住宅営業が知っておくべき建物の知識【扉の名称編】

住宅営業が知っておくべき建物の知識【扉の名称編】

住宅の扉には様々な仕様や造りがあります。各所の形や名称を覚えておくことは、住宅営業にとって大切なスキルの1つです。お客様の希望の住まいを聞き取るだけでなく、建物の知識に乏しいと「この住宅営業の人は建物の知識があるのだろうか?」という不安を、お客様に抱かせてしまいます。


扉は和風の住宅や洋風の住宅に合わせ、開口部に様々な形の戸や扉を取り付けます。この記事では、扉の名称や造りについて紹介しています。お客様に説明するためだけでなく、自社の設計者や施工管理とスムーズなやり取りを行うためにも、扉の名称はしっかりと覚えておきましょう。

引き戸(ひきど)

和風住宅に多い仕切り戸を横にスライドさせて開くタイプです。引き戸の種類には、仕切り戸の数や戸をスライドさせる方法によっても名称が変わりますが、ほとんどが以下の3タイプの引き戸になります。

片引き戸(かたびきど)

開口部上下に一本の溝やレールを敷き、1枚の仕切り戸を左右どちらかにスライドさせることができます。開けた時に戸の控え壁が必要となるので、場所によっては設置ができない場合があります。玄関や居室の入り口などによく利用されます。

引き違い戸(ひきちがいど)

開口部の上下に2本の溝やレールを敷いて、2枚の仕切り戸を左右どちらの方向にも開くことができます。状況によってどちら側にも開くことができるので使い勝手は良いですが、廊下や玄関に設置するには十分な幅(扉2枚分以上)が必要です。和風の住宅では、戸板をふすまや障子が使われます。

戸袋引き込み(とぶくろひきこみ)

横にスライドした仕切り戸が、壁の中や仕切り戸を収納するために作られたスペースの中に入る引き戸になります。開けた時に扉が邪魔にならず、開口部がスッキリとした空間になります。設置には仕切り戸が収納されるスペースの確保が必要です。

開き戸(ひらきど)

扉と枠の片側に、蝶番や軸受け金具を取り付けた仕切り戸で、戸が奥、もしくは引き手側に解放します。引き戸に比べると種類は多くはありません。洋風建築には室内扉や玄関扉として多く取り入れられています

片開き戸(かたびらきど)

1枚の仕切り戸の取っ手(ノブ)を持ち、押すか引くことで解放できる、一般的によく見られる扉(ドア)です。「シングルタイプ」とも言います。 また、室内側に開く「内開き」と、室外側に開く「外開き」があります。

両開き戸(りょうびらきど)

開く扉が2枚の開き戸で、左右対称の形をしており「観音開き(かんのんびらき)」とも呼ばれます。開口部を大きく開くことができるので、室内では主に収納スペースの扉によく用いられ、玄関用には扉自体に重厚感を持たせて利用します。設置個所に広いスペースが無いと設置が難しい扉です。

親子ドア(おやこどあ)

前述の両開き戸の片方の幅を小さくして、左右非対称にした開き戸になります。通常の出入りは大きい方の扉を利用し、大きい荷物を室内に通す時や、掃除をする時などに小さい扉を顔放します。必要に応じて開口部の大きさを変られる事が最大の特徴です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

戸、扉、ドアなど、建物の開口部には様々な仕切り戸が設置されており、建物の造りに合わせたり、住人の希望や要望に合わせて設置されます。その他にも、クローゼットによく利用される「折れ戸(おれど)」や、仕切り戸をレールに吊った状態の「吊り戸(つりど)」といったタイプもあります。

戸や扉の名称を知り、どんな所に設置できるかを把握しておけば、お客様の希望を正確に聞き取り、アドバイスをスムーズに行えます。また設計の段階でも、設計者に正確な建具の情報を伝えることもできます。

建築用語はたくさんあるので、形や仕組みもしっかり覚えて、名前と物が違うといった間違いだけは避けるようにしましょう。



※この記事はリバイバル記事です。

最新の投稿


【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

【未経験OK】住宅営業で活躍する人材の特徴5選

 住宅営業に転職しようと考えた時、営業職を経験したことがないけど大丈夫なのか。自分が住宅営業をできるのか、そもそも営業職をやっていけるのかなど、さまざまな不安があると思います。住宅営業は未経験の方も多く転職する職種です。そこで、向いている方の特徴をご紹介し、どのように働いていくのが良いのかのご参考になればと思います。


【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

【転職活動の基礎知識】自己都合退職と会社都合退職の違いとは?

会社と退職するときには、大きく「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つの種類に分けられます。 これらの違いはおもに退職理由になりますが、どちらで退職するかによって失業給付の取り扱いや転職活動に影響を及ぼしかねない点で注意が必要です。 また、この違いを知っておくだけで退職後の活動が有利になる可能性もあることから、損をしないためにも理解しておくとよいでしょう。 そこで本記事では、「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについて深掘りしてみたいと思います。


【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

【転職活動の基礎知識】退職するときの手続きの流れを解説

転職活動をするときに避けて通れないのは、やらなくてはならない退職に向けた面倒な手続きです。 しかも、退職を決意して転職にいたるまでの時間は限られます。 そのため、スケジュールを決め計画的に実行してくことが重要なポイントです。 そこで本記事では、転職活動における退職するときの手続きの流れについて、詳しく解説していきたいと思います。


建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

建築模型士とは?仕事内容やなる方法は?

住宅業界には多くの業種が存在します。 それらのなかで「建築模型士」という仕事がありますが、「どのような仕事なのかよくわからない」、あるいは「どうすればなれるの?」など疑問に思う人も多いようです。 「建築模型士」とは、その名の通り建築物のミニチュア模型をつくる人のこといいます。 では、具体的にどのような仕事で、またどのような方法でなれるのでしょうか? そこで本記事では、「建築模型士」の仕事内容やなるための方法について詳しく解説したいと思います。


【豆知識】建設と建築の違いとは?

【豆知識】建設と建築の違いとは?

「建設」と「建築」には異なる意味があることをご存知でしょうか? これらは同じものとして使われるケースも多くありますが、そのことでなにか問題が発生するかかといえばそんなことはありません。 とはいえ、建設業界での転職を目指すのであれば、知識のひとつとして知っておいたほうがよいでしょう。 そこで本記事では、「建設」と「建築」の違いについてご紹介したいと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理 品質管理