【解決法はある?】住宅営業を辞めたくなる理由5選

【解決法はある?】住宅営業を辞めたくなる理由5選

「もう辞めたい」「続けたくない」「明日会社に行きたくない」「どうせ売れない」「給与が低くやりがいもない」「お客様にも叱られる」など、住宅営業をしている方はいずれかの感情を抱いた経験があるのではないでしょうか。売れていて、営業が順調に進んでいる際には特に考えませんが、マイナス思考になっていると上記のような考えが脳裏にずっとこびりついてしまうこともあります。マイナス思考を止めて、前向きに考えたいという方に読んで欲しい記事になります。


住宅営業を辞めたいと思った理由

「住宅営業を辞めたい」と思う理由はなんでしょうか?今回は主に5つご紹介いたします。

・上司からの罵声がひどい
・やっても売れない
・給与が低い
・お客様に叱られた
・お客様に嘘をついてしまった

どの仕事でもそうですが、上記の理由が多いのではないでしょうか。それぞれについて例を用いて考えてみましょう。

上司からの罵声がひどい

営業職にはよくあることです。上司から詰められるというものです。売れない営業は、会社にまったく利益を与えていません。例えば事務職であれば、毎日決まった作業を行うことで会社に労働力を提供しています。しかし営業は、売れなければ、ただ歩いて話して資料を作っているだけで会社にとってはいてもいなくても変わらない、むしろ給与を取られているという印象になってしまいます。

そのため上司は、さらに上層部から営業売上を上げるように指示され、売れない部下に対して厳しく指導します。そして会社によっては、かなり厳しくプレッシャーを与えてくる場合もあります。このプレッシャーに耐えられないといった方は、非常に多く営業職がキツいという印象を植え付けているものになります。

もちろん叱られることには、売れないという理由がありますが、叱られても売れるようになるわけではありません。なので、売れるようになる具体的な方法について聞き、その他は聞き流すくらいにしましょう。

*パワハラの場合
あまりにひどい場合には、パワハラとなります。パワハラの立証はなかなか難しく、罰則もあまりないため泣き寝入りする方も多いです。ただ、ハラスメント防止法も厳しくなってきておりますので、録音データや各証拠を集めておくようにしましょう。

やっても売れない

営業は、売れない期間というのが必ずあると言っても過言ではありません。いくらやっても上手くいかないというときもあります。

一生懸命やっているのに、真面目にやっているのに、量もこなしているのに、なぜか見込み客が離れていってしまう。

こういった場合には一度自身を振り返り、何が上手くいっていないのかを整理しましょう。そして、なぜ上手くいかないかを冷静に他の同僚に聞くことも大事です。自分だけで凝り固まっていると、上手くいくものも上手くいかなくなることもあります。

このような状態の時に、他人に聞くことが嫌です。しかし、嫌であっても恥を忍んで聞くことが大事です。「やっても売れない」と言いつつ、他人に聞くことはやっていないのです。この方が恥ずかしいと考え、素直に改善していってみましょう。

給与が低い

住宅営業は、売れれば給与が高くなる傾向にありますが会社の給与体系によっては給与があまり高くならない場合もあります。

営業職はピンキリで、業界によって営業歩合が変わります。例えば不動産屋であれば、歩合はほとんどつかない場合もありますし、リフォーム営業などは売上の10%が歩合となるところもあります。

営業スキルがあり、売れ続ける能力がある場合には、給与体系が良い会社に転職することも考えてみましょう。営業は、給与を上げるという自身の売り込みも必要です。

お客様に叱られた

営業は、お客様に一番近い対応をします。そのためお客様からクレームを受けることもしばしばあります。
クレーム対応は何よりも精神的に疲弊してしまいますが、クレーム対応がうまい方はどうしているのでしょうか?

コツは、お客様と自分をさらに遠くから見てみることです。クレームは何かしらに不満を感じて発生します。営業の不備であれば、誠心誠意謝罪をしましょう。その謝罪の仕方も、第三者から見て問題ないものであればクレームも治ります。
また、お客様があまりにも理不尽な場合もあります。このような場合には、毅然とした態度でハッキリとお伝えすることでお客様も引くこともあります。

クレームは、言われやすい営業と言われにくい営業がいます。態度を変えるだけで、言われにくい営業になるようになります。

お客様に嘘をついてしまった

営業をしていて、お客様に嘘をついてしまったということもよく聞きます。小さい嘘であっても、営業本人は心の中にずっとシコリとして残ってしまいます。売れないからといって、嘘をつくことは辞めましょう。

答えにくいことや、わからないことがあった場合には「間違いのないように改めて調べてからご連絡いたします。」と正直に答えましょう。

解決方法は最善を尽くし、潔く転職することを考える

以上5つの住宅営業を辞めたくなる理由についてご紹介いたしました。
解決方法は、いずれであっても最善を尽くしたと自分を納得させられる仕事を行い、それでも売れない、改善されないということであれば、胸を張って転職してみましょう。

その会社で売れなくても、他の会社の環境であれば売れた、ということもよくあります。マイナスに考えすぎず、冷静に分析してみましょう。

関連するキーワード


住宅 営業

関連する投稿


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

 ①では、追加オプションの例を外壁と屋根でご説明いたしました。②では外構や室内での追加オプションについてご紹介いたします。オプションは細かく見ていくと様々ありますが、ここでは代表的なものを取り上げています。住宅営業として次はこんな提案をしてみようという単価アップに役立つと同時に、お客様に喜ばれることが増えることにお役立ちいただければと思います。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

 住宅営業マンはお客様の要望を聞き、まず気に入られて信頼してもらい、数ヶ月の打ち合わせ期間を経て契約に至ります。同じような営業をして同じ坪数同じ客層であっても単価の高い営業マンと低い営業マンがいます。その違いは知識ももちろんありますが、一番の違いはなんでしょうか。この記事ではイエスマンにならずにお客様に良い提案をすることでオプション単価を上げる方法をご紹介いたします。


輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

 輸入住宅は一定層のお客様に人気で、特徴的な外観が一番惹かれるポイントです。そのため他のハウスメーカーなどの住宅とは全く違うものとなるため、お客様も予算が合えば輸入住宅でのみ購入を考えているという方が多いです。営業としても競合がいないため売りやすいです。この記事では転職の際に輸入住宅営業マンとして働くことのメリットデメリットをご紹介いたします。


【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

 ハウスメーカーや、住宅営業の事務員はどのような仕事をしているのでしょうか。一般的な会社の事務員と聞くと、コピーや簡単なPC入力、その他雑務をイメージするのではないでしょうか。住宅事務も同じような仕事内容ですが、この記事では具体的な仕事内容、勤務場所、募集内容などについてご紹介いたします。


最新の投稿


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

 ①では、追加オプションの例を外壁と屋根でご説明いたしました。②では外構や室内での追加オプションについてご紹介いたします。オプションは細かく見ていくと様々ありますが、ここでは代表的なものを取り上げています。住宅営業として次はこんな提案をしてみようという単価アップに役立つと同時に、お客様に喜ばれることが増えることにお役立ちいただければと思います。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

 住宅営業マンはお客様の要望を聞き、まず気に入られて信頼してもらい、数ヶ月の打ち合わせ期間を経て契約に至ります。同じような営業をして同じ坪数同じ客層であっても単価の高い営業マンと低い営業マンがいます。その違いは知識ももちろんありますが、一番の違いはなんでしょうか。この記事ではイエスマンにならずにお客様に良い提案をすることでオプション単価を上げる方法をご紹介いたします。


輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

 輸入住宅は一定層のお客様に人気で、特徴的な外観が一番惹かれるポイントです。そのため他のハウスメーカーなどの住宅とは全く違うものとなるため、お客様も予算が合えば輸入住宅でのみ購入を考えているという方が多いです。営業としても競合がいないため売りやすいです。この記事では転職の際に輸入住宅営業マンとして働くことのメリットデメリットをご紹介いたします。


【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

 ハウスメーカーや、住宅営業の事務員はどのような仕事をしているのでしょうか。一般的な会社の事務員と聞くと、コピーや簡単なPC入力、その他雑務をイメージするのではないでしょうか。住宅事務も同じような仕事内容ですが、この記事では具体的な仕事内容、勤務場所、募集内容などについてご紹介いたします。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 営業 職人 風水 現場監理