【だからやめられない】施工管理のやりがい5選

【だからやめられない】施工管理のやりがい5選

施工監理は忙しくきつい仕事といわれるにもかかわらず、多くの人が長く続けているのはどのような理由からでしょうか? 施工監理の仕事は非常に多岐にわたるため、大変であることは間違いありません。 しかし、それ以上にやりがいが大きいということが理由といえるのではないでしょうか。 そこで本記事では、施工管理の仕事のやりがいについて、なかでも注目したい5つのことをご紹介したいと思います。


施工監理は忙しくきつい仕事といわれるにもかかわらず、多くの人が長く続けているのはどのような理由からでしょうか?
施工監理の仕事は非常に多岐にわたるため、大変であることは間違いありません。

しかし、それ以上にやりがいが大きいということが理由といえるのではないでしょうか。
そこで本記事では、施工管理の仕事のやりがいについて、なかでも注目したい5つのことをご紹介したいと思います。

施工管理のやりがい①建物が完成したときの達成感が大きい

施工監理は、まったくなにもない更地の状態から長い時間をかけてひとつの家族が暮らすための家をつくる仕事です。

地鎮祭から引き渡しにいたるまで、営業や設計、そして業者や職人など各方面とあらゆる打ち合わせを行い十分な品質を確保しなくてはいけません。
そのためには、言いにくいことも言わなければいけないこともあるでしょう。

また天候やトラブルによって工程がスムーズに進まないことは当たり前で、なにも問題が起こることなく完成する現場はほとんどないといっても過言ではありません。

施工管理者は、工事中に起こる問題をひとつずつ解決しながら前へと進めていく必要があるわけですが、そのような苦労を乗り越えて完成したときの達成感は格別です。

そして、出来上がった建物は自分自身のひとつの作品として長く残り続けます。
この点は、施工管理ならではのやりがいであり、ほかの仕事ではなかなか味わえない感覚といってもよいでしょう。

施工管理のやりがい②人に感謝される

施工監理者は、建て主の夢や想いを形にする仕事です。

とくに工事中に窓口となるのは施工管理者になるため、要望や疑問などさまざまなコミュニケーションが交わす必要があります。
それらを吸い上げ現場に反映させることが満足度の向上につながるのです。

そして完成したときに「ありがとう」の一言をいわれたときには、必ず大きなやりがいを感じられます。
次の現場も感謝されることをモチベーションとして取り組めるでしょう。

施工管理のやりがい③チームワークの力を実感できる

住宅の建築は、絶対にひとりでできるものではありません。
多くの協力者がいて、そしてみんなが同じ目的に向かうことで完成が可能になるのです。

とくに住宅建築に関わるすべての人をゴールへと導くのが施工管理者の役割であり、そのような立場だからこそチームワークのすばらしさを実感できるといえます。

日々の業務を通じて、チームワークの力が発揮できてこそよい仕事ができるという関係者へのありがたみや感謝の気持ちを強く実感できるでしょう。

施工管理のやりがい④スキルが評価されやすい

施工管理の仕事は、非常に幅広く、多岐にわたります。
覚えることも多くありますが、経験と実績を積み上げることで評価や信頼を得られます。

とくにわかりやすいのは、資格の取得です。
「施工管理技士」資格の取得は会社にとっても有益であるため、特別手当を用意しているケースも多く、また昇給や昇格のきっかけになることもあるでしょう。

また完成後の施主アンケートをとっている場合も、対応や出来栄えなどが評価対象となります。
つまり、あらゆる手段で評価を高めることが可能になるということです。

施工管理のやりがい⑤仕事が安定している

建設業界が抱える課題といえば慢性的な人材不足です。
建設業就業者数は年々減少しているばかりか、今後も高齢者層が引退していくことでますます深刻化するといわれています。

しかし住宅建築は、新築にとどまらずリフォームやメンテナンスなどニーズは多様化していることから今後も成長が期待される業界です。

現在も、官民を挙げて有能な人材の確保や育成などの取り組みが活発化しています。
とくにスキルを持った施工管理者は、キャリアアップはもちろん、転職するにもかなり有利となるなど、将来性のある安定した仕事といえるでしょう。

まとめ

施工管理の仕事は、ほかの仕事では味わえないやりがいがあることが魅力です。
スキルを身につけるまでは苦労しますが、それはどんな職業であっても共通しています。

また会社のバックアップで資格取得ができるケースが増えてきた点でも注目です。
社員に有資格者がいることは会社にとってメリットになるためで、将来のさらなる安定化を図るためにもチャレンジしてみるとよいでしょう。


※この記事はリバイバル記事です。

関連するキーワード


現場監督 住宅

関連する投稿


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

 ①では、追加オプションの例を外壁と屋根でご説明いたしました。②では外構や室内での追加オプションについてご紹介いたします。オプションは細かく見ていくと様々ありますが、ここでは代表的なものを取り上げています。住宅営業として次はこんな提案をしてみようという単価アップに役立つと同時に、お客様に喜ばれることが増えることにお役立ちいただければと思います。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

 住宅営業マンはお客様の要望を聞き、まず気に入られて信頼してもらい、数ヶ月の打ち合わせ期間を経て契約に至ります。同じような営業をして同じ坪数同じ客層であっても単価の高い営業マンと低い営業マンがいます。その違いは知識ももちろんありますが、一番の違いはなんでしょうか。この記事ではイエスマンにならずにお客様に良い提案をすることでオプション単価を上げる方法をご紹介いたします。


輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

 輸入住宅は一定層のお客様に人気で、特徴的な外観が一番惹かれるポイントです。そのため他のハウスメーカーなどの住宅とは全く違うものとなるため、お客様も予算が合えば輸入住宅でのみ購入を考えているという方が多いです。営業としても競合がいないため売りやすいです。この記事では転職の際に輸入住宅営業マンとして働くことのメリットデメリットをご紹介いたします。


【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

 ハウスメーカーや、住宅営業の事務員はどのような仕事をしているのでしょうか。一般的な会社の事務員と聞くと、コピーや簡単なPC入力、その他雑務をイメージするのではないでしょうか。住宅事務も同じような仕事内容ですが、この記事では具体的な仕事内容、勤務場所、募集内容などについてご紹介いたします。


最新の投稿


人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

人見知り、未経験でも営業はできるたった1つの理由

 転職を繰り返し、給与が高い職種が営業しかなかった。部署異動で営業に飛ばされてしまった。思い切って営業でお客様に近い仕事をしようと思った。人見知りだけど仕事と割り切って営業をできると思った。など営業職に来た方はいろいろな思いがあると思います。営業は決まった方法がないため、難しくもあり、誰でも売れる可能性のある仕事です。この記事では、営業の本質から売れる方法をご紹介いたします。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方②|イエスマンにはなるな

 ①では、追加オプションの例を外壁と屋根でご説明いたしました。②では外構や室内での追加オプションについてご紹介いたします。オプションは細かく見ていくと様々ありますが、ここでは代表的なものを取り上げています。住宅営業として次はこんな提案をしてみようという単価アップに役立つと同時に、お客様に喜ばれることが増えることにお役立ちいただければと思います。


住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

住宅営業マンのオプション単価の上げ方①|イエスマンにはなるな

 住宅営業マンはお客様の要望を聞き、まず気に入られて信頼してもらい、数ヶ月の打ち合わせ期間を経て契約に至ります。同じような営業をして同じ坪数同じ客層であっても単価の高い営業マンと低い営業マンがいます。その違いは知識ももちろんありますが、一番の違いはなんでしょうか。この記事ではイエスマンにならずにお客様に良い提案をすることでオプション単価を上げる方法をご紹介いたします。


輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

輸入住宅営業は成約率が高い!未経験でも売れるメリットとデメリット

 輸入住宅は一定層のお客様に人気で、特徴的な外観が一番惹かれるポイントです。そのため他のハウスメーカーなどの住宅とは全く違うものとなるため、お客様も予算が合えば輸入住宅でのみ購入を考えているという方が多いです。営業としても競合がいないため売りやすいです。この記事では転職の際に輸入住宅営業マンとして働くことのメリットデメリットをご紹介いたします。


【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

【採用ポイントもわかる】ハウスメーカー、住宅事務の仕事内容まとめ|勤務場所、募集内容の選び方

 ハウスメーカーや、住宅営業の事務員はどのような仕事をしているのでしょうか。一般的な会社の事務員と聞くと、コピーや簡単なPC入力、その他雑務をイメージするのではないでしょうか。住宅事務も同じような仕事内容ですが、この記事では具体的な仕事内容、勤務場所、募集内容などについてご紹介いたします。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 営業 職人 風水 現場監理