新築信仰とは?新築住宅よりも中古住宅の方が得なのか

新築信仰とは?新築住宅よりも中古住宅の方が得なのか

住宅を購入するとなると、ほとんどの方が新築住宅を購入します。中古住宅を購入するという方はあまりおらず、流通市場としても新築がメインとなっています。日本人は新築信仰であるとか、木造住宅の寿命は30年程度とも言われています。しかし、近年では新築住宅の供給が過剰になりつつあり、中古住宅の流通を増やそうとする動きもあります。この記事では、なぜ中古住宅が流通せず、新築信仰と言われてしまっているのかなどについてご紹介いたします。


新築信仰とは

新築信仰とは、新築住宅の購入しか考えず、中古住宅などは購入の検討にも入らない方が多いということです。前に住んでいた人がいる住宅を購入したくないという生理的な面や、せっかく生涯住まう住宅を買うなら新品が良いという思いもあるでしょう。

新築信仰という言葉には、本来は中古住宅の方が得なのに新築住宅を欲しがる、という意味が込められています。しかし、本当にそうなのでしょうか。日本で新築住宅を購入したいというニーズが高まっている理由について考えてみましょう。

中古住宅の流通量は全体の約14.5%

中古住宅の流通量は、2018年の総務省および国土交通省の統計によると約14.5%です。アメリカ約81%、イギリス約86%、フランス約70%と比べると、日本は非常に低い比率であることがわかります。

海外と比較して、ここまで中古住宅の流通量が低いことからも日本は新築を好む傾向にあることがわかります。

中古住宅を購入しない理由

中古住宅を購入しない理由について、日本人が考えていることを列挙してみました。中古住宅にメリットがあれば、自然に流通量も多くなるはずです。しかし、そうはなっていない理由について考えてみましょう。

中古住宅の状態が不透明

まずよく言われているのは、中古住宅の状態、メンテナンスの有無、済み始めてから不具合が起きる可能性について知るデータがないということです。最近では建物状況調査などの提案がなされるようになり、徐々に中古住宅の流通を増やそうとする試みもなされています。

間取り、性能の問題

間取りの流行りがあり、築年数が20年を超えてくると、狭いリビングなどの間取りが主流です。現在は広いリビングが好まれる傾向にあり、中古住宅を購入する際の障壁にもなっています。

また、耐震、断熱といった住宅性能も年々上がってきているため、中古住宅を購入するよりもローコスト住宅を購入した方が住宅性能及び住宅設備についても高性能で費用もお得感があります。

日本は地震などの自然災害も多く、建築基準法が更新されたりより安心な住宅設計が開発されています。これらの理由により中古住宅を購入するには不安があるという方も多いです。

価格のお得感がない

中古住宅は、安くて当たり前と思われるかもしれませんが、実際はそこまで安いということはありません。もちろん築30年や築50年を超えるような物件についてはかなりの安価で販売されていることもありますが、それらは住むためにはかなり劣化し過ぎており、住宅性能もかなり低く、快適な住まいというわけにはいかないことが多いです。

そして劣化が著しくない築10年などの住宅は、実は価格としてはそこまで安価になっていないということが多いです。例えば築10年で3000万円の住宅があったとし、新築住宅を建てるとすると2500万円の物件があったとします。中古住宅の方が値段が高いため、住宅性能も高いことが予想されます。しかし、これからメンテナンス費用がかかり、劣化状況がわからないものより、建築基準法に則った最新の住宅で、設備も最新の安い住宅の方が魅力的に見えるのは当然ではないでしょうか。

車の例を出すと、10年落ちの当時最高グレードのプリウス150万円と、新車で最低グレードのプリウス250万円ではどちらを購入したいでしょうか。このような心理が住宅にも働いていることは間違い無いでしょう。

税制優遇がない

日本は、新築住宅に税制優遇があります。不動産取得税や固定資産税など、新築住宅の購入を促すような措置がなされており、これらも新築住宅を購入する意思決定を後押ししています。

そもそもなぜこのような制度があるのでしょうか。日本の住宅ストックを災害に強いものにするためと、国が住宅メーカーの経済効果を後押ししていると言えるでしょう。新築住宅ではなく、中古住宅がメインの市場に変えるとなると、住宅メーカーは大打撃です。このような理由からも、新築住宅市場を後押しするようなトレンドを作ってきたのは国とも言えます。

中古住宅の付加価値は、土地の価値が高い場合のみ!?

中古住宅を購入する場合は、どのような場合でしょうか?実際の市場を見てみると、どうしてもその土地に住みたいと考えている場合や、新築購入よりも明らかに費用感もお得と感じた場合などに限られているようです。大手ハウスメーカーなどで建てた住宅で、住宅性能や劣化状況が明瞭になっている場合にも流通しやすいようです。

関連するキーワード


住宅

関連する投稿


【転職前に知ろう】注文住宅との違いは?建売住宅営業の売り方

【転職前に知ろう】注文住宅との違いは?建売住宅営業の売り方

 住宅営業に転職を考えている方で、注文住宅を売ろうか、建売住宅を売ろうかどっちにしようか迷う方も多いかと思います。注文住宅の方が営業マンとしては比較的知識が必要で、単価も高くなる傾向にありますが、建売住宅よりも売りにくいです。実際に契約から引き渡しまで注文住宅の方が時間もかかることから大変な部分も多いです。今回の記事では、建売住宅の売り方は注文住宅とどう違うのか、営業のやり方をご紹介していきます。


資格はないけど、転職を成功させたい!注文住宅営業に必要な知識の付け方

資格はないけど、転職を成功させたい!注文住宅営業に必要な知識の付け方

 建築士や建築施工管理技士など、資格を持っていなくても転職できるのが住宅営業です。いざ転職をしようと思っても、全く別業界から何の知識もないのに大丈夫なのかと不安になる方も多いかと思います。しかし、営業は知識があるから売れるわけではなく、実際全く別業界で資格もない方がトップ営業になることもあります。この記事では、建築の知識がない方が、どのように知識を蓄えていけば良いかご紹介していきます。


【キツい辞めたい】住宅営業に行き詰まったら?営業の改善方法3選

【キツい辞めたい】住宅営業に行き詰まったら?営業の改善方法3選

住宅営業はキツい、辞めたいという声が多く出てきます。営業全般同じですが、住宅営業は新規のお客様が見つからない、契約まで時間がかかる、営業一人当たりの売上棟数が比較的少ないこともあり行き詰まる方が多いです。100円の商品は100個売っても、1万円の売上で営業マンはほとんど売り上げを作っていないですが、営業マンとしては1つでも売れるか売れないかの違いは、精神的に違いますよね。営業がうまくいかない時、必ず改善する余地はあります。退職や転職を考える前に、自身の営業方法を見直してみましょう。仕事を続けないにしても、少しでもうまくいってからの方が、精神的にも次に繋げられるようになりますよね。


【住宅営業で絶対に有利な資格】住宅営業において絶対に持っておきたい資格3選

【住宅営業で絶対に有利な資格】住宅営業において絶対に持っておきたい資格3選

既に住宅業界で営業をされている方はよく知っていると思いますが、住宅営業において持っていると各段に有利になる資格が存在します。 今回は住宅業界で持っておきたい資格と言うテーマで解説します。 これから住宅業界の営業職を目指すという方も是非、最短の試験で受験してください。 ご紹介する資格を持っているだけで給料も上がって、顧客からの信頼も各段に上がります。


【こんな会社はすぐ辞めるべし!】住宅業界で働いてはいけない会社3選

【こんな会社はすぐ辞めるべし!】住宅業界で働いてはいけない会社3選

住宅業界の営業に興味がある方や転職を考えていて会社を探している方、または住宅会社に就職したが、今いる会社に不満や疑問を持っている方はこれからの解説をご覧ください。 ここでは「こんな住宅会社では働いてはいけない」というテーマで具体的な例を挙げて、働いてはいけない、今すぐ辞めるべき会社について解説します。 ここで例に挙げるような会社で働き続けても「稼げない」、「仕事に社会的な意義を感じない(やりがいを感じない)」、「成長しない」、「やる気にならない」ことになります。 もし、今働いている会社が当てはまっているならすぐに転職しましょう。


最新の投稿


内装施工管理に転職!年収や仕事内容をご紹介〜空間を創る楽しさを感じよう

内装施工管理に転職!年収や仕事内容をご紹介〜空間を創る楽しさを感じよう

 建築系の施工の中でも、内装施工は最後の仕上げを行う工事段階になります。内装一つでそこの空間のイメージが変わります。綺麗な空間を創りたいという想いから転職をされる方も多い業種です。昨今では内装にこだわった店舗作りなどが多く、クロス屋、左官屋、大工、建具屋、塗装屋、畳屋など様々な職人が関わることがあります。これらの工事をクライアントの要望通りに施工するためには、管理者の存在が必ず必要です。今回の記事では内装施工管理の年収、仕事内容をご紹介します。


【未経験から転職】建築系施工管理の仕事内容・年収、働いてから身に付くスキルや資格をご紹介

【未経験から転職】建築系施工管理の仕事内容・年収、働いてから身に付くスキルや資格をご紹介

施工管理職は様々な建物、設備、リフォームなどの管理を行い、完成まで導く非常に重要なポジションの仕事になります。また、現場の管理だけでなく、各業者への発注、スケジュール管理など高いマネジメントスキルが身につきます。未経験からでも建築業界で働き、住空間などを提供したいと考える方もいらっしゃいます。この記事では、未経験から就職した場合、どのようなステップを踏んでいくことになるのかご紹介いたします。


施工管理とはどんな仕事?とくに重要な4つの管理とは

施工管理とはどんな仕事?とくに重要な4つの管理とは

住宅建築に不可欠な「施工管理」とはどのような仕事でしょうか? とくに施主にとって住宅の新築は、一生に一度の大切な買い物です。 満足できる買い物だったと喜んでいただくには「施工管理」の仕事が重要なカギを握っています。 また「施工管理」の仕事は非常に幅広く、いくつかの管理業務を同時に進めていくことも求められます。 そこで今回は、「施工管理」とはどのような仕事なのか、またとくに重要な4つの管理業務について深掘りしてみたいと思います。


転職前に知っておきたい!現場監督のつらいこと

転職前に知っておきたい!現場監督のつらいこと

「現場監督の仕事はつらい」とよくいわれますが、実際はどうなのでしょうか? 建設業界は慢性的な人手不足にあり、現場監督についても同様です。 必ず資格が必要な仕事というわけではなく、また需要も高い傾向にあることから、やってみたいと希望する人も多いのではないでしょうか。 転職する前に実態を知っておけば、その不安を解消することも可能です。 そこで今回は、現場監督の仕事でとくにつらいことについて、ご紹介していきたいと思います。


こんな職種もあったのか!施工管理職から転職するスキルを活かしたオススメの異職種⑧選

こんな職種もあったのか!施工管理職から転職するスキルを活かしたオススメの異職種⑧選

 施工管理職は、現場仕事な面もあります。そのため、休みがない、残業が多い、見合った給与ではないなど様々な悩みを抱える方がいらっしゃいます。そこで、この記事では施工管理職から希望の条件の職種に転職するために、スキルを活かせる職種をご紹介します。施工管理職から、本部の業務に行けるプランが無くなってしまった。子供も生まれて休みが無いのが困る。一生働き続けるには体力も持ちそうにない。働く環境を変えるためには、転職が良い方法です。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 職人 現場監理 営業 資格