【ブラック企業を回避】住宅業界への転職|企業の見極めポイント5選

【ブラック企業を回避】住宅業界への転職|企業の見極めポイント5選

 転職の際に、求人情報などをみても、どこの会社も似たような文言で、面接も似たような質問ばかり。どこの企業が良いのか分からない方も多いかと思います。そこで、住宅業界の企業でブラック企業や、働きにくい会社を見極めるポイントについてご紹介いたします。


①IT化が非常に遅れている

 住宅業界はIT化が遅れている業界ですが、着々と導入企業が増えています。社員の勤怠管理や現場の施工管理もアプリなどを導入している企業も多くなっています。一方で、全くIT化が進んでおらず、アナログな業務が多いため、勤務時間も長くなり、無駄な仕事も多い企業もあります。このような企業の場合、働きづらさを感じることがある可能性があります。

企業の成長性も測れる!?

 IT化を推進していないということは、企業として社員の働きやすさ向上、お客様の満足度の改善などに積極的でない可能性もあります。このような企業は業績の成長も見込めない可能性もあります。たとえ働きやすい環境でも、企業が成長しなければ、社員の給与なども上がって行かないため、注意が必要です。

②中堅層の社員が少ない

 20代から30代前半の若手社員と50代の社員で構成されている企業は要注意です。若手社員はやりがいや歩合給などで求人をかけていますが、離職率が高い会社の特徴です。20代の社員が30代後半から転職し、長く働きやすい企業でないことがわかります。このような会社で50代の中途社員は、数回の転職を繰り返し、行き着いてきた人材で、定年まで何事もなく働ければ良いと考えている人材も多いです。

目先の利益だけを求めている!?

 中堅層の社員がいないということは、企業としてはノウハウが蓄積しない、目先だけの利益を求めた組織になっている可能性がありますので注意が必要です。また、中堅層の中途社員がいないということは、能力に見合った高い給与を払うことを避けているともみれます。つまり、基本給の低い若手社員や、比較的基本給の少なくなる50代以降の社員だけを雇っているため、中堅層は必要なく、若手を育てる環境も無い可能性があります。

③営業の社内業務時間が4時間を超える

 営業は外回りが多いですが、残業時間を使って、社内での業務時間が常に4時間を超える会社は要注意です。営業日報や、顧客管理、提案資料の作成に4時間はかかりません。かかっても3時間ほどでしょう。毎日4時間以上、社内業務を行う営業部は、上司からの過度のアドバイス、無駄な打ち合わせをしている可能性があります。もちろん提案資料作成に時間を取られることはありますが、多くても週に1度程度でしょう。

働き方改革をしていない!?

 残業時間や勤務体系・賃金体系などの改善を積極的に行なっていない会社が、残業を多くしています。働きやすい環境を整備する意思がない会社の可能性があります。

④飛び込み営業が多い

 ネット集客、各広告からの問い合わせへの反響営業がメインと謳っている企業でも、案件がないときには飛び込み営業をしている会社が多いです。この飛び込み営業の割合が以上に多い会社は気をつけましょう。売れない社員や中途社員には、飛び込み営業をさせるからです。なぜなら、成約する確率の高い信頼のおけるベテラン社員に反響顧客を割り振るからです。転職してから顧客を割り振られるようになるまで飛び込み営業だけをさせられる企業もあります。

社員数が少ない場合には特に注意

 営業部が5人ほどの会社の場合、ベテランの営業マンがほとんどの顧客を取ってしまう体制が確立されている可能性があります。中途の新人などは飛び込み営業をして、アポを取ってくるだけで、あとは先輩社員に任せるという、新人を使い捨てにしているところもあります。

⑤求人情報の給与のモデルケースに年収のみの記載

 よく求人情報の給与モデルケースとして、26才・年収600万円(2年目営業)、34才・年収750万円(中途3年営業支店長)などと記載されています。ここで注意することは、基本給の昇給が書いていないことです。つまり、歩合給のみの昇給である可能性があります。26才でも年収400万円、34才になっても年収450万円ということがあり得ます。会社の賃金体系、評価昇給制度などもしっかりと確認しておくのが良いでしょう。

まとめ

 IT化が遅れている、中堅層の社員が少ない、営業の社内業務が4時間以上、飛び込み営業がメイン、求人情報の年収モデルケースなど、さまざま注意点があります。もちろんこれらが当てはまればブラック企業と確定できるわけではありませんが、少しでも転職活動の参考になれば幸いです。




※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


住宅 ブラック企業

関連する投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


【第一印象で決まる】住宅営業の服装おすすめ(女性編)

【第一印象で決まる】住宅営業の服装おすすめ(女性編)

 住宅営業マンはトークや誠実さなど内面や対応も大事ですが、まず初めの第一印象によって、お客様は話をしたいかを決めます。見た目の印象が悪いと、せっかく良い提案をしても、第一印象を覆す信頼関係作りをしなければならないため、成約率も下がります。この記事では、女性営業マンのおすすめの服装についてご紹介いたします。


最新の投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

 モデルハウス、住宅展示場に集客することが営業売上を伸ばす上で大きな要因となります。会社としてのマーケティングや、住宅展示場でのイベントなどによって集客量は大きく変わりますが、実はそれだけではありません。住宅展示場に多くの人が来ていても、来客が多いメーカーとそうでないメーカーに分かれます。企業の認知度だけでなく、現場での工夫が集客量を増やす秘訣です。この記事でモデルハウスなどへの集客方法を3つご紹介いたします。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理