女性ならではの視点でお客様へアドバイス

女性ならではの視点でお客様へアドバイス

建物を造る業界は長く3Kと言われ、最近は女性の進出も多くなりましたが未だ男性が中心の業界です。住宅営業の世界でも企業の大きさにもよりますが、女性の営業はまだまだ少ないのが現状です。この記事では、結婚し家庭に入り、再度住宅営業に再就職を果たした女性の体験談になります。


建築の世界は男性の多い業界です。そんな中で、女性ならではの細やかな配慮やアドバイスによって、営業成績を上げている方もいらっしゃいます。住宅営業の世界で働き、結果を出し続けている下原さんはおっしゃいます。

「女性だからこそ提案できる事が、住宅営業には本当に多いと思う」

仕事は若い内は男女の差はあまりない

大学を卒業して、中堅のハウスメーカーに就職した下原さん。日々先輩のノウハウを学びつつ、様々なお客様とお会いした中で感じていたことは「常にお客様の方が全てにおいて経験値が上だ」という事でした。

会社に入り、営業トークや不動産購入などの知識を学んでも、お客様の方が年上の方ばかりで知識も経験も豊富。逆に教わる事の方が多いくらいでした。同期入社の男性たちも同様で、この頃はとにかく学ぶことで必死だったそうです。

「新卒や若い頃は知識も経験も少ないので、男性だろうが女性だろうが関係ありませんね。知識も経験もないから戦力にもなりませんし。毎日仕事を覚えると同時に、社会の習いも覚えていかなければならない。営業職は世の中を学ぶことがとても大切ですから」

毎日学ぶことが多く、仕事をしていたという実感はこの頃には全く感じられなかったそうです。

結婚を機に退職。実際に体験する住まいでのアレコレ

お付き合いをしていた男性と結婚することになった下原さん。同時に妊娠と出産のため、ハウスメーカーを退職する事になりました。

「結婚することは私の夢の1つでした。幸せな家庭を築くことを彼と2人で話していましたから、仕事を辞める事に後悔はありませんでした」

下原さんは家庭に入り数年が経った頃、出産、子育て、家事をこなしていく内に、住まいの不便な部分を実際に体験する事に。住宅営業として、これまでお客様に紹介してきた家の良さや設備などが、展示場やカタログだけの知識であった事に痛感したそうです

「家庭に入ったことで、キッチンにこんな感じだったら便利だとか、リビングがもっと家族にとって落ち着ける空間だったらといった希望や願望を強く持つようになりました」

「また、小さな子供が安全に過ごせる配慮や、自分たち夫婦が年齢を重ねた時に、現在の住まいで安心して過ごせるかといった事をずっと考えるようになりました」

子供の手が離れて住宅営業に復職。

数年後、子供が中学生になり、あまり手が掛からなくなった事で住宅営業の仕事に復職した下原さん。地方のハウスビルダーの住宅営業として入社しましたが、周りは男性社員ばかりでした。契約件数を挙げてなんぼという雰囲気の中、孤軍奮闘する下村さんをお客様の一言が下村さんのやる気に火をつけたそうです。

「下村さんが進めてくれるキッチンやインテリアは本当にオシャレで使い勝手が良さそう」

家を建てる時に、ほとんどの男性は外観へのこだわりや、自身の趣味の部屋には真剣に検討するけれども、毎日の様に利用するリビングや水回りには関心が薄く、その点においては女性の方が圧倒的に決定権を持っていることが多い事に気づいたそうです。

「こんな時にはほとんどの場合女性の一押しで契約に結びつく事が多いです。そのためには、普段の生活や家事で便利なものや、ちょっと気の利いたものをお勧めするようにしています。またリビングや部屋の内装も、子供がいるご家庭なら優しい感じにといった様に、女性目線でご提案するととても喜ばれますね」

実際に、契約件数も入社 2年目でトップになり、他の男性社員からの「女性の細やかな気配りと実体験に基づいたアドバイスには勝てない」と言われているそうです。

自分の実体験が役に立ち実感できる

建築業界は、男性が多く女性は少ない状況です。小さな工務店や地方のハウスビルダーの住宅営業も、最近は女性が増えている傾向にありますがまだまだ少ないのが現状です。

「男性だから女性だからという訳ではありませんが、女性ならではの視点や考えをお客様にアドバイスすることは、住宅営業で本当にプラスになります。それに、家事や子育てで体験した事を住まいづくりにご提案することも、実体験なので自信を持ってご提案できますね」と、下原さんはおっしゃいました。

他の仕事では、女性が復職できたとしてもなかなか結果を出すことが難しい社会ですが、営業職という結果がハッキリと出やすい業種の中で、女性の視点や、家事や育児といった経験が生かせる職業は住宅営業がぴったりかもしれません。

今後も家事と仕事を両立させようと頑張っている下原さん。「住宅営業は割と時間も取りやすいので、しっかりと時間管理と顧客管理ができれば自由な時間も作れますよ」と、話してくれました。

積極的に子育て支援に取り組んでいる、ハウスメーカーや工務店も多くなってきており、女性にとって働きやすい仕事として環境が整ってきています。転職や就職を考えている方で、女性ならではの視点が生かせる仕事として、住宅営業に注目してみてはいかがでしょうか?




※この記事はリバイバル記事です。

最新の投稿


住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

住宅営業で信頼されるために身につけたい知識まとめ

 住宅営業では、営業としての行動量を多くしながらも、お客様一人一人に対して数千万円の取引をするために丁寧な接客が求められます。また、丁寧なだけでなく、お客様から信頼されなければ大きな金額の契約をいただくことは難しいです。信頼されるためには、住宅に関する知識を蓄え、お客様に安心感や満足感を与えることが必要です。この記事では、住宅営業が身につけておくべき知識についてご紹介致します。


大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

大工になるにはどうすればよい?必要な資格や仕事内容は?

住宅建築の施工において中心となる職種といえば「大工」です。 とくに完成品質に最も大きな影響を与えるのは「大工」の技術といっても過言ではありません。 また現場監督も「大工」と調整しないとスムーズな進行は難しいことからも、現場での存在は非常に大きいといえるでしょう。 では、「大工」にはどうすればなれるのでしょうか? また、「大工」になるために何らかの資格が必要なのでしょうか? そこで本記事では、「大工」になるにはどうすればよいのか、また資格は必要なのか、そしておもな仕事内容についてなどをご紹介したいと思います。


お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

お客様と信頼関係を築ける住宅営業マンの特徴まとめ

 営業マンにとってお客様と信頼関係を築くことが目的でありながら、その方法は曖昧なもので新人営業マンにとって非常に難しいニュアンスのものです。お客様を友達に対してするようなサービスを提供するなどの例えを聞いたこともあるかと思います。しかし、具体的に初めて会ったお客様に対して何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。この記事では少しでも信頼関係を築くための参考になれば幸いです。


モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

モデルハウス、住宅展示場にお客様を呼ぶ集客方法3つ

 モデルハウス、住宅展示場に集客することが営業売上を伸ばす上で大きな要因となります。会社としてのマーケティングや、住宅展示場でのイベントなどによって集客量は大きく変わりますが、実はそれだけではありません。住宅展示場に多くの人が来ていても、来客が多いメーカーとそうでないメーカーに分かれます。企業の認知度だけでなく、現場での工夫が集客量を増やす秘訣です。この記事でモデルハウスなどへの集客方法を3つご紹介いたします。


住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

住宅業界の仕事は大変!効率よく業務をミスなくこなす方法

 住宅業界の仕事は、専門知識が無いと難しいというより、実はその仕事の煩雑さが難しくさせています。専門用語などは仕事をしていればそこまで苦にならずに覚えることができますが、連絡事項が非常に多く大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。これから転職を考えている方も、事前に知っておけば少しでも仕事が楽にこなせるようになるかと思います。


最近話題のキーワード

ハウジングインダストリーで話題のキーワード


新築工事 現場監督 施工管理 住宅 利益 建設 転職 職人 営業 風水 現場監理