【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

【簡単】地盤調査は何してる?ボーリング調査について知ろう

 住宅建設において地盤調査をして、地盤によっては地盤改良が必要と判断されることがあります。ここで地盤調査というものがどのようなものか知らない方も多いのではないでしょうか。住宅営業に携わっている方も工事現場などをみたことのない方も多く、知らないままの人も多いです。ただお客様に説明するときにある程度の知識を持っていた方が望ましいです。この記事では簡単にわかりやすくご紹介いたします。


そもそも地盤調査はなぜ必要?

 地盤調査は、建造物が長期間維持されるために必要な調査です。地震などの影響により、地盤そのものがズレるということがあるかどうかを調査し、より安全な地盤に建造物を建てることを目的としています。また、地盤改良により安全な地盤にしてから建造物を建てます。
 さらに簡単にご説明すると、山や丘、急斜面に建物を建てようとはほとんどの場合しませんよね。これは建物が建てられなかったり、地震等で滑ってしまうためです。この場合は目で見てすぐわかるのですが、地盤は目で見てもわかりません。地面の表面は見た目は同じだからです。そこで地面の奥深くまでどのような状態になっているのかを調査するのが地盤調査です。

地盤が弱いと起こること

・不同沈下
ある一定の場所だけが建造物の重さなどに耐えられず、沈んでしまうことです。住宅が傾く原因になり、非常に危険です。住宅は水平と垂直が保たれた言わば重い箱です。この一部が沈むと、全ての建材が歪み、あらゆる箇所で不具合が生じます。

・液状化
土が液体のような状態になってしまうことです。イメージとしては底なし沼のようなものです。本来、土の粒子が結合して硬くなっているのですが、一定の条件下では、この土の粒子の結合が無くなり流動的になります。そして液状化した土は時間が経ち、再度固体化します。すると最初にあった土の粒子の隙間が無くなり体積が減ります。つまり地面が窪んでしまい元に戻すには土を上から足すしかありません。

ボーリング調査は地盤調査の1つの方法

 ボーリング調査というのは、地盤調査の1つで、他にはスウェーデン式サウンディング試験などの方法があります。スウェーデン式サウンディング試験も一般的な地盤調査の方法として採用されています。ボーリング調査はその中でも精密な調査で、費用もかかるものになります。簡単に、ボーリング調査では土のサンプリング(採取)を行うことができ、スウェーデン式サウンディング試験は土のサンプリングを行わないもので、後者は比較的小規模の建造物にのみ採用される方法になります。

ボーリング調査の方法

 機械で10m~数十m掘り、1mごとの土のサンプルを取ります。新型の自走式のボーリング調査機と従来型のボーリング調査機があります。自走式では移動が楽で、深度20mまでが調査可能で、作業スペースも少なくて済むものです。従来型のボーリング調査機は、トラックに積んで運ぶ大型のもので、現地で約5m四方にやぐらを組み掘削していくものです。深度の制限はなく、大型の建造物を建てる際にはこちらが必要になります。

ボーリング調査でわかる地盤のこと

 N値(地盤の強度)、土の密度、地盤の種類(○層など)、液状化の可能性などがわかります。ここではN値についてご説明いたします。
地盤の強度を表すN値ですが、簡単に「ハンマーで叩いた時に30cm沈むまで何回叩いたか」というようなものです。正確には63.5kgの錘を76cmの高さから自由落下させ、サンプラーが30cm貫入するために必要な打撃回数になります。つまり、N値(打撃回数)が大きい方が、土が沈みにくいので強度が高いということになります。

地盤が弱い時に行う地盤改良

 地盤改良を行うことで、地盤が弱い土地にでも建造物を建て、長期間地震などにも耐えることができます。一般住宅などではどのような地盤改良が行われるのでしょうか。簡単にご紹介いたします。

・表層改良工法
深さ2mほど土を掘り、固化剤を混ぜることで地盤を固くします。比較的簡易的な地盤改良方法になります。床面積20坪で約50万円の費用がかかります。

・柱状改良工法
ビルやマンションの地盤改良にも用いられます。コンクリートの柱を土の中に作り、建造物がより強固な状態にする方法です。一般住宅の場合には4mほどの深さまで柱を打つ場合が多いです。床面積20坪で4mの柱を50本打った場合、約100万円の費用がかかります。

まとめ

 住宅建設において、地盤調査は必要不可欠なものになります。地震が多い日本において地盤が緩い土地に住宅を建ててしまっては、いつ不具合が起きるか分からないです。ボーリング調査やスウェーデン式サウディング試験など、簡単にどのようなことを行なっているのかは把握しておくようにしましょう。



※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


住宅 調査

関連する投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

【簡単解説】コンクリートはセメント、砂、砂利を混ぜたもの|住宅での利用について

 住宅や街の至る所にコンクリートは使われています。しかし、コンクリートとは何でできているのか知らない方も多いです。コンクリートはコンクリートと考えている方が多いでしょう。そこでコンクリートがどのようなものからできているのかを知ることで、住宅のコンクリート劣化などがどうして起こるのか、コンクリートの質や特性について知るきっかけとしていただければと思います。


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

 ①では、追加オプションの例を外壁と屋根でご説明いたしました。②では外構や室内での追加オプションについてご紹介いたします。オプションは細かく見ていくと様々ありますが、ここでは代表的なものを取り上げています。住宅営業として次はこんな提案をしてみようという単価アップに役立つと同時に、お客様に喜ばれることが増えることにお役立ちいただければと思います。


最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理