住宅営業の求人「飛び込み営業なし」は本当?求人情報や面接から見抜く方法まとめ

住宅営業の求人「飛び込み営業なし」は本当?求人情報や面接から見抜く方法まとめ

 住宅営業で一番キツいというイメージがあるのは飛び込み営業ではないでしょうか。飛び込み営業というのは、いわゆる訪問販売で一軒一軒インターホンを押してマンションやアパートの住人に営業をかけていく方法です。1日歩き通しのため体力も精神もキツいイメージがあると思います。住宅営業は飛び込み営業を行っている会社も多く、そのため求人情報で「飛び込み営業なし」と書いているところがあります。それが本当なのか、求人情報や面接から見抜く方法をご紹介します。


「飛び込み営業なし」の会社も多くなってきている

 一昔前は飛び込み営業をしない住宅営業はほとんどなかったです。大手ハウスメーカーでもノルマに追われて飛び込み営業をひたすら行っているところもありました。しかし近年では飛び込み営業に対してお客様のイメージが悪くなってきていることから、メールや電話などの営業ツールなどを主流としているところもあります。そのため、求人情報に「飛び込み営業なし」という文言が書いてあれば、本当に飛び込み営業を全くしていないところもあります。

「飛び込み営業なし」=反響営業だけ ではない

 飛び込み営業なしという求人情報を見て、「チラシやHPからの問合せに対応していればいいんだ」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、営業はそこまで甘くはありません。どれだけ有名なハウスメーカーなどであっても、必ず営業は見込みがなくなります。チラシ、HPなどからの反響だけで売上は足りないのです。こういった反響営業だけでなく、テレアポや住宅購入を考えている知人、様々な交流会、出会った人全ての人に対して自分が住宅営業マンだということを認知してもらい、見込みを絶やさないというのが営業マンの仕事になります。

飛び込み営業なしの会社は給与も低い

 実は飛び込み営業などの新規獲得の営業を行っていない会社は、給与が低い傾向になります。こういった会社の場合、営業といっても一人一人のノルマもほとんどなく、営業部全員で1件の契約をとっていくというスタイルの企業もあります。小さい工務店などに多いです。そのため1件契約が上がっても、担当営業の歩合になるというわけではなく、営業部全体の利益としてボーナスに反映されるなどの給与体系になります。このような営業部が良いか、ガツガツと歩合給を上げて高給を狙うかどちらのスタイルの企業に転職するか決めておきましょう。

求人情報、面接での見抜き方

 求人情報に「テレアポによる新規顧客獲得あり」というようなことが書いてあれば、飛び込み営業はあると考えて良いでしょう。テレアポというのは、必ず電話をかける先が無くなってきます。テレアポでもアポイントが取れない、契約が取れない社員は飛び込み営業を行って数字を作る指示を出されることがほとんどです。
 「反響営業のみ、飛び込み・新規テレアポなし」と求人情報に書いてあった場合は、飛び込み営業はないと考えて良いでしょう。こういった企業の場合は、営業マンの人数が少なく反響営業だけで案件の数が間に合っている状態もしくは、営業と簡単な施工管理などのいくつか兼務している企業になります。この場合前述したように、歩合給が大きな割合を占めるというより、基本給である程度の年収が決まる場合が多いようです。
 面接で多いのが「飛び込み営業はほとんど行っておらず、かなり稀です」といった説明をされることがあります。これは、飛び込み営業は必ずあります。この「ほとんど行っていない」というのは、「たまにいる売れていない営業マンは飛び込み営業をします」という意味です。こういった企業は半分以下の売れていない営業マンが飛び込み営業をしています。会社は売れている状態が普通の営業マンとみなしているので、売れていない営業マンが半分いても「ほとんど飛び込み営業はしません」と言います。一番は勤務中の社員に状況を聞くのが間違い無いです。

まとめ

・「反響営業のみ、飛び込み・新規テレアポなし」=飛び込み営業はなし
・「テレアポによる新規顧客獲得あり」=飛び込み営業はあり
・「飛び込み営業はほとんど行っておらず、かなり稀です」=飛び込み営業はあり
といったイメージになります。求人情報や人事に聞き、どのような営業スタイルをとっているのか確認するようにしましょう。もちろん企業によって違うため、上記の限りではありませんが、これから転職する方の参考になればと思います。
 営業であるため、売り上げに応じて歩合がつくことを望んで営業職に転職を考えていると思います。年収1000万円を超えるプレーヤーになるのであれば、飛び込み営業ありの会社の方が狙いやすいです。しかしそれだけの売上をあげるトップ営業マンになりたいわけではなく、ある程度の歩合が付き会社一丸となってお客様に提案営業をする仕事がしたい場合は、反響営業のみの会社の方が良いでしょう。





※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


住宅 営業

関連する投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

 住宅や街の至る所にコンクリートは使われています。しかし、コンクリートとは何でできているのか知らない方も多いです。コンクリートはコンクリートと考えている方が多いでしょう。そこでコンクリートがどのようなものからできているのかを知ることで、住宅のコンクリート劣化などがどうして起こるのか、コンクリートの質や特性について知るきっかけとしていただければと思います。


【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

 住宅建設において地盤調査をして、地盤によっては地盤改良が必要と判断されることがあります。ここで地盤調査というものがどのようなものか知らない方も多いのではないでしょうか。住宅営業に携わっている方も工事現場などをみたことのない方も多く、知らないままの人も多いです。ただお客様に説明するときにある程度の知識を持っていた方が望ましいです。この記事では簡単にわかりやすくご紹介いたします。


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理