【復活体験談】住宅営業が何もうまくいかない。やることがない。ひま。辛い。辞めたい。

【復活体験談】住宅営業が何もうまくいかない。やることがない。ひま。辛い。辞めたい。

 営業を始めたことがある人は、必ずうまくいかない経験をしたことがあるのではないでしょうか。ベテラン営業マンでも1年のうちに全く売れない月があるという方もいらっしゃいます。これから住宅営業に転職をしようと考えている方にとって一番不安なことは、営業はキツい、じぶんにできるのかということではないでしょうか。この記事では、実際に営業がうまくいかなくなってしまった方の体験談で、皆様が同じような状況になってしまった時の励みになればと思います。また、転職を考えている方に営業はうまくいかない時もあるということを事前に知っておくことで、転職してからも挫折をなるべく回避できるようにお役に立てれば幸いです。


住宅営業はうまくいかないと暇になる

 営業職というものは、お客様がいなければ暇になります。私は半年以上売れない期間があり、売れなくなってから2,3ヶ月して完全に暇になりました。一日中テレアポ、メール対応、資料作りをしているイメージがあるかもしれませんが、一番時間のかかる資料作りもお客様がいなければ始まりません。また、テレアポも電話をかける先が尽きてしまったり、メールも問い合わせが毎日山のようにくるわけではないです。そのため、ずっと売れずに営業をかける先が無くなってくると完全に暇になってしまいました。
このときの精神状態は非常に辛いものがあります。上司に毎日どこでお客様を見つけてくるのかと問い詰められ、お客様リストも底をつき、飛び込みにいく日も多くありました。しかし飛び込み営業といっても、ろくに飛び込み営業をやってこなかった私にとって、1日訪問したからといって、その日にお客様を見つけられるはずがありません。ましてや反響が来るまでの、仕方なくする仕事というイメージで、出先ではほとんどサボっていました。いずれ反響が来るからこんなことをしていても労力の無駄だと考えていたからです。この働き方が2,3ヶ月も続いてしまいました。ずっとお客様を見つけることができなかったのです。

何もうまくいかない時期が続く

 もちろん反響が全くないわけではありません。たまに来る物件問合せなどの対応を行なっていました。見込み客がいない状況ですので、1件1件丁寧に資料作成をし、お客様のご要望を丁寧にヒアリングし、内見を丁寧に行うなどできるだけの仕事を行なっていました。しかし、なぜか全くうまくいきませんでした。いくら丁寧に資料作成をしても、お客様からメールの返答が来なくなったり、購入意思がなくなってしまっていたり、競合に取られてしまったり。内見にご一緒したとしても、仕事状況で住宅購入をやめてしまった方や、契約手続きまで進んだのに、最後の住宅ローンの審査で落ちてしまうお客様もいらっしゃって結局数字が全くつきませんでした。
 自分の存在価値というものを感じられず、毎日憂鬱な気分で出社し、毎日何も考えていない業務を行い、このままではダメだと思いながらも何をしたら良いのかわからず、ただ転職してみれば何とかなるのではないかと考える毎日でした。

実質クビを突きつけられる

 半年以上の売れない期間があれば、会社にとってはいらない人材になります。売り上げも作らない営業は何もしていないのにただ給与をもらっているのと同じだからです。上司からやんわりと転職を勧めるような面談がありました。自分でも現状は把握しているし、何とか脱却したいけれども、どうしたら良いかわからず、ただ同じ日々を過ごしていた私にとって、ついに終わりが来たと思いました。実質クビのようなものです。
ここでいつもの楽観的な考えが頭をよぎります。転職をすれば次のところでうまくいくかもしれない。。。しかし、転職をしたところでこれだけ営業ができなかったのに、うまくいくとも考えることができませんでした。

そこで、なんとか現状を打破しようと決意します。(今思えば、何でもっと早く決意しなかったのか)

復活!売る。絶対に売る。とにかくアポイントを取る

 私の場合、特に何かをして復活したというわけではありません。言うなれば気合ですw 気合かよ!とツッコミが入るかもしれませんが、営業とはそんなものかもしれません。絶対に売ってやると気合を入れることで、行動が変わります。まず、お客様へのアポイントを徹底的に取るようにしました。3ヶ月以上テレアポもほとんどサボっていた私には、3ヶ月前にはかける先がなかったものも同じところにかければ良いだけです。問い合わせ案件にも、丁寧に資料作りはしますが、まず内見のアポイント、もしくは住宅ローンの相談のための面談設定をしました。まずは見込みのお客様を1週間に5件以上獲得を目標に行動していました。
 すると2週間後には契約の話まで進み、3週間後にはやっと1棟契約、4週間後には2棟の契約をすることができました。正直この月は運が良かったのもありますが、月間売上1位になりました。

結論:売れない人はいない

 何が言いたいかというと、やることを真面目にやっていれば、全く売れない人というのはいないと思います。ひと月に10人以上と面談し、1年間で120人と住宅購入の話をしていて、1件も売れないなんてことはあり得ないと思います。私のように精神的に落ち込み、お客様にもこの人大丈夫かな?なにかこの人から買うのは不安だなと知らずのうちに思われてしまっている場合だけでしょう。
 今営業がうまくいっていない方、これから営業職に転職を考えている方、当たり前のことを真面目にやっていれば必ず売れます。トップ営業になれるかはまずこれができてからです。なので、住宅営業にあまり不安になったり落ち込んだりせず、必ず正しい仕事をしていれば何とかなる。今うまくいっていない、うまくいくためには何をやっていないのか。それを考えれば良いだけです。少しでも皆様の不安を取り除ければ幸いです。



※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


住宅 営業 辛い

関連する投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

 住宅や街の至る所にコンクリートは使われています。しかし、コンクリートとは何でできているのか知らない方も多いです。コンクリートはコンクリートと考えている方が多いでしょう。そこでコンクリートがどのようなものからできているのかを知ることで、住宅のコンクリート劣化などがどうして起こるのか、コンクリートの質や特性について知るきっかけとしていただければと思います。


【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

 住宅建設において地盤調査をして、地盤によっては地盤改良が必要と判断されることがあります。ここで地盤調査というものがどのようなものか知らない方も多いのではないでしょうか。住宅営業に携わっている方も工事現場などをみたことのない方も多く、知らないままの人も多いです。ただお客様に説明するときにある程度の知識を持っていた方が望ましいです。この記事では簡単にわかりやすくご紹介いたします。


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理