【おすすめ本(建築編)】住宅(建築)業界で働くための建築・設備・施工に関する知識を身につけて転職、スキルアップに役立てよう

【おすすめ本(建築編)】住宅(建築)業界で働くための建築・設備・施工に関する知識を身につけて転職、スキルアップに役立てよう

 建築学科や、建設系の高専などから住宅(建築)業界で働いている方は別として、その他の方々は最初はほとんど知識がない状態で勤務することになります。建築は調べれば調べるほど情報量が多く、建築学を学ぼうとするとその煩雑さに驚く方も少なくないです。また、いくら知識として調べてはいても現場に出てみたら全く役に立たないことも多いです。知識と目の前の事象を関連づけることができないためです。しかし、知識を持っていなければ現場での経験を吸収する速度も遅くなってしまいます。この記事では、建築初心者の方が比較的苦がなく勉強できるおすすめの本をご紹介します。


日本家屋の代表「木造建築」について学ぼう

 建築の一番の基礎と言っても過言ではない木造建築についてまずは学んでみましょう。住んでいるけれでも、実際はどのようになっているのか全く知らないという方がほとんどですが、とても身近にあるものなので実物を見ながら勉強すれば知識も自然と入ってくるはず!?

ゼロからはじめる[木造建築]入門

出版社 彰国社  
著者 原口秀昭

 建築業界では専門用語のオンパレードです。それをわかりやすくQ&A形式でイラスト付きで解説しています。在来工法とツーバイフォーの基礎知識もこれを読めばわかります。目次は寸法、構法、基礎・地盤、壁・軸組、1階床組、2階床組、小屋組、屋根、外装、内装となっており、初心者が「職人の使っている言葉が何もわからない!」という状況を少しでも打破してくれる本になっています。

世界で一番やさしい木造住宅

出版社 エクスナレッジ
著者 関谷真一

 世界で一番やさしい建築シリーズの木造住宅編になります。地盤・基礎・軸組・内外装・断熱工事まで、現場目線でイラストと写真で解説しています。仕事でも役立つ一冊になっています。目次はプランと調査、地盤と基礎、ほねぐみ、屋根と外壁、内装と仕上げ、住宅の設備、住宅の外構となっています。

住宅の設備について勉強しよう

 水道、ガス、電気など普段使っているものは、当たり前になってしまって実際にどのような設備から使えるようになっているのか知らないことばかりという方も多いです。こんなふうになっていたのかという興味を持ちながら学んでいきましょう。

ゼロからはじめる建築の[設備]教室

出版社 彰国社
著者 原口秀昭

 Q&A形式でイラスト付きで解説してくれるシリーズです。最初にマンホールとは?から始まり、住居内のコンセント、店舗などのエスカレーターなど幅広く設備についての知識が身につきます。目次は設備インフラ、給水設備、給湯設備、配水設備、衛生器具、ガス設備、空調設備、電気設備、消火・防災設備、搬送設備となっています。

世界で一番やさしい建築設備 最新改訂版

出版社 エクスナレッジ
著者 山田浩幸

 発行年月日が2020年2月となっており最新の設備情報まで載っています。設計や管理業には必須の一冊となっています。目次は設備計画を始める前に、給排水・給湯のキホン、換気・空調のキホン、電気・通信のキホン、オフィス・その他施設のキホン、省エネ設計に挑戦、設備図と関連資料となっています。

工事現場ではどのように進んでいくの?施工方法を学ぼう

 よく見かける工事現場で住宅が建っていくのを見たことがない方はほとんどいないのではないでしょうか。ただ実際にどのように工事がなされているのかは知らない方が多いです。勉強することで、住宅建設の工事現場をついつい「どの工程をやっているのかな」と見てしまうでしょう。

ゼロからはじめる建築の[施工]入門

出版社 彰国社
著者 原口秀昭

 建物を作る順序に説明があり、非常に学びやすい本になっています。土地の準備工事などから、仕様書について、工事管理者、測量などから説明されており、実際の現場がどのように進んでいくのかがわかりやすく解説されています。目次は、概略、契約、工程表、測量、水盛り・遣り方、地盤調査、杭工事、地盤改良、根切り・山留め、地業、仮設、型枠、鉄筋工事、コンクリート工事、鉄骨工事、防水工事、外装工事となっています。

施工がわかるイラスト建築生産入門

出版社 彰国社
一般社団法人 日本建設業連合会 編

 800点を超えるイラストで非常にわかりやすく建築物が出来上がる工程を解説しています。人と技術、現場でのエピソードや豆知識などもふんだんに織り交ぜた初心者向けの1冊です。目次は、建築生産のしくみ、着工から竣工まで、維持・保全・改修工事、解体工事となっています。

まとめ

 建築関係の書籍は専門書の部類になるため、非常に難解な本が多い印象を受けるかもしれません。その中でも今回ご紹介した記事は、比較的イラストを使って非常にわかりやすく解説してくれている書籍のため、初学者にもやさしいものだと思います。



※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


住宅 建築

関連する投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

 住宅や街の至る所にコンクリートは使われています。しかし、コンクリートとは何でできているのか知らない方も多いです。コンクリートはコンクリートと考えている方が多いでしょう。そこでコンクリートがどのようなものからできているのかを知ることで、住宅のコンクリート劣化などがどうして起こるのか、コンクリートの質や特性について知るきっかけとしていただければと思います。


【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

 住宅建設において地盤調査をして、地盤によっては地盤改良が必要と判断されることがあります。ここで地盤調査というものがどのようなものか知らない方も多いのではないでしょうか。住宅営業に携わっている方も工事現場などをみたことのない方も多く、知らないままの人も多いです。ただお客様に説明するときにある程度の知識を持っていた方が望ましいです。この記事では簡単にわかりやすくご紹介いたします。


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

【超重要】現場監督が行う品質管理の仕事

住宅建築の現場監督の仕事は、多くの業務をこなしていかなくてはいけません。 なかでも「品質管理」は、建築主の要求に沿ったものを約束の期日までに忠実につくるといった、施工管理として重要な業務のひとつとなります。 工事現場には多くの資材が納入され、また多くの作業員が工事を行います。 これらに間違いが生じることのないよう管理することが「品質管理」のおもな仕事です。 そこで本記事では、現場監督が行う「品質管理」の仕事の内容について、詳しく解説したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理