ライフスタイルに急な変化が!住宅の住み替えを成功させる方法

ライフスタイルに急な変化が!住宅の住み替えを成功させる方法

一生住もうと思って購入した新築住宅、15年程度だけ住もうと考えていた中古住宅、売買が比較的スムーズに済むと考慮して購入したマンション、様々な状況で購入した住宅も、ライフスタイルの変化などで住み替えを検討される方も多くいらっしゃいます。予算に余裕がある場合には、住み替えもそこまで気にしなくても、諸費用などを抑えられるように動けば問題ありません。しかし、住宅ローンを借り入れており、新居にも住宅ローンを借りる際などはタイミングなどが難しい事情があります。住み替えを成功させるために、どのような理由や方法があるかについてご紹介いたします。


住宅の住み替え理由

住宅の住み替えを検討する理由はどのようなものがあるでしょうか?
・転勤が決まった
勤務先で転勤を命じられてしまい、通勤などが難しくなってしまった場合です。持ち家を持っている場合は、会社から転勤命令を拒否することもできることもありますが、会社の意向に合わせる代わりに昇進などをされる方もいらっしゃいます。

・建て替えではなく全て新しくしたい
住宅の間取りや様々な設備等を交換するリフォームやリノベーションを行う方法、もしくは建て替えをするという方法もあります。しかし、住んでいる土地も変えたい、もっと良い土地に住みたいということであれば、住み替えを検討することになります。

・近隣トラブルに悩まされている
住宅に特に不満を感じていなくても、近隣トラブルなどがあり仕方なく住み替えを検討される方もいらっしゃいます。相手方に転居してもらうという要求は通らないことが多いです。

・住宅ローンの支払いが厳しくなってきた
住宅ローンの月々の支払いが厳しくなってしまうこともあります。例えば5000万円ほどの借り入れを行い、月々15万円ほど返済していたが、月々10万円以内に抑えたいなどです。給与が下がり、賃貸に住むには部屋が狭いなどから住み替えを検討される方もいらっしゃいます。

住宅事業者の方は、住み替えを検討されている理由を把握することで、お客様に対して具体的なご提案ができるようになります。住宅ローンの借入などの際にも、必要な情報となります。

住宅ローンに注意、つなぎ融資や住み替えローンを利用しよう

住み替えで注意しなければならないのは、基本的には住宅ローンを完済しなければいけないということです。現在組んでいる住宅ローンを返済しなければ、新たに住宅ローンを組むことができません。
売買のタイミングを合わせ、現在の住宅を売るのと新居を購入するタイミングを不動産に協力してもらいながら進めます。タイミングを一緒にすることで、ダブルローンとならずに引っ越し費用も1回で済みます。

売却先行は仮住まいが必要

売却先行は、現在の住宅を売却してから、新しい住宅を購入する方法です。先に住宅を売り、資金や引越しのタイミングなどにも余裕があります。
しかし、新居に移る前に仮住まいが必要になります。賃貸住宅を借りる予算がある方や、実家などに一時的に済むことができる方が適しています。引っ越し回数が2回となること、家具などをおく場所が必要になる点にも注意です。

*買い替え特約
買い替え特約とは、現在の住宅の売却ができなかった際に新居購入の契約がキャンセルとなる特約です。新居購入契約の違約金などが発生しないため、売却と購入のタイミングが近い場合には利用した方が良いです。

購入先行は二重ローンとなる可能性あり

購入先行は、新しい住宅を購入してから、古い住宅を売却する方法です。現在の住まいに住んだままの状態で新居を選ぶため、時間に余裕ができます。また、仮住まいも必要ないため、引っ越し回数が1回で済みます。
しかし、住宅ローンが残っている場合には、二重ローンとなり2つの住宅の維持費用を支払う期間がある点に注意です。

住み替え先は建売と注文住宅で違いはある?

住み替えは、建売住宅もしくは中古住宅、そして注文住宅の選択肢があります。マンションなどの集合住宅に住み替える場合もあります。

建売住宅や中古住宅の場合には、購入先行となることが多いです。中古住宅の場合には融通が効くことも多いですが、建売の場合には入れ替わりが激しいために先に購入をしないと売れてしまうためです。

注文住宅の場合には、完成、引き渡しまでに半年程度かかることもあり、売買のタイミングを合わせることは難しくなります。各業者と事前に打ち合わせを行い、なるべく決済タイミングを合わせるようにしましょう。

まずは不動産屋に相談してみよう

住み替えの場合には、資金繰りや住宅の売却、新居の購入と契約関係の事務作業も増え、不動産屋に専門的な段取りを相談しなくてはいけません。
予算がないと言った場合でも、まずは現在の状況と照らし合わせて、どのような方法があるのかを相談してみましょう。

関連するキーワード


住宅

関連する投稿


【超高齢社会の到来】高齢化を支えるバリアフリー住宅とは

【超高齢社会の到来】高齢化を支えるバリアフリー住宅とは

超高齢化社会の到来とともに、バリアフリー住宅のニーズが高まっています。 しかし、バリアフリー住宅とは具体的にどのようなものなのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか? 一般的にバリアフリー住宅とは、高齢者や障がい者にとって障壁をなるものを取り除き、安心で安全な生活をサポートする住まいのことをいいます。 住まいのバリアフリー化は、これからの住宅業界にとって新しい需要であり、時代のニーズと捉えていく必要があります。 そこで本記事では、バリアフリー住宅とは具体的にどのようなものなのか、おもに高齢化を支えるための視点からご紹介したいと思います。


住宅業界はデジタル化が遅れてる!?リモートワークや施工管理のデジタル化はどこまで進んでいるのか

住宅業界はデジタル化が遅れてる!?リモートワークや施工管理のデジタル化はどこまで進んでいるのか

 住宅業界のデジタル化事情はどうなっているのでしょうか。住宅業界といってもハウスメーカーや、工務店、不動産の住宅販売業など様々です。新型コロナウイルスの影響もあり、リモートワークを導入しているのか、デジタル化はどこまで進んでいるのか気になる方も多いのではないでしょうか。この記事では住宅業界の細かい仕事内容にどこまでデジタル化が対応してきているのかご紹介します。


【ブラック企業】住宅営業は全てブラック?残業手当、休日なし、有給取れない、実態はどうなの?

【ブラック企業】住宅営業は全てブラック?残業手当、休日なし、有給取れない、実態はどうなの?

 住宅営業と聞くと、キツい、休みが取れない、ブラックなのではないか、そのような内容の情報に溢れています。しかし売れている営業マンなどの話を聞くと反対に給与がかなり良く、ハキハキとしている人が多いのも事実です。実際に住宅営業はどのような実態で、ブラックと言われている所以はどのようなものなのでしょうか。この記事では、住宅営業を行っていた社員から聞いた情報をまとめてご紹介します。


【高需要】建設業界の人手不足は慢性的になっている!?それでも年収が低い、不人気の理由について

【高需要】建設業界の人手不足は慢性的になっている!?それでも年収が低い、不人気の理由について

 建設業界は人手不足が慢性的となっています。住宅は減っているなど言われていますが、建設業全体で見ると仕事量が減っているということはないのです。戸建て住宅がなければマンションの建設、維持管理は建設業者が行います。新築住宅がなくても、リフォームの需要があります。そのため建設業全体で見ると人材は常に必要とされているのです。しかしそれでも年収が低い職種があったり、不人気な理由はどうしてなのでしょうか。


戸建て住宅着工戸数は減少している!?これからの住宅業界で営業マンは減っていくのか

戸建て住宅着工戸数は減少している!?これからの住宅業界で営業マンは減っていくのか

 日本は人口減少とともに、住宅の着工戸数も減少してきています。バブル期などに比べると、一戸建てを建てたいと考える人も少なくなってきているのではないでしょうか。一昔前は一戸建てを持つことがステータスのようにも見られ、家を建てるのが夢というのが一般的でした。しかし今では賃貸で満足度も高く、一戸建てに夢を持つ方も少なくなった印象です。以上としてどのような推移をしているのか簡単にわかりやすくご紹介します。


最新の投稿


男社会の施工管理に女性は進出できるのか?

男社会の施工管理に女性は進出できるのか?

男女共同参画社会が提唱されて数十年。欧米に比べると未だに女性管理職の比率が最低の日本ですが、管理職に占める女性の割合は年々増加傾向にあります。それに伴い、昔は職場の大半を男性が占めていた仕事現場でも女性の姿が目立つようになり、様々な職種で女性が活躍しています。建築業界でも、住宅や設計などでは女性の活躍する機会が多くなりましたが、まだまだ施工管理の仕事は女性が少ないのが現状です。建築業界は高齢化に伴う人手不足が深刻な問題で、女性の進出も大変期待されているのですが、現場での施工管理の仕事はどのようなことが問題とされているのでしょうか?


住宅業界で多いクレームを共有しよう!

住宅業界で多いクレームを共有しよう!

住宅業界に限ったことではありませんが、どんな業界にでもクレームがあります。しかし、WebやSNSなどで住宅業界でのクレームはかなり大きな話題となっていることを、 業界で働いている皆様ご存知でしょうか?このような問題は20年前ならともかく、現代において 放っておくととんでもない大問題になってしまいます。「こんなに大きな問題になるとは思わなかった」と言って、会社の代表者が謝罪会見を開く映像は何度か見たことがあると思います。こうならない為に、どんなクレームが多いのかしっかりと認識しておきましょう。


リフォームとリノベーションの違いを知っていますか?

リフォームとリノベーションの違いを知っていますか?

住宅購入は、新築住宅を建てる他にも中古物件を購入して、中古住宅をリフォームやリノベーションした住宅を購入するという選択肢もあります。国や地方自治体でも空き家対策の一環として、リフォームやリノベーションに対して補助金を増やし、それを利用する人も年々増加傾向にあります。 住宅業界に関わっていると「リフォーム」と「リノベーション」という言葉を見聞きしますが、具体的にどういう意味なのか知っていますか? 今後も需要が見込まれる中古住宅のリフォームやリノベーション。 ハウスビルダーなどでは、新築住宅受注より注文が多い事もあります。住宅業界に携わる者であれば、その違いをしっかりと知っておきましょう。


【超高齢社会の到来】高齢化を支えるバリアフリー住宅とは

【超高齢社会の到来】高齢化を支えるバリアフリー住宅とは

超高齢化社会の到来とともに、バリアフリー住宅のニーズが高まっています。 しかし、バリアフリー住宅とは具体的にどのようなものなのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか? 一般的にバリアフリー住宅とは、高齢者や障がい者にとって障壁をなるものを取り除き、安心で安全な生活をサポートする住まいのことをいいます。 住まいのバリアフリー化は、これからの住宅業界にとって新しい需要であり、時代のニーズと捉えていく必要があります。 そこで本記事では、バリアフリー住宅とは具体的にどのようなものなのか、おもに高齢化を支えるための視点からご紹介したいと思います。


住宅業界はデジタル化が遅れてる!?リモートワークや施工管理のデジタル化はどこまで進んでいるのか

住宅業界はデジタル化が遅れてる!?リモートワークや施工管理のデジタル化はどこまで進んでいるのか

 住宅業界のデジタル化事情はどうなっているのでしょうか。住宅業界といってもハウスメーカーや、工務店、不動産の住宅販売業など様々です。新型コロナウイルスの影響もあり、リモートワークを導入しているのか、デジタル化はどこまで進んでいるのか気になる方も多いのではないでしょうか。この記事では住宅業界の細かい仕事内容にどこまでデジタル化が対応してきているのかご紹介します。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 風水 職人 営業 現場監理 仕事 働き方