とか売れるようになりましたが、管理職となって売れなくなり降格した方は、以前ほど自身で営業しても売れなくなってしまったという方も多いです。

まとめ

 管理職になったとき、必ずしも給与が上がるわけではないということがわかったかと思います。転職先の企業がどのような営業体制、歩合制度を導入しているかをよく確認しましょう。





※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


住宅 営業

関連する投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

 モデルハウス、住宅展示場に集客することが営業売上を伸ばす上で大きな要因となります。会社としてのマーケティングや、住宅展示場でのイベントなどによって集客量は大きく変わりますが、実はそれだけではありません。住宅展示場に多くの人が来ていても、来客が多いメーカーとそうでないメーカーに分かれます。企業の認知度だけでなく、現場での工夫が集客量を増やす秘訣です。この記事でモデルハウスなどへの集客方法を3つご紹介いたします。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


最新の投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

 モデルハウス、住宅展示場に集客することが営業売上を伸ばす上で大きな要因となります。会社としてのマーケティングや、住宅展示場でのイベントなどによって集客量は大きく変わりますが、実はそれだけではありません。住宅展示場に多くの人が来ていても、来客が多いメーカーとそうでないメーカーに分かれます。企業の認知度だけでなく、現場での工夫が集客量を増やす秘訣です。この記事でモデルハウスなどへの集客方法を3つご紹介いたします。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理